header
迷惑な韓国〜日本人女性は韓国人男性に夢中だとの韓国人の思い込みは大変迷惑です。〜
border

icon記事の内容

前へ | 次へ

icon韓国人男性から、”マスターベーションを知ってる?”と変態質問された。
2011/11/24(Thu)13:10

韓国のページを見ていたらアダルトビデオと同じ様に頻繁に出てくる話題。それは、”日本のアダルトビデオの見すぎによる自慰行為のしすぎで日常生活が送れない。”という相談サイトだ。要はあまりに日本の限定でアダルトビデオに執着して離れられないとの相談です。

女性の皆様は下品と思われるかもしれませんが真実をお伝えする為には書かせていただきたく思います。

もちろん性欲は世界中の人々にあります。ただ韓国人は日本のアダルトビデオへの世界一の異常執着。日本のアダルトサイトへ世界一の接続。(もちろん世界一だから日本人より多く接続。)そしてポルノの支出世界一+アダルトビデオ違法ダウンロード世界一(人口比から考えてもすごい。)でアメリカと日本から訴訟まで起こされる。ソースは日本のネット上に溢れています。皆様ご存知の通りです。

それで日本人男性でも想像おできになない様な異常性欲が国技の性暴行となるのだろう・・

日本のアダルトビデオの見すぎで成績が下がった相談等他にもたくさんありますが、いつお得意の謝罪と賠償請求が日本に来るのだろうか・・

ここからは真面目に書きます。なぜ私がわざわざこのような女性から嫌われそうな内容をエントリーしたかと申し上げますと、留学先の韓国人男性からこのようなことを聞かれたんです。私は本当に生まれて初めてそんなことを男性に聞かれました。他にも生まれて初めて言われたり聞かれたりしていますがそれは過去のエントリーにある通りです。今回のは何だったか?私のことを彼女と思い込んで結婚すると捏造・妄想していたからかもしれないけど、それでも私はボーイフレンドにだって聞かれたことが無いし本当に韓国人男性とは気持ち悪いというか・・

”マスターベーションを知ってる?”
と突然!聞かれたんです。信じられます?本当にびっくりした。気持ち悪い感情の前に本当にびっくりした。いくら韓国人男性でも・・私があまりに驚いてポカーンとしていたら、
”知らないのか?”
こんな話をしないといけないの?と思いながらも、
”何で?”
と聞くと、
”俺はいつも日本のアダルトビデオを見てマスターベーションした後に、あぁまたやっちゃったと思って罪悪感やら何やら感じて。最悪なんだ。涙も出るし。”

別に韓国人男性じゃなくても男性だったらそう感じる人も多いかもしれないけど、わざわざ私に言うこと?しかもすごい真顔で。日本人女性には何を言っても良いことになっているとは知っているけど・・・

最近も韓国のネットニュースで読んだのが、
”韓流ブームで日本人女性の韓国語学留学が増えている。しかし一部が傷ついて帰国している。せっかく韓国を好きになって勉強しに来たのに公衆の面前でアダルトビデオのことばかり聞かれたり多くの韓国人男性からニタニタしてわざと聞かれたりしたそうだ。このままでは日本人女性が韓国に来なくなるので聞かない様にした方が良い。”

留学しているのもなんちゃって日本人女性かもしれませんけどね。上記のようなことは検索したらざっくざく出てきます。

カナダには韓国人留学生と韓国人女性売春婦がたくさんいますが、カナダの英語の語学学校でも韓国人男性6人位に囲まれて、”アダルトビデオのさぁ、あれ知ってる?”等突然聞かれて、”日本人女性だとアダルトビデオなの?”と聞くと韓国人男性が全員下を向いてくすくす笑われてすごく嫌だったとか。日本人女性のブログも読みましたが・・カナダでは韓国人女性不法滞在売春婦がたくさんいてカナダ政府も困ってるのに・・自国の女性達を棚に上げて本当によく言えるな。

アメリカのポルノ界に韓国人女性ポルノスター達はいらっしゃいます。自国の女性が世界一の美人として有名で日本人女性なんかどーのこーのなら、どうしこちらの韓国人女性ポルノスターに韓国人男性方は夢中にならないのだろう?理由は簡単。ビデオの中だけでも日本人女性と・・って。

韓国人男性は本当に気持ち悪い。ありえない。特に女性は性的関心が少ないと思うので尚更真実に気付かないんですよね・・

韓国人女性ポルノスター。
lucy lee korea porn star1 韓国人女性
こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、変態質問です。

カテゴリ:●私の留学先(タイ)にいた韓国人男性。

前へ | 次へ

BlogTOP
このユーザーのホーム


ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog
Template by 一実の離宮