スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国のお嫁さん不足。3

2011/11/24 (木)  カテゴリー/●私の留学先(タイ)にいた韓国人男性。

こちらは現在、どうしてもKBSニュースの大元のソースが見つかりませんので(似たような内容であればソースはたくさんあるのですが・・・)、恐縮ですがこちらのエントリーは無視なさってください。ただその他の韓国のお嫁さん不足のエントリーと似た内容です。

2010年5月26日付け。KBSニュース。要約。タイトル:性比の不均衡 イヒョンチョル記者です。

記者:一年平均40,000人の胎児が娘との理由で手術台で消えます。これに伴い我が国の出生性比は男児110女児100と男児の数が10人も多くなっています。この様な出生性比の不均衡は1985年から目立ち始め90年の121.6人をピークに今も続いています。特に第一子の出生性比は104に留まりますが第二・第三子になると150と急激に高くなります。
家族保健福祉協会課長:第二・第三子である場合は息子がたくさん生まれたというのです。逆に考えてみればその分の第二・第三の娘がこの世から消えたという意味です。
記者:2015年になると結婚年齢人口の性比は129.8と予想されています。
韓国保健社会研究院副院長:花嫁候補が足りず中国延辺で花嫁を買って来たとの現象があります。今後このような現象が普遍化になる。
記者:具体的に結婚できない男性達の暴力や犯罪女性の人身売買もあり性比の不均衡は予期せぬ多くの問題を引き起こすと考えられます。(結婚出来ない男性方の暴力や犯罪って・・絶対に日本に来ないで欲しい。)

とのことです。

留学先にいる韓国人男性が言った衝撃の言葉は数々ありますがこの件で言えば、
”俺の家は一人っ子を希望していたから女性だったお姉さんは要らない子供だった。第二子に俺が生まれて本当に良かった。○○(私の名前)と結婚したら(結婚とは、あくまでそちらの韓国人男性の捏造と妄想です。)子供は一人が良い。第一子が女の子だったら厄介だ。要らない子供を育てることになる。”
”でも私の親戚じゃ第一・第二子が男の子だったから女の子が欲しと言って三人目に女の子が生まれてすごく喜んでたよ。”
”バカだ。女児が欲しいと思う気持ちも分からないが女性なんかが生まれて喜ぶなんて。その話本当か?”

日本人男性の皆様、女の子が生まれて心から喜んでくれて本当にありがとうございます。韓国人男性を通して今まで当然と思っていたことが本当は幸せだと感謝しないといけないのだと様々な分野で分かります。

お父様ありがとう。

整形しないと生きていけない韓国社会・・何て女性に優しい韓国人男性方だろう・・
korean before n after 韓国は整形社会
こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、お嫁さん不足です。
関連記事

タグ : お嫁さん不足

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。