スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人妻が韓国人夫の暴力から逃げたら妻が勝手に家出しただけと捏造され出した。

2012/02/13 (月)  カテゴリー/●韓国のお嫁さん不足。

(記事番号をご覧いただきますとお分かりになるかと思いますが、本当に随分前に書いていてすっかり忘れていたんです。URLを消去してしまっていて今探しています。ソース元が明らかにならないと読めないというお気持ちは十分分かりますのでそれでも良いという方だけお読みください。興味深い記事なので・・)
(更に追記です。下記のソースを一部取り上げていた個人ブログの方のページが見つかりました。こちらです。

多文化家庭。外国人配偶者との離婚前に必要なのは? 2010年10月1日付け。韓国の生活相談のページより。

世界一の売春伝統国家としてその売春におけるGDPが高いと隠せなくなれば突然そのGDP値をwikipediaで下方修正し、未婚女性の中絶天国として隠せなくなれば中絶している女性の多くは既婚者と言い出し、国際結婚が夫の暴力により破綻もしくは夫の暴力に苦しむ女性が多いと隠せなくなれば下記の様に偏見があると言い出した。

国際離婚の判決の内特に韓国人の夫と外国人妻の離婚訴訟では妻が家出して離婚したケースが38.6%で、夫の暴力等家庭の不和は3.5%と国際離婚に若干の偏見があることを示す数値。

韓国の裁判所で離婚裁判の請求をするには韓国の裁判所がその離婚事件について国際裁判管轄を持っている必要がある。抵触法第2条第1項によれば当事者又は紛争となった事案が韓国と実質的関連がある場合に我が国の裁判所に国際裁判管轄権があると規定している。

一方で韓国人が外国の裁判所に離婚訴訟を起こし離婚の判決を受けた場合に判決を国内で適用する為には、
①法令・条約で外国裁判所の判決を否定しないこと。
②敗訴した被告が公示によらないで訴訟の開始に必要な召還・命令の伝達を受けたまたは応召したこと。
③相互の保証がある等民事訴訟法第203条の要件を満たすこと。場合によっては外国で受けた判決は韓国での執行ができない場合があるので留意する必要がある。

とのことです。

必死だな・・これからどのような捏造が出来るのだろう?

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、国際結婚です。
関連記事

タグ : 妻が家出して離婚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。