スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”韓国人はプロの泥棒だからね。注意しなさい。”byタイのアパートのオーナー。

2012/02/07 (火)  カテゴリー/●私の留学先(タイ)にいた韓国人男性。

私は最初は大学寮に住んでいましたがその後はアパートに住んでいます。物件を拝見した時にオーナー一家のお人柄に惹かれて決めました。入居後もオーナーの態度が変わる様なことは一切なく本当に安心して住むことができます。セキュリティがしっかりしているのが一番うれしいです。業者の方を呼んでのエアコンの大掃除も頻繫にしてくださいます。入居者のことを本当に一番に考えておられます。いつもはオーナーはアパートにはおられませんがその日はエアコンの掃除だけではなく水周りの定期点検もありオーナーがアパートに一日中おられました。そこで久々に長く色々と話していました。

彼もやはり親日で普通は問題があると受付の方を通さないといけないのですが、日本人だから特別という理由でオーナー直通の携帯電話の番号を教えてくださいました。何かあったら直に問題解決しますと仰り本当にお世話になっています。私も事ある毎に日系のデパートで和菓子や日本茶を買って差し上げています。

”電話やメールではよくお話しますがこうやってお話するのはお久しぶりですね。ご家族の皆様は変わらずお元気でいらっしゃいますか?”
”うん。ありがとう。君のご家族は?”
”まぁまぁです。”
”君も学校や外出だし僕もほとんどここにはいないからね。”

”ところで実は建築の勉強をしに日本へ留学したいんだよ。でも忙しくてどうしたら良いのか・・”
”建築がご専門だったのですか?オーストラリアに学士・修士留学なさったのは存じてましたがご専門はMBAかと思ってました。”
”うん。首都にある駅2つ(ある公共交通機関です。)は僕が設計したんだけどね。父のビジネスと親戚のビジネスも手伝わないといけないし、日本に留学したくても全く時間が無くて。”(アパート経営はあくまで一つのビジネスで他のビジネスもたくさんされてます。主に建築関係です。)
”そうだったんですか。すごいですね。でも私みたいな素人からすると建築と言えばヨーロッパ特にイタリアを想像したりするのですが。”
”うーん・・僕からしたら建築も日本だけど。あの素晴らしい古い歴史と今でも残るその建造物。そして日本の○○○○という会社がこだわっている古い物と新しい物を融合させるあの建築手法。素晴らしいんだよ。もちろん日本以外だってそんなことどこでもやってるよ。でもやっぱり一番勉強になるのは日本なんだよ。古い物を残すことも大切なんだけど古い物を現代風に変える手法だってすごいことだからね。”
”へぇー。”
”早く日本に行きたいよ。”
”私で良ければ何でもお手伝いします!”
”ありがとう。○○(私の名前)も何でも相談してきなさい。遠い国からやって来て大家さんである僕達家族は君の私生活を心配するのも当然のことだからね。海外で生活をする不安が分かるからこそ僕達家族がサポートしないとね。男性に言いにくいことがあったら母に言って。”
”ありがとうございます。私の家族もいつも心から感謝いたしております。”

”ところであの変な韓国人男性はアパートに押しかけたりしていない?警備員にはあの韓国人男性が来たらアパートにも接近させるなときちんと命令してあるからね。”(そこまで・・・)
”いや、私はそんな押しかけられるほどもてる女性ではありません。全くもてません。そんなに自意識過剰じゃないです。ただあの韓国人男性が気持ち悪いだけです。”
”うーん・・”

”韓国人男性の話が出たついでにお聞きしても良いですか?”
”良いですよ。”
”オーナーはオーストラリアでお勉強なさってましたからご存知かと思うのですが・・”
”何を?”
”オーストラリアでもあまりに韓国人女性が自主的売春をするのでオーストラリアも困ってるって。そしたら多くの韓国人が元々オーストラリアにいたタイ人売春婦達の方々を追い出して韓国人女性がオーストラリアの売春界も制覇!と書いてあるブログ等をたくさん読みました。何でもタイ人女性が不細工で世界でも安値で有名だから高嶺の花で高くて韓流に夢中になっているオーストラリア人男性が韓国人女性を求めていて韓国人女性は被害者だけどタイ人女性は勝手に売春までやって高嶺の花と位置づけられている韓国人女性にオーストラリアから追い出されたって。だからタイ人売春婦がかなり減少したって。”
”ほう。どのページ?”
”パソコン触っても良いですか?”
”もちろん。どれ?”
”ちょっと待ってください。例えばこれ・・これも・・これも・・英語に訳すとその様なことが書いてあります。”
”まだある?”

”はい。韓国人男性が日本人女性は全員アダルトビデオ女優でカメラの前で裸になるのが大好きな女性と。でも韓国人女性はそんなことしないって。このページとか・・このページとか・・”
”ほう。そして?”
”でも韓国人女性は日本の韓国デリヘルで不法滞在で5万人以上が好き勝手に売春して気持ち悪いんです。自分達のことを棚に上げて日本人女性にもオーナーの国の女性にもそんなことを言ってます。”
”ほうほう。”
”これを見てください。韓国デリヘルのページです。従軍慰安婦なんて信じないでください。”
”何これ?”
”違った意味ですごいでしょ?裸の動画から何から公開です。自称従軍慰安婦の子孫です。”
”すごいねこれ。”
”日本は従軍慰安婦連行なんてそんなことやってません。この様な韓国デリヘルのページが証拠です。日本での売春は韓国人女性の趣味なんです。しかも安価で何でもありなんです。”
”笑えるね。”
”オーナーももし機会があれば女性には言いにくいかもしれませんが男性のご友人等にお伝えください。お願いします。日本人男性は従軍慰安婦連行なんてそんなことやってません。彼女らは単なる売春婦の方です。”
”十分分かったよ。”

”では僕も韓国に言わせてもらおう。先ずはタイ人女性が安いから高嶺の花の韓国人女性がオーストラリアから追い出した?オーストラリアじゃ韓国人女性は直ぐに性交渉をすると評判だよ。売春婦としての話だったら30オーストラリアドルで一番安かったよ。そんなの男性だったら知ってる。”
”その30オーストラリアドルで売春って白人男性等もよく書かれてるんですが本当ですか?”
”うん。好きなだけ言わせておきなさい。ただでも簡単に性交渉できるえど、面倒くさい時は30オーストラリアドル払えば良いだけだからね。無知とは恥ずかしいことだよ。韓国人はそんなことを言って裏で笑われるだけ。”

”それとこれも韓国に言わせてもらうけど、日本人女性がアダルトビデオでカメラの前で裸になるのが好きな女性?韓国はいつも気取るなぁ。君は女性だからね本来ならこんなこと言わないけどこういう話になったからしても良いね?”
”はい。”
”ポルノは世界中どこにでもある。でもアジアのとなるとやはり日本のが有名。産業があるからね。タイが未だ性風俗の観光の国である。そして日本にはそのアダルト産業がある。それだけの違い。でも韓国には言われたから言わせてもらうけど、この国では確かにアジアのアダルト産業という視点で見れば日本のアダルトビデオを思い出すけどそれと同じ位韓国のアダルト物が有名なんだよ。ネット上で溢れてるじゃないか。この国ではアダルト物といえば日本のと同じ位韓国のが有名だ。プロの産業が作ってるか素人が作ってるかそれだけの違いだろう。みんなそんなの知ってるよ。韓国は本当にどんな分野でも気取る。いつも思うよ。”

”それからね、僕は元々韓国人が大嫌いなんだよ。”
”何でですか?”
”この国のビジネス界でも韓国といえばプロの泥棒で有名なんだよ。”
”文化泥棒ですか?”
”そんな甘いものじゃない。そんなのみんな知ってることだ。韓国人を見たらプロの泥棒が来たと思って警戒するんだよ。”
”へぇ・・”
”僕がこのアパートに例の韓国人男性を近づけるなと警備員に強く命令したのは韓国人というのは何でもするからね。僕のこのアパートだって何をされるか分からないよ。このアパートの居住者の方々を守るのが僕の仕事だからね。”
”はい・・”
韓国人はプロの泥棒。良いね?気をつけなさい。”
”あの・・何かあったんですか?”
”個人的には何も無いよ。関わりを持つことは一切しなかったから。自らプロの泥棒と関わりを持とうとする?プロの泥棒だと認識を持ってない方がいらっしゃったほうに驚いているよ。プロの泥棒が君に話しかけて来た。君は警戒しないの?”
”します。”

そして他の楽しい会話に戻りました。

オーナーに言われて思い出したのですがそういえば・・かなり前のエントリーとなるのですがリゾートホテルの小さいプールで溺れた韓国人男性の話を覚えておられますか?あれは首都の中にありまして、皆様ご存知の様に会員制・その時だけお金を払う・様々なキャンペーン中により使用できる・宿泊中の友人であれば使用できる等その時によって違いますが、要するに使用料さえ払えば宿泊客でなくても使用できることも多々あるわけです。そのホテルは首都のド真ん中にある都合上ちょっとロビーのトイレを使用するだけの方もいらっしゃったりしますし、不特定多数の方々が出入りするのは当然のことです。でも小さめのホテルで入り口で警備員の方々がかなり神経質に立っておられました。

経験上、私一人の時・日本人/タイ人/台湾人/中国人/様々な国籍の友人か家族と出入りしましたが一度も警備員の方に止められたことはありません。それどころか敬礼と一緒に笑顔で挨拶してくださいます。でも例のエントリーの時の話でクラスメイトのみんなでいつものそのプールに行った時、私はその勝手について来た韓国人男性を連れて遅れました。そこをいつもの様に通過しようとすると何と・・笑顔で敬礼どころか警備員の方に一旦止められたんです。私はそんなの初めての経験で、

”あの・・何か問題が・・?”
”その男性はご宿泊のお客様ですか?”
”いいえ。施設(プール)の利用です。”
”失礼ですが何故当ホテルのプールをご利用ですか?”
”あの・・何でって・・その・・”
”失礼ですがその男性のIDカードを見せてください。”
”学生証で良いですか?”
”はい。”
”あの・・行っても良いですか?”
”Miss、本来でしたら受付にも確認が必要となりますが今回のみ特別にお通しします。”
”え・・”
”どうぞお通りください。”
(会話はタイ語で行われています。)

”何を言ってたんだ?”
と韓国人男性が言いました。
”別に・・・”
さすがの私も、あなたの国籍(顔・動作から判断でしょう。)でそのホテルのプールに不相応だと思われたとは言えませんでした。

その後トランシーバーで他の警備員の方と業務連絡の様なことをされていました。日本だと人権侵害がどうのこうのと言われるかもしれませんが彼らの使命はホテルを守ることです。信じられない様な話ですが本当の話です。日本人で良かった・・・

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、タイでの韓流です。
関連記事

タグ : 韓国人はプロの泥棒

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。