スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイのヒットチャートの背景。

2012/01/26 (木)  カテゴリー/●韓国国家ブランド委員会提供の捏造韓国人気。

こちらをクリックしてください。newsclip.be様より2012年1月24日付けで、”タイの2011年アジア音楽ヒットチャートで50曲中48曲が韓国勢”とあります。

記事の中で韓国勢以外ではとありますが33位に日本のnewsさんが入っているのですけども・・・見にくいので見逃されただけだと思います。
こちらをご覧ください。上記記事のランキングが実際に掲載されているchannel v thailandのページです。クリックしてください。

そこで過去何回かこのブログにも登場していますがタイ芸能界の女優の友達に聞きました。彼女なら芸能界にいるから知ってるかなー・・・と思って。詳細の数字等ははwikipediaから引用している言葉もありますが彼女に教えてもらったことをまとめました。

1.あくまで、"channel v thailand"で放送される豊富なプログラム(ライブ放送も含む。)その豊富なプログラムの中のあくまで一つのプログラムである、"Asian charT"という中での視聴者からのリクエストで放送された放送回数が多い順のランキングとのこと。もちろんプロモーション動画としても紹介する。売り上げではない。だからもちろん、"channel v thailand"の全体のプログラムの中でタイ音楽等をさしおいてのトップ50であったということではない。そしてあくまで、"channel v thailand"限定での結果である。だからもちろんタイ国中トータルでのランキングではない。"channel v thailand"限定であくまでその中の一つのプログラム限定での結果。

2.ではそのリクエストとはどうやって出来るの?→SMS等で。
海外に住んでいてもリクエスト可能ということ?→可能。
同じ方が何回も何回も同じ曲にリクエスト可能?→可能。

3.channnel v thailandはタイの最大大手と言われている、”turevisions”というケーブルテレビで放送されています。そのtruevisionの中で昨年2011年に、”kmtv”という韓国音楽専門チャンネルができました。またそのtruevisionsで同じく昨年に、"kbsworld"が開局しました。そしてそのtruevisionsにはタイの音楽業界をほとんど掌握していると言っても過言ではない、”grammy(GMM)”の影響力があります。channel v thailandの最大スポンサーの一つです。channel v thailandは、star tv・GMM mediaとtruevisionsとの合併企業とのことです。wikipediaより引用しました。Channel [V] Thailand is a music channel in Thailand and is the Thai affiliate of Channel [V]. It is a joint-venture between STAR TV, GMM Media and TrueVisions.

そして韓国のYG EntertainmentはタイではGMMからリリースします。wikipediaより引用しました。YG Entertainment releases its Korean albums under 21 East Entertainment in China, GMM International in Thailand, and Universal Records in the Philippines.

もちろん韓国最大大手のsm entertainmentもタイではGMMがパートナーで、またsm entertainmentは昨年8月既出のtruevisionsと"SMTRUE"を合併企業として設立しました。wikipediaより引用しました。On August 16, 2011, SM has established their first international joint venture with Thai media company TrueVisions Group called "SM True." Artists Kangta and Shinee are present in the event, as well as SM's CEO, Kim Youngmin. Kim said that the joint venture will help "quickly and more effectively distribute [SM's] contents" and that this will create a "positive synergistic effect."
こちらが記念のプロモーション写真とのことです。
誰だろう?

truevisionsというタイ最大のケーブルテレビ局は本当に多くの世帯が加入しておりいわゆる家賃を抑えてある物件でも大家さんが最初から契約なさっていることも多いです。本当にタイの生活には密着しているというか・・

そしてもちろん韓国芸能人はタイに頻繁にプロモーションに来ます。(デパート前での無料イベント等。)そしてchannnel v thailandにもプロモーションで出演するし(プロモーションと本人達は言いませんが。)channel v thaialndの無料のイベントにも合わせてタイに来たりします。そしてその模様は当然channel v thailandで放送されます。またそのイベントの告知も番組と番組の繋ぎとしての宣伝や番組のweb page上で行われます。そしてその後のイベントの様子ももちろん新たにweb pageに報告として掲載されます。

もう・・裏はお分かりですよね?channel v thailand-GMM-truevision-sm entertainment-smtrueという繋がり。日本での韓流ごり押しの様な状態にすることが可能です。ただこれは私が教えてもらった中で判断した私の個人的な意見です。タイ人の方がよく仰ることで、”韓流と呼ばれるものが訳が分からないほどあっという間にこの国に入って来て何が何だか分からなかった。何が起こったのか・・”

ちなみに韓国人の方の幻想ブログでは、あくまでchannel v thailandの一つの番組の中でのリクエスト結果ではなく昨年タイの全てのメディアで(タイ・欧米等の歌手も含めて)一番リクエストされたと紹介されてあるものありました。皆様ご存知のいつものことなので韓国人の方々のページはもうわざわざ紹介しませんが・・・

タイ人の方々は私の友達もそうですがタイ人歌手の方々を愛されてます。ごり押しの効かない友人達の車の中や家や友人達の会話の中では韓国音楽が話に出ることは無いです。それどころか、”韓国の音楽?そんなのあるわけないよ。恥ずかしい。”とはよく言われます。ただタイでも一部の層には韓国音楽は大人気です。その一部の層がどの様な層かについては過去のエントリーで書いた通りです。

ちなみにchannel v thailandで、"Japan bravo"という番組があります。でもこの中で韓国芸能人の方々の日本語バージョンが侵入していて日本語バージョンのpvが流れるんです。”日本語で歌ってるし漢字読みだったら日本語読みのグループ名で日本で活動してるし、「日本で大人気。」って・・”と・・

こちらをクリックしてください。
過去のポスト等です。makotoさんが出てくるかと・・"makoto!makoto!"とタイ人のクラスメイトから突然言われたことがあります。"makotoを見たもん。"と自慢されたこともあります。すごい人気というか・・

ちなみにchannel v thailandのプログラムの中の一つの"japan bravo"はスポンサー企業はもちろん韓国の様に自国と提携しているタイの会社か韓国が広告代理店等に依頼し番組資金を提供する(もちろん韓国政府が出資していることは隠しますが。)様な、”実はプロモーション番組”ではありません。スポンサーは"oishi thailand"です。親日のタイ人の方がoishi thailandを設立されその社長のタイ人の方ご自身で和食ブームを築かれ安定した和食人気へと導かれた方です。日本茶ブームを作られた方でもあります。

そして今ではタイのコンビニでも日本茶のペットボトル等がたくさん売られています。日本茶のライバル会社(タイ企業)がたくさんあります。ブームは人気から必需品へと変わったわけです。日本茶ですけども甘いですけどね。健康志向でお砂糖が入って無いのもありますが・・・嬉しいですよね。タイ企業がスポンサーです。もちろん日系企業ではありません。ありがとうございます。

何回でも出来るリクエストに基づいて、また様々な韓国資本の背景が番組にちらつく中で、あくまで番組内の一つのプログラムの中で売り上げではなくて放送回数が多かったということで、おめでとうございます。”自称=タイも韓国に夢中!”

「すごいでしょ?私達の韓国スターがタイの音楽チャートでの売り上げ1位~50位をほぼ独占!」と書いている日本のページも見ましたが・・何でも捏造できるわけじゃないかと思います。この様にばれますよ。

”一休さんの主題歌歌ってー。”とせがまれて(大学の教室でも煽られました。)恥ずかしいけど一生懸命歌ってたらタイ人の友人が合唱してきたり。しかもエンディングの冒頭の、”母上様ー。”を微妙な音程で自ら率先して歌う友人を見たり。しかも、”母上様ー。”のみしかクリアには言えなかったりするけどかわいくてみんなでほのぼの。”

単純に例を一つだけしか出さないとしたら芸術の分野でも日本人の小澤征爾さんが世界でご活躍なさっているお姿等を拝見しているし、誇ることができる日本人の方々は数え切れないほどおられるから傲慢に言えばそれが普通と日本人は慣れてるから・・・

タイ人教授が仰った様に、”僕達にはタイ人として君なら日本人としてアイデンティティがしっかりと歴史の中で築かれて来たからね。万年属国出身じゃないからね。そんな意味不明なことで自尊心?というものを満たす必要も無い。万年属国の歴史しかないからアイデンティティが無くて大変だなとしか思わない。韓国と言ったら万年属国という歴史のことしか知らない。それしか無い。それしか知らなくても愚かだと思われることは無い。”教授はメールさえもおっくうでインターネットもほぼ使用されませんが、”ネトウヨ”確定。

韓国の規定によれば韓国人男性に夢中なはずのタイ人女性、もう一人のタイ人女性の親友の今日の発言。今日ずーっとおしゃべりしてたので・・レポートに集中しないで彼女が好きな仙台のあるお菓子屋さんの抹茶のおもちのページと彼女が好きな日本のお化粧品のあるメーカーの話と和食の話と・・

今回の様な韓国人の捏造についての彼女の怒りが爆発。
”日本と強力して韓国人の異常発言をどうにかしたい。今こそ日本との強力の絆を更に固くしたい。韓国人はタイに来ないで欲しい。捏造にタイ人女性侮辱に滅茶苦茶怒ってるんだからね。何で韓国なんかに見下されないといけないの?韓国に夢中?日本の地方名産産地直送フェアのイベントがデパートである度に、そのチラシを持って日系デパート等に家族でわくわくして行く私達みたいなタイ人のほうが普通だよ。”彼女も、”ネトウヨ”認定であろう。

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、タイでの韓流です。
関連記事

タグ : タイでの韓流

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。