スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢いタイ人の方々は誰も騙されずバカな私だけ騙された。混ぜ混ぜ韓国式アイスクリーム。

2012/02/13 (月)  カテゴリー/●韓国国家ブランド委員会提供の捏造韓国人気。

ある日曜日。siamパラゴンというデパート前にて待ち合わせ。私はとても幸せな気分で待ち合わせ場所へと行きました。渋滞がいつもよりひどくなくかなり早く着いてしまいました。”スタバにでも入って待つか・・”と思ったその瞬間、”そういえばパラゴン向かいにあるこの比較的新しい商業施設の建物内をじっくりと見たことは無かったな。この中を見て時間を潰そう。”そして中へと入りました。

”なるほどー。小さめの電化製品のお店が集まってたりするのか。おお!美味しそうなアイスクリームショップがたくさん入ってる!”等思いながら卑しい目をして小さめのカフェを見てました。”日本名のカフェが多いなぁ。「原宿・クレープ」・「抹茶何とか」等々。なるほど他は外資。定番のハーゲンダッツにその他諸々。そしてタイ資本のカフェ。各階小さめのスペースでいっぱい入ってるなぁ。美味しそう・・”ショッピング中にちょっと休憩する。カフェというより小さなスペースでちょっと甘い物でも食べて休憩して。回転率もかなり早い感じです。どこもゆっくりとおしゃべりする為に作られている雰囲気ではありません。

”食べたいなー。でも食べたら太るなー。時間があるからちょっとだけ食べたいなー。”よく見ると日曜日のお昼の為かどこも満席です。”結局食べられないのか。ダイエットの為には良かったということにしよう。ちょっと本屋さんにでも行こう。”と思ってパラゴン(デパート)側に通じるBTSへの連絡口に行く為に少し歩いていたら、あれだけの込み合いなのに誰も群がっていない小さなお店が。”あれ?お菓子が売ってる。日本の駄菓子っぽいな・・日本の駄菓子だったらあり得ないことだけどお洒落なアイテムとして売っていたりもするけど。誰もお客さんがいないな。”と思って近くに寄って見てみたら韓国の駄菓子みたいなの(日本の真似。)だった。韓国語で書いてあるし多分直輸入。ここだけ誰もお客さんがいないなんて可哀相過ぎる。

そう思いながら、”BTSへの連絡口はもうすぐだー。”とどこも満席のカフェを見ながら歩いていたら何と!誰もお客さんがいらっしゃらないカフェがあった。本当に誰も。そこだけポカーンとスペースが空いている。”座れるカフェがあるんだ。待て。おかしい。誰一人とて入っていないって・・”そう思いながら看板を見ると英語表記。初めて聞く名前だ。店員さんだってどこにでもおられる感じの方々だし変な感じは特に無い。”でもタイ人の通行人の方々が全員無視してる。他のお店は満席か並んで待ってまでいるのに・・変なお店なのかな?いやいやちょっとアイスクリーム食べるだけだし座りたいし入ってみよう。”

”いらっしゃいませ。”
”こんにちは。”
当然全席空いてるし自分の座りたい席に適当に座った。しかし・・ウェイターの方々のお顔を拝見すると皆様目が死んでいる。失礼な態度はもちろん一切無い。ただ目が死んでいる。”珍しいなー。アイスクリームショップの店員の方々は皆様明るいのに。”

”こちらがメニューです。”
”ありがとうございます。”
そしてメニューを開けた瞬間・・・
”何で日本のお菓子をフィーチャーしたカフェ郡と外資・タイ資本の中に紛れてひっそりと1店入ってるの!騙さないでお店の外にも日本や外資やタイ資本のカフェみたいに現地語かそれぞれの言語の発音表記を英語で等、どのカフェもやっている様にきちんと書いてよー!”←私の心の中の叫び。

メニューを開けた瞬間タイ語と韓国語表記で韓国資本のアイスクリームショップだと分かったのである。私は思わずテーブルの横にそのまま立っておられたウェイターの方を涙目で見てしまった。ウェイターの方も涙目で私を見つめ返して溜息。だから店員の方々の目は死んでいたのだ。お客さんがみんなこの反応をするから。
”こちらは韓国資本のアイスクリーム屋さんですか?”
”そうです・・”
出るわけにはいかない。
”すみません。オーダーの仕方が分かりません。”
”はい。こちらがベースになっていて追加料金でトッピングとして色々な物を選べます。(フルーツやらクッキーやら混ぜ混ぜする為の物。)ベースのアイスクリームには3種類のトッピングが元々付いています。”
(混ぜ混ぜアイスクリームの外見は皆様ご存知の通りです。)
”すみません。ベースのみで良いです。”
”はい。お味は何になさいますか?”
”チョコレートでお願いします。”
もちろんこのやり取りの間だって、日曜のお昼なのに他のカフェは全て満席の中誰もここには入店しない。

”お待たせしました。”
”ありがとうございます。”
”メニューに食べ方は載ってますがこれを全部混ぜて原型が無くなる位まで混ぜて食べてください。”
”はい分かりました。ありがとうございます。”
地獄である。ふと通路を挟んで反対側のカフェを見るとみんな美味しそうにニコニコとして食べてる。天国であろう。天国側には地獄は分かるまい。(ありえないほど卑屈になった。)

混ぜてあんなになったのなんて食べたくない。そこでアイスクリームのみを食べることにした。綿菓子みたいなのが折り重なった様なのが硬くなった様なアイスクリーム。一口恐る恐る食べた。
”何この味?!”
チョコレートの味が98%は削減されているもはや正体不明の物質。
”3口食べれば美味しいのかもしれない。”
結果は同じだった。

もう食べられない。”ご先祖様・お父さんお母さん・アイスクリームを作ってくださった方、申し訳ありません。自分で働いたお金ではなく両親のお金を使っているのに罪深いですが残します。無理です。許してください。”と心の中で懺悔をして速攻で、
”すみません。お会計をお願いします。”
”はい・・”
”残して申し訳ありません。”
”気にしないでください。いつものことですから。分かってます。”
↑本当に仰ったんです。それは私がタイ語で話したからかもしれません。そして死んだ目をされてました。あまりに暇で他の店員の方々は座っておられました。

その後私は真っ青な顔で待ち合わせ場所へと向かった・・このエントリーの冒頭部分。私のウキウキした気分。全て無くなった。でも自分が悪い。今まで生きてきて初めてアイスクリームに美味しくないと思った。そして初めて、”混ぜ混ぜ”の恐怖を知った。タイで食べた物で唯一美味しくなかったのは以前のエントリーでご紹介した韓国ラーメンと今回の韓国混ぜ混ぜアイス。ある意味タイも被害者である。

私が大バカ者。ただそれだけのこと。現地の方々は避けていらしたのだから。

ちなみにセントラルワールドという最大級のデパートがあるのですが、その横にあるzenというデパート側から入ってセントラルワールドに入ると(2階になるのかな?)左手にスタバ右手に和食のこれまたzenという名の高級バージョンの方の和食のレストランがあります。そこをそのまま伊勢丹方向に行くとレストランが多数あるかと思います。韓国料理レストランが一つそこでオープンしてたんですが3ヶ月程度であっという間に潰れました。セントラルワールドには上階にレストラン街がありますがその階も多数あります。モスはいつも混んでるし。モスに入るタイ人の方々が少しそっちに行ってくださったら潰れなかっただろう。その通りは私は頻繫に通るんです。待ち合わせでかなり使うので。だから、”あ・・潰れた・・”と思いました。

私は本当にバカですね。いつもバカだなと思います。

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、アイスクリームです。
関連記事

タグ : タイでの韓流

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。