スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国国家ブランド委員会の活動はプロパガンダだとはっきりとBBCで紹介されているけど・・・

2012/03/02 (金)  カテゴリー/●韓国国家ブランド委員会提供の捏造韓国人気。

少し前のこととはなるのですがこちらの記事をご覧ください。こちらをクリックしてください。「韓国ゴリ押し」などとネット上では何かと陰謀論が展開されることが多い。見る側にも真偽を見抜く目が必要。その中で、”韓国に対しては病的に固執していて何かにつけて韓国(人)を持ち出したり比べたりする。”

言わせていただきます。先ず韓国人男性の日本のアダルトビデオへの世界一の圧倒的な異常執着をお止めになってから発言なさってはいかがでしょうか?アダルトビデオ以外でも日本人女性に関するありとあらゆる日本よりも溢れている日本人女性情報(性のことばかり。)の韓国でのページ。日本への病的な固執だと思いますが。日本人女性への性暴行等も一切止めてくれればこのようなブログは書かないです。

”大半のネット右翼は無職、ニート、低所得者、生活保護受給者であり、リアル社会ではコミュニケーションをとることを不得手としている。”
とあります。皆様ご存知の様に論理的にであっても少しでも韓国を非難するとそのようなことを言われます。アメリカを非難しても全くこの様なことは言われません。それから少しでも在日韓国人の日本人に対する滅茶苦茶な思想を批判すると、”差別だ!”とあちらの方々から非難されますが、低所得者の方をその様に差別する発言は許されるんですね。そして私は無職でニートでコミュニケーションがとれないのか。へぇ・・別に良いけど。好きなだけ言えば良い。別にネトウヨで良い。授業中にどれだけ韓国の真実についてプレゼンしてもどれだけ友人達や様々な方々と韓国の異常性についてお話をさせていただいてもそれでもネトウヨか・・別に良いや。

少し前に見ましたけど、”ネトウヨは日本語で書かれていれば反応するが英語やその他外国語で書かれていると反応しない。”と。日本人だから日本語でコミュニケーションして日本語で議論する。何が悪いのだろう?日本語をきちんと話してからの外国語だと思うけど・・でもそんなに外国語のソースの方が大切ならと思って、英語の論文で韓国国家ブランド委員会のことが書いてあるものを探しても、筆者がkimやらleeやらばかり。

図書館の莫大な蔵書・もしくはネット上で読むことが可能な様々な評価された論文は留学先の大学でもいつも紹介されているし教授も図書館も推薦するけど、その中に韓国人が書かれている論文や韓国発の記事は全く推薦されてない。

韓流ははっきりと国の政策と書いてある。英語でも中国語でもタイ語でも色々なページを見れば良いのに。みんな国の政策と言ってるのに。

英語の記事をご紹介します。そしたら満足するのだろうか?韓国国家ブランド委員会・もしくは世界中が夢中とされている韓流についての価値ある英語での論文は先ほど申し上げた様に無かったのですが、比較的新しい記事でbbc seoulからではありますが記事がありました。要約です。こちらをクリックしてください。

韓国のイメージは○○時代の様な韓国ポップによって変化している。

日本であればお寿司・桜・富士山。アメリカならハンバーガーとハリウッド。パリならロマンス・クロワッサン・エッフェルタワー。south koreaは?過去においては経済の原動力となった国?コンピューターチップ?そう思ってもあなたは一人じゃない。 south korea政府は国のイメージを国際社会において変えようと数年間そうしているところ。

韓国国家ブランド委員会のマネージャーであるピーター・キムによると、”韓国は世界で13位の経済大国。でも韓国独自のブランドをまだ持っていない。過去50年間韓国は国を売り込むことではなく国を建設することにフォーカスしてきたから。だけど国家のブランドを考える時だ。”

二つの韓国?

”south koreaはnorth koreaとkoreaという名前をシェアしている。”これは韓国大統領の対外向けメディアチームからだ。”世界には二つのkoreaがあると認識していない人がまだ多くいる。”

この韓国の対外向けメディアチームですが過去に、”韓国の政治家は韓国風俗をよく利用しますよね?”と本当のことを発言されて火病を起こしある外国人記者を国外追放したこともあります。よほど韓国の風俗(世界一の売春婦国家)の話題は一番プライドがズタズタとなるのでしょう。

south koreaのサッカー選手であるパクさんはマンチェスターユナイテッドのミッドフィルダーなのに、”一番有名なkoreanを知っていますか?それはキムジョンイル。だから韓国をブランド化することをしているんです。”

”韓国のイメージは錆びてもいる。あるアメリカの有名ドラマは朝鮮戦争をM*A*S*H*と名付けた。多くの人々はジェームスボンドによってイギリスのスパイ機関は世界一の知的なエージェンシーと思っているのに!M*A*S*H*の中でkoreaは背が小さく描かれて希望が無い第三世界と描かれた!”
(どんどん火病が出てきました。BBCソウル特派員相手に。)

”(だけど)主要なイメージは変わってきている。サムソン製品・韓国ポップとマンチェスターユナイテッドのパク何さんのおかげだ。”

そして韓国のイメージ戦略は(韓国が世界の人にこう思って欲しいことと)マッチしてきた。

過去数年間以上韓国を描く動乱の様なキャンペーン(ソウルで)それは、”きらめき”・”ダイナミック”・”無限(の可能性)をあなたに”(これは一体BBCで1時間に何回宣伝として流れていたか。一時期BBCを見ると私はイライラしてました・・・)・”アジアのソウル”は世界のテレビやビルボードでアピールされた言葉だ。

新しい韓国国家ブランド委員会が始動した。ソウル市は首都として国をプロモーションするのに過去数年間で$100m(£64m)支出した。しかしその莫大な宣伝にもかかわらず韓国は他の多くの国々よりも国家のイメージは駄目だ。少なくともアジア以外では。

コリアンアートの専門家Dr Charlotte Horlyckは、”明確なメッセージが無いから韓国の国家イメージ戦略のマーケティングはしばしば成功していない。koreaについて思い浮かべる時に首尾一貫したイメージが無い。輝くkorea(という韓国政府によるスローガン)を考えてみても・・解釈するのは簡単じゃない。何が輝いているんだろう?人々?春?ブランドイメージは簡単に理解出来るものでないと。”と博士は言った。

チョウさんもそう同意した。”韓国と他のマーケティングエージェンシーと強力しなければ。国家をプロモーションするならもっと戦略的にならないと。”


(世界の)人々に決めさせよう。”ブランド化する時には消費者がその肖像を(良いと)決める(受け入れる)と成功する。”と国家ブランド委員会の対外向けキャンペーンの担当の一人が言った。

ヒュンダイキャピタルカードPRマネージャー代理は、”人々は新しい文化(それがどんなものか知らないで)と接することを提案された時それに対する反応を見せる。”

ヒュンダイカードは最近ニューヨーク現代美術館で韓国デザイナーのコレクションを展示した。”私達は気付きましてね。私達がニューヨーク現代美術館に来た人達の為に選んであげなくても良いと。韓国をブランド化するにはkeyがありましてね。世界の人々に韓国の何が好きか決めさせれば良いんですよ。”

しかし韓国国家ブランド委員会のスローガン(きらめく韓国やらどーたらこーたら)はほとんどが40代以上のほんの一握りの韓国男達のエキスパートによって決められた。外国人の消費者はそれらが決定された後に意見を求められた。

ブランドポリシーアドバイザーのSimon Anholt氏によると、”韓国国家ブランド委員会は発足時から不成功。ブランドイメージとは消費者の心に何か起こった時に創り上げられるもの。”

Turning pointが来た。Anholt氏の会社は毎年世界の国家ブランドインデックスを発行している。その中で人々の心の中で国家に対するイメージが大きく変化する時それはとても短期間に起こると述べている。国家のイメージは創作されるものではない。メディアにはそんなに影響はされない。”

それにも関わらず我が社の国家ブランドイメージでは韓国はほとんど最下位からじわじわと上がってはいる。koreaのイメージは良くはなってはいる。その戦略(成功すれば)でよりリッチとなって(韓国人に)自信を持たせるだろう。(韓国は)名声とは何かを制作して得る物ではなく報酬を受けるのに値する何かであると理解し始めている。2010年のG20では韓国について知っている人が17%・好感度は3.5%増加した。これは韓国が国をマーケティングするイベントで最も成功したことの一つだ。

国家ブランド委員会のチョウさんは言った。
”G20はターニングポイントでした。韓国は国際社会で議題にただ従う立場から議題をセッティングする立場となりましたから。韓国は今では国際社会で何を問題提起するのかを決める国の一つです。”

Anholt氏は、”批判が一つだけありますが、それは韓国はまだ絶えず韓国に対して良いイメージが欲しいと活動していること。プロパガンダの最初のルールは、人々にプロパガンダする時にはそれをやっていると伝えたら駄目ですよ。”
(ほら。国家ブランド委員会はプロパガンダとこんなに明確に言ってる。)

以上です。

”日本人のネトウヨは外国語で書かれているソースには反応しない!”と批判した日本の反日大手新聞社。事実がばれるよ。そんなに毎回毎回日本人を騙せることが出来るのではないよ。”外国語でソースを読まない日本人はネトウヨ!外国では韓国を批判する人はいないのに!”とでも言えば日本人を騙せるとでも思ってるのかな。これからも頑張ってください。

最後に、皆様ご存知の様に韓国人はいつも韓国人は英語ベラベラだけど日本人は英語がド下手といつもバカにしてますが、なぜそのビデオの中の韓国人男性は英語を話されないのでしょうか?整形でテレビ用?BBCソウルの特派員の方のレポートからなんですが(最初にCMが入ります。)、
こちらをクリックしてください。

韓国人店員が話しています(要約です。)
”下半身をお振りになられる方々と○○時代は一番のトレンドで独自の違ったユニークなスタイルを持っていて特に日本では大人気。昔は韓国人だけが韓国のCDを買っていたけど今では日本・中国・東南アジアからソウルのCDショップに買いに来る。korean waveの為に韓国人はフレンドリーで親切だと外国人は思っていて韓国のイメージは良くなっているからどーたらこーたら”。

それ以上は聞く価値も無い。BBCは韓国政府のスポンサー料がそんなに欲しいのだろうか・・”韓国観光・コリアンインベイション・韓国経済特区”等のBBCでの韓国政府による執拗なCM。売り上げの裏には韓国ドラマを買い付けると買い付け額以上の多額の補助金を韓国政府から貰える等様々な事情があり、実は韓国芸能は大赤字と先日暴露されてましたが・・・

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、プロパガンダです。
関連記事

タグ : プロパガンダ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。