スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐らく永遠の別れ。

2012/04/17 (火)  カテゴリー/●china

この世界には様々な別れがありますよね。sensitiveな話題です。かなり昔に書いたのですが、寄宿舎で中国人の親友の女の子がいました。彼女は共産党幹部の娘でした。お互いに親友と言い合う仲でした。

彼女の口癖はこうでした。
”過去のことにこだわるなんてバカみたい。それは中国共産党の政策。私は日本が大好き。ドラえもんが大好き。”
これは彼女が自ら突然言ってきたことです。最初は本当に驚きました。
”中国国旗はね、中国国旗じゃない。中国共産党に忠誠を誓う旗なの。”
苦笑しながら言ってました。

ある時浴衣をプレゼントしたら、”ありがとう。ありがとう。”と彼女はニコニコしながら言って写真撮影も一緒にしました。”日本人の方になれたかな?”と子供みたいに無邪気な笑顔で言っていました。ご家族もお優しくて様々なプレゼントをいただきました。

彼女の口癖は、
”中国に遊びにおいでよ。休暇になったら一緒に中国に行こうよ。日本人が友達だよ?どれだけ皆に自慢出来ると思う?”
でも正直に言いました。
”中国が怖いから嫌だ。何かあったら令状無しで逮捕されそうだから嫌。”
”そうだよねぇ・・”
彼女は苦笑いしていました。

彼女と親友になれた理由は、この様に二人で本音で正直に話せるからでした。

私の名前を中国語読みで読んだらその響きが良いと誉めてくれたので、
”中国読みで読んでも良いよ。”
と言うと、
”日本人には日本語が一番美しいの。日本語の美しさが日本人の方々には一番似合うのよ。”

でもいつからか、
”またお母様が別荘を買ったから。”
(証拠は写真等ですね。それかいつでも遊びにおいでと言われる。)
”ここの(ある中国の公の機関です。)施設も全部お父様がコントロールしてるから。何でも好きな様に出来る。あなたにもポジションをあげる。”
(ポジションって・・あの時は少し怖かった・・)
”ここにも両親の別荘よ。”

正直なところ、”そんなにして大丈夫だろうか・・”と心配でたまりませんでした。何故なら失脚するからです。あまりにその種の話ばかりとなってきたからです。何より彼女のことが大好きだったから。心配で・・・

するとある時、
”これはお父様から。”
と言って私にプレゼントをまたくださいました。それが純金で出来た印鑑でした。本物の金だったのです。
”ここまでの物はいただけない。”
”あなたにプレゼントしたくてお父様に頼んだの。”
”・・・”

何度かお父様と電話でお話をさせていただきました。どちらかと言うと、ただお声をお聞きする様な感じではありましたが・・一人娘の彼女を本当に大切にされていました。とても優しいお声でした。

私といる時に彼女のご親戚のお姉様に電話をして、”今日本人の親友と一緒にいるんだよ!”と自慢していました。彼女が、”自慢しているの!”といつも言っていました。私といることが自慢?それは本当に申し訳なく思うほどでした。

彼女のお父様のお若い時の生活は大変貧しかったそうです。韓国人とは違って一切見栄をはりません。大学の学食でもみんながお肉を食べる時にお野菜しか食べることが出来なくてたまに隠れて食べていたと・・だからこそ今の状況が誇りと彼女が言っていました。

でも当然別れはやってきます。卒業です。(今いる国のことではありません。)帰国する彼女を見送る為当然空港へ一緒に行きました。その前日もその他の友人達も含めて一緒にいました。

私達は同じ友人でもお互いに親友と言い合う仲だったので最後は二人で話をしていました。泣きたかったけどぐっと抑えていました。彼女の手を握って、
”また直に会おうね。”
”うん。直に会おう。”
お互いに一生懸命泣かないで笑顔で別れました。でも私達の目は涙を我慢して真っ赤でした。

今でもゲートで後ろ姿を見送った時の彼女の姿が脳裏に鮮やかに蘇ります。今これを書いているこの瞬間も涙が簡単に溢れてきます。何故ならあれが彼女の最後の姿となるとは思わなかった。想像もしなかった。

数ヶ月経って突然連絡が取れなくなって彼女のメールのアカウントも消去されていた。共通の友人達に聞いても誰も彼女に一切連絡出来ないと。

いつも思っていたが、中国のいわゆる公の機関のトップクラスが父親だった友人達の豊かさはすごかった。ビジネスなら分かるけどあくまで公の機関。もちろんその裏の事情程度なら私でさえも知っているけど、そんなにも潤うのかと驚くことばかりだった。そしてあくまで私の個人的な関係だと中国人との嫌な思い出は無い。誰が相手でも。でも中国のことは嫌いだとはっきりと中国人の友人達に論理的に言った。そしたらみんな、”日本人が中国を嫌うのは当たり前だよ。”と逆に笑われた。

イベントでさりげなくあえて一輪の薔薇をくれたり、ちょっとでも重そうな物を持っていると直に自然に持ってくれたり、意外と恥ずかしがり屋でロマンティストであった。でも私は正直に、
”毎日きちんとお風呂(シャワー)に入りなよ。”
と失礼にも中国人男性には言っていた。何よりも韓国・中国人男性には警戒しているので甘い言葉を甘くとることは一切ありません。そんなことを言うと勘違いの傲慢女性と思われるでしょうが、日本人女性が性的にどのように見られているかを私は知っているので。それでも中国人の友人達にはその他にもどれだけ優しくしてもらったか・・・

どちらかというと、中国人は台湾人の生徒達とたまにもめていた。(個人的な口喧嘩。)そして申し訳なかったが私はいつも堂々と台湾の味方をしていた。

過去のエントリーで何回か書いておりますが、”中国人の方とは個人的に良い思いでがあるから中国は好き。”と言いたいわけでは一切ありません。チベットのことを考えたり、もしくは日本が中国に侵略された場合の日本人女性の扱いがどうなるか、そして中国が日本に何をしているか?知らないはずがありません。親友には申し訳ないけど、中国の国歌が「日本を倒せ!」というものだから嫌だともはっきりと言ったし、それ以上にどれだけはっきりと言ったか分かりません。そしてこのブログでも中国を擁護する意思はほんの少しもありません。

そんな切ない思い出が中国人の方とでさえありますが、でも韓国人の方々とは本当に嫌な思い出しかありません。

ただ別れがあった。それだけです。死ぬまでに一度で良いから私の大切な親友の彼女に会いたい。元気でいて欲しい。

くどいですが、中国賞賛や擁護する為のエントリーでは一切ありません。私がそれをする人間ではないとそれは皆様がご存知のはずです。ただどの分野でも、個人的な経験であっても韓国人とは何も良い思い出が無い。そんなことを思ってしまいます。

あんなに中国のことを正直に滅茶苦茶に言ったのに、ずっと笑顔で親友でいてくれてありがとう。表では中国共産党に忠誠。裏では日本賞賛。外国で初めて天安門事件のことを知った他の中国人の友人達。

変なことを書いてしまいました。個人的感情のみのつまらないエントリーとなってしまいました。

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流スター様情報です。またまた、「カー」様が情報をくださいました!もはや「カー」様無しでは成り立たないこちらのコーナーです^^;
”韓タレ情報ですが(笑)アフタースクールに日本語堪能なメンバーが加入したそうです。日本の中学に通ってたというから在日かも知れませんね?このグループは以前、日本人をメンバーに加えるという噂がありましたからね。因みに9人編成の女の子です。”
とのことです。他にも韓流スター様の情報をいただいておりますが、頂いた情報の古い順からご紹介いたしております。その他の方々から頂いた情報も必ず紹介させていただきます!
関連記事

タグ : 中国共産党

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。