スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイに昔から溢れる自然な韓国。(捏造・ごり押し無し。)韓国式焼肉。

2012/04/15 (日)  カテゴリー/●韓国国家ブランド委員会提供の捏造韓国人気。

”日本はアダルトビデオ国家。それだけが誇りの国。日本人男性(お父様方)の夢は娘をアダルトビデオ女優にすること。日本人女性の夢はアダルトビデオ女優。”
と、自国の女性の多くが売春婦であることを棚に上げている韓国や留学先にいる韓国人男性に言われる日々。ならば、その韓国人男性に現実を知っていただこうとある時思いました。性的なことではいつも言い返していたので、他のことでと思いました。何をしたか?食事に招待したんです。食事に招待して何の意味があるの?確かにその通りなんですが・・・ここタイではそれがとても有効だったんです。

もう大分前のことです。

”何回か無理矢理だけど食事に招待してくれたし、今回は私が招待してあげるよ。”
”デヘヘヘヘヘ。とうとう俺に恋に落ちたのか?”
”それは一生無い。韓国式の焼肉がタイでは昔から大人気なの。だから連れて行ってあげる。行ったことある?”
”無い。やはりタイも韓国に昔から夢中か!”
”そうなんじゃない?行きたい?行きたくないなら別に良い。”
”デヘヘヘヘヘ。行くに決まっているだろう。”

そして・・・そのレストランみたいな所に到着しました。

”何でも食べてね。食べ放題だから。あそこに書いてあるでしょ?「98」という数字が見える?その後にタイ語でバーツと書いてある。食べ放題で98バーツと、コンクリートの壁に大きく書いてるでしょ?そしてあの看板には、「韓国式焼肉」と書いてある。タイで本当に一番有名な韓国料理。捏造・国家ブランド委員会の活動無しで昔から誰でも知っている。確かにタイ人の方々が夢中かもよ。”
”こんなのは韓国料理じゃない!韓国料理は美しく世界の憧れだ!日本人も憧れているだろう?そうよく聞く!”
と顔を赤くしてわめいていました。とにかく声が大きいのです。
”まさか!私にとってもこれがまさしく韓国料理だよ。”

では何故彼がわめいたのか解説いたしましょう。確かにタイで広く認識されている韓国式焼肉。日本式の発音でタイ語では、「ムーヤンガウリー」と言います。訳すと「韓国式焼肉」となり、それが韓国式焼肉=韓国No.1代表料理とタイ人の方々には認識されています。

日本の焼肉?以前ご紹介いたしましたが、もちろん高級日本料理の一つという認識です。食べに行ったとかわいく自慢されたり・・・わざわざ「日本式」とは名付けられてはいません。何故ならオリジナルだからです。その他も多少似たようなお料理であれば鉄板焼き等。五つ星ホテルから高級デパートまで、日本式と名付けられていないオリジナルの日本料理としての認識です。だから「ムーヤンガウリー」には韓国式とわざわざ名付けられています。

タイ人の友人達の解説ですと、
1.確かに「ムーヤンガウリー」はタイ全土にある。
2.確かに一番有名な韓国料理と思っている。昔からある。韓国とわざわざ名付けられ韓国のお料理だと自然に認識する唯一の料理。
3.韓国料理に夢中になるタイ人と、タイでは知られていない美しく撮影した韓国料理とそのレストラン?そこに集うタイ人?を撮影して、様々な紹介を韓国が対外向けか韓国内用にしているようだがそんなのほとんどプロパガンダじゃない?韓国料理に夢中って・・・そういうのは一体タイのどこで撮影してるの?笑える。食器も変だし。
4.「ムーヤンガウリー」が人気の理由?大変庶民的で貧困層でも簡単に行けるから。(タイ人の友人達は貧困層と言われる方々をバカにしているのでは一切ありません。そんなことを言う様な友人達では一切ありません。あまりに韓国が、「憧れの先進国韓国にタイ人の方々が夢中だ。」と押し付けてくる為、現実は現実としての発言とのことです。)ムーヤンガウリーは一般的に食べ放題で98バーツで何でも食べ放題等が多い。首都バンコクでさえも安い。ムーヤンガウリーは野外で食べるのが一般的だし屋台より安かったりする。屋台は全国大会もあるし富裕層も大好き。屋台とバカにするのは韓国人からよく聞くけど。ムーヤンガウリーは今では食べ放題にしないとお客さんも来ない。日本料理?高級料理店がいつもオープンしてる。デートスポットとしても良いしね。ムーヤンガウリーでデート?無いよ。
5.確かに韓国と昔から自然と名が付くムーヤンガウリーは、タイでの安くて食べ放題の有名料理の代名詞。それだけだけど。確かに安いしたまに行こうかなとも思う時もある。

少なくとも私は、”和食が大好き!”・”娘が和食しか食べようとしない。”・”和食は美味しいもん!”と言われ続けても、「日本がタイを支配している!」なんて思ったこともありません。その様な思想を持とうとも思ったこともありません。

ではご覧ください。一般的なムーヤンガウリー。焼くのも煮るのも混ぜてあります。韓国に忠実です。これがタイ人の方々が認識される自然な韓国料理です。少なくとも、”ムーヤンガウリーを食べた!”とタイ人の方々に自慢されたことはありません。私が撮影した写真ではないです。
韓国料理 ムーヤンガウリー

留学先にいる韓国人男性も、ご自身のページで紹介していた韓国料理にそっくりです。(焼くのも煮るのも混ぜてある韓国本国の焼肉。)無理矢理見せられた物でしたが。あの写真と何が違うのだろう?

そしてタイ料理と日本料理。多くの方がご存知かと思いますが、CNNより。昨年、タイ料理の一つが世界で一番美味しい料理に選ばれました。クリックしてください。
でもタイ人の友人達はこう言ってました。”お寿司の美しさには適わないけどね。美しさを競うものだったら間違いなくお寿司が一位だったよ。でもタイが誇れることで一位になることなんて滅多に無いから、本当はすごく嬉しかったんだ。”必ず褒めてくれるんです・・・ありがとね・・・

これが現実です。どうしてこの様な本当にある意味「韓国が支配だ!(タイでの安くて有名な食べ放題の世界。)」は一切マスコミは報道しないのだろう・・・恥ずかしいのかな・・・まさかね。

食事の後ですか?もちろん速攻で帰宅しました。当然そのムーヤンガウリーの場所で解散です。


下記は、2012年4月21日に別途エントリー致したものです。

先日ご紹介いたしました、タイでも韓国が捏造の韓国人気とごり押しを始めるずっと以前から、タイで一番有名で誰でもご存知な唯一の韓国料理は韓国式焼肉と名付けられた=ムーヤンガウリーと呼ばれる、一般的に食べ放題になっている安価な焼肉で日本の焼肉とは完璧に区別されているものだとご紹介いたしました。

すると多くの方々から拍手コメントで、”ジンギスカンに似ていますよね?”というお言葉を頂きました。

私も北海道へ旅行したことはあります。また旅行したことがなくても、ジンギスカン料理と言えば北海道での有名料理だという認識は良い意味で十分にあります。北海道で実際にジンギスカン料理を食べさせていただきました。とても美味しく、”おお!これがあの有名なジンギスカン料理なんだ!”と思いながらうれしくて写真にも撮りました。盛り付けも美しかったですし・・・

言い訳にはなりますが、あのタイでのムーヤンガウリーを見ている日本人の方々から、”ジンギスカン料理と一緒だね。”とお聞きしたり、もしくは私自身も思ったことはないです・・と申しますのは、私がご紹介致しました写真も悪かったのですが、お店の雰囲気・実際の食材の提供のされ方・食材の盛られ方・実際の食べ方等からして、日本の美しいジンギスカンとは実際は似ても似つかないものです。それは本当です。ですので、私自身がジンギスカン料理だと認識することは一切なかった為あちらのエントリーを書きました。

焼くのも煮るのも何でも混ぜると書きましたのは、本当に混ぜるんです。何と申し上げたら良いのか・・焼く・煮るということをあえて一つの鍋でそれぞれの食材で楽しむというよりも、”韓国みたいに何でも混ぜちゃおう!同じ鍋で焼く為の食材も煮てみよう!”そんな勢いなんです。ジンギスカン料理とは似ても似つかないんです。

私が一番心配致しておりますのは、もしかしたら北海道にお住まいの方々やご出身の方々・全国でジンギスカン料理店を経営等されておられる方々・ジンギスカン料理がお好きな方々・・・等が、あの記事で大変不快な思いをされたのではないかと思うことです。

私としては一切の他意は本当に無く実際私が何か他意を持ってあの記事を書いたのかどうか・・・ということは、もちろん答えは一切の他意は無いのですが、もし不快なお気持ちになっておられる方々がおられるのでしたら記事を削除させていただこうと思います。実際に私が、ジンギスカン料理にネガティブな他意を持ってあの記事を書いていないことは昔から私のブログをお読みくださっておられる方々であればご存知かと思います。

北海度といえば、いつも登場するタイ人女優の友人も既に旅行したことがあり、憧れの美しい日本を見ることが出来たとも言っており、タイ人の皆様にとっても北海道は憧れの観光地です。タイのテレビでもよく紹介されます。でもタイ人の皆様から、”ムーヤンガウリーと同じお料理があったよ。”と聞いたことは無いです。何故なら美しいジンギスカン料理と同じ物だという認識は不可能だからです・・・タイ人の方々にとって、ムーヤンガウリーは韓国の安い食べ物という認識でタイ料理という認識もされてはいません。

ただ他意は一切ありませんでしたので、その記事を削除した後にどなたか(大体想像はできますが。)が、”このブログの管理者はこんな記事を書いていた!”とどこかに意地悪でアップされても全く構いません。もし削除しないで良いというお声を多数頂いた場合は、このエントリー自体をそのままムーヤンガウリーのエントリーに追記として移そうと思います。

実際に北海道に居住されておられる等の方々で、少しでも嫌な思いをされた方々がおられましたら、大変恐縮でございますが拍手コメントにてご意見をいただけませんでしょうか?その後削除するかどうか決めさせていただこうと思っております。

お手数ですがご協力お願い申し上げます。

もし不愉快になれた方々がおられましたら、心からお詫び申し上げます。他意は本当に一切無かったんです。お許しください。


結果は・・・拍手コメント。6に掲載致してはおりますが、削除する必要は無いとのことで削除は致しませんでした。皆様早速のご協力を本当にありがとうございました。本当に助かりました!

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、タイでの韓流です。
関連記事

タグ : 韓国式焼肉

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。