スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が代(国歌)とプロポーズ。1

2012/05/06 (日)  カテゴリー/●私の留学先(タイ)にいた韓国人男性。

今回の留学先にいる韓国人男性とのエピソードは、皆様ご存知の様に数あるその方とのエピソードの中で、私自身がある意味最大級の驚きを感じたエピソードです。ブログを始めたのは去年の8月でした。その当時からお読みくださっている方々はご存知かとは思いますが、私の友人達がこのブログを読んでいる為嘘は書けません。ただ今回のエピソードは私自身が信じられないと感じたほどのことなので、大変失礼な申し上げ方ですが写真や動画等の証拠が無くても信じられるという方々だけお読みください^_^韓国人と接点を持ったことがおありの方々は容易に想像がおできになるのではないか・・?という気も致します。余りに信じられなくて今まで書くのを躊躇っていたんです。

また長いエントリーとなるので初めてエントリーを幾つかに分けて書いてみます。もしエントリーを分けた方が読み難いと感じられた方がいらっしゃいましたらご容赦ください・・・


過去のことです。回想となります。ある時のこと、その韓国人男性がいつもの様に突然話しかけて来ました。

”おい。韓国料理を食べに連れて行ってやる。”
”いいえ、結構です。”
”日本人女性が夢中な、ヘルシーで美味しい韓国料理「も」食べさせてやる。”
”いいえ、結構です。”
”韓国料理を食べに連れて行かせてくれ。”
”在タイ韓国人が経営する韓国料理屋さんは、タイとは思えない不潔で汚くかわいくもないお店がほとんどなので嫌です。行きたくありません。一切興味はありません。”
”お前に韓国料理の美味しさを証明してやる!”
”そんなこと言って良いの?いつものことだけど韓国人特有の自信満々な態度だね。”
”デヘヘヘヘヘ。俺達韓国人男性はいつも自信があってかっこいいだろう?韓国人男性はみんなかっこいいと自信を持っている!日本人男性は友人もいないもてない男性だろう?”
(信じられないかとは思いますがこの台詞は本当に何度も言ってました。自分から言います。以前部分的に書いた通りです。日本人男性と勝手に比べて勝利宣言をする。この文化は一体何だろう?)

”本当に韓国料理が美味しいと証明出来るの?”
”もちろんだ!デヘヘヘヘヘ。”
(アダルトビデオのことを思い出しながら斜め右上を見て不気味に笑う時と同じいつもの笑い方です。お馴染みの笑い方です。)
”分かった。証明出来るなら行く。”

-ここでattentionです。-
私がそちらの韓国人男性と外出出来る理由は、日本人を守ってくれるタイ・しかも日本人を守ってくれるタクシーの運転手の方・そして繁華街にあるレストラン・トンロー警察署が近いからです。日本やもちろん韓国にいると考えるとどの様なことがあっても韓国人男性と外出などしません。日本や当然韓国では日本人女性が守られることはないでしょう。守られるのは皆様ご存知の様に当然韓国人か在日韓国人だからです。でもタイは違います。日本人を守ってくれます。ですので日本にいらっしゃる日本人女性の皆様は、私の様に証明がどうたらこうたらと感じてバカにして見下しての韓国人男性と外出はどうかなさならいでください。もちろんなさらないのは存じてますが、念の為に・・・

少し話がずれました。

「証明してやる。」私はこの言葉に弱いんです。どうしても勉強と考えてしまうからです。証明してくれるなら当然結果が出てきます。韓国相手だとこんな風に考えてしまいます。レポートを仕上げる過程としか思えないんです。その韓国人男性に対して個人の感情は一切ありません。

授業が終わってそのまま韓国料理屋さんに行きました。
”ここだ!”
”汚い・・・やっぱり日本語でいっぱいお店の外にもメニューの案内等がしてあるけど。”
”汚くても良い。味が一番大切だ!どうして女性はお店のインテリア等にこだわるんだ!本当に女性とはバカだ!”
”はい。私はバカな女性です。私のタイ人男性の友人で食べ歩きが趣味の方がいます。彼はいつもお店のインテリア等もチェックしています。だから彼は男性ですがバカですか?”
”ふん!(本当に「ふん!」と言うんです。)タイ人のことなんか知るか!”

そして店内に入りました。タイなのに全然フレンドリーな店員の方々ではなく本当に驚きました。皆様ムスーっとされて生気の無いお顔をされていました。

”テーブルが汚い。何ここ?”
と韓国人男性に言った時、韓国人の経営者?の中年男性の方が奥に見えました。絵に描いた様な典型的な整形前の韓国人男性のあのお顔です。
”デヘヘヘヘヘ。汚いのも愛想が無いのも当然だ。”
”何で?”
”韓国人経営だからだ!デヘヘヘヘヘ。”
”何で韓国人経営だったらそうなるの?”
”それが韓国だからだ!韓国人経営者に怯えて仕事をしているのだろう。それも韓国スタイルだ!”
自慢なのか何なのかは分かりませんがかなり興奮して薄気味悪い笑顔でそう話していました。

”お前は何を食べたいんだ?”
”別に。あなたが韓国料理の美味しさを証明してくれると言うから来ただけ。早く証明してよ。”
”分かった。お前が好きそうなのを注文してやろう。”
”どうやって私が好きそうなお料理を知るの?”
”女性はバカだから黙って男性が言うことを聞いておけ。女性が好きな料理を男性は知っている。女性は全員バカだ。”
”はい。私はバカですので早く証明なさってください。”
”本当のことを言って何で不愉快になるんだ?女性なんか長男を出産した後は何の為に生きているんだ?法事とお盆と新年の料理要員として生きているだけか!デヘヘヘヘヘ。”
”最低だね。”
”何でだ?韓国人女性の人生はそうだが?日本は違うのか?今までの俺の人生でこんなことを言って不愉快になったのはお前だけだ。韓国人女性なら当然のこととしてこの様な話を聞くが?女性なんか昔は学校にも行けない存在だったくせに。女性が出来ることは出産だけだ。それしか脳が無い。”
”韓国人女性の人生と言われても・・・私は日本人女性ですが。”

女性の皆様は怒らないでいただきたいのですが、心理学という視点から考えれば男性が女性をバカにするというのはある意味当然のことで、それはご存知の様に学問的にも証明出来ることです。韓国人相手には大変冷めた目で学問の観点からご覧ください。

ただ私の経験からですと、韓国人男性の女性に対する発言というのは本当に独特でひどすぎて最初は驚きました。この時点では慣れていたので、”また言ってる。”としか思いませんでしたが、異常に「女性と長男出産・女性と法事等でのお料理・女性は全員バカなので感情を持つ必要は無い。何故なら男性の言うことさえ聞いておけば良い。バカな女性を男性が正しい方向に導く。」ということを言います。「韓国ではどの感情を持つかは夫が決めるので妻は感情を持つ必要は無い。必要無い女児をお嫁さんが続けて生むと長男が生まれるまで出産させないといけない。そうなると頭が痛い。」と言われました。楽しくない。

以前も書きましたが突然わめいてその様なことを話してきます。一切関係ない話題をしていてもです。本当に独特です。男性から、いつもいつも出産に女性の人生がどうのこうの・・・あとは男性が結婚後女性を買うことは当然のことでどーたらこーたら。しかもそれはその韓国人男性からだけではなく韓国人男性の認識はそんなものだと言われました。何故女性(この場合は私です。)に嫌われるかもしれないのにそれを言うのかというと、それが事実でバカな女性にそれが事実だと教えないといけないからだそうです。

でも、「出産で亡くなることもあり痛みを伴ってまで長男を出産しないといけない女性という存在が笑える。」と言われて(実際笑われましたが。)、「そうですよねー。」と笑って答える女性はいないと思います。私の周りでは韓国人男性以外は男性でもそのことを聞いて怒ってましたが・・・そして一般的に、そんなに出産の話をしてくる男性というのはいないと思うのですが。どんな時でも結婚と長男出産と女性に対して直接女性を貶す。貶すというか女性をとにかく直ぐに出産と結び付けてバカにする。結婚=長男出産。本当にこれだそうです。

でもこの世界で韓国人男性だけは上記の様なことを女性に言っては駄目です。何故なら日本と韓国のマスコミによると、韓国人男性は兵役があってたくましく女性に優しく日本人男性が嫉妬するかっこいい男性なんですよね?その様な発言が女性に甘いですか?だから女性に甘く優しい韓国人男性だけはそんなことを女性に言ったら駄目ですよね?本当に嘘のプロパガンダばっかり。

そして韓国人男性が注文したお料理は・・・何か日本の雑炊?と思われるもの。冷麺でしたっけ?韓国風お好み焼き。それと何か・・・覚えていません。

まだ食べたいか聞かれましたがそんなに食べられるわけありません。その前に本当は少しも食べたくなかったけど韓国料理は美味しいと証明するとの約束です。食べないと本当に美味しいのか分かりません。

まず雑炊みたいなの。韓国人男性が、ヘルシーでどうのこうので女性が好むのがどうのこうのと説明してました。詳細は忘れました。忘れるなんて無責任で申し訳ありません・・・何か大きい鶏肉が入っていました。雑炊と感じました。でも日本の雑炊とは味が全く違う。何と言ったら良いか・・・繊細さが無い。盛り付けにしても何にしても。「ドーン・グチャ・色彩無し・混ぜる」次に韓国の冷麺。別に・・・それから韓国風お好み焼き。へぇ・・・それと、もはや覚えていない何か・・・

”日本が夢中な韓国焼酎を飲みたいか?”
”以前韓国の誇りと言っていたカルビを自慢された時にも聞かれたけど全く興味ない・・・私お酒飲めないし。”
”チッ。”
”もう食べないのか?少ししか食べてないじゃないか!”
”そんなに食べられるわけない!”
その後その方が全部、特に雑炊みたいなのは混ぜて混ぜて食べてました。

韓国料理は美味しいと証明してくれると言ったのに全然美味しくなかった。やっぱり嘘だったと思いながらタクシーに乗って帰ろうとすると、

2へと続きます。

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、韓国料理です。
関連記事

タグ : 韓国料理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。