スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が代(国歌)とプロポーズ。2

2012/05/08 (火)  カテゴリー/●私の留学先(タイ)にいた韓国人男性。

前回からの続きです。ちなみに前回は、君が代(国歌)とプロポーズ。1です。

私がやっと見つけた空車のタクシーに乗ろうとすると・・・

”ちょっと待ってくれ。”
”何か?”
”お前はこのストリートが好きだと聞いた。”
”トンローのこと?”
”そうだ。”
”好きというか、お気に入りのタイ料理レストランがあるという理由が一つ。それと、このストリートにはウエディングドレスのお店がいっぱいあって歩いている時にきれいだなーっと見ることが多い。それだけのこと。結婚はまだまだ卒業してから先のこと。(もし私が結婚できればの話ですが・・・)”
”このストリートを一緒に歩いてくれるか?”
”嫌。”
”せめてスタバに一緒に行ってくれ。”
(私はこのストリートに少なくとも3つはあるスタバのある支店が好きなんです。それを知っていた様です。)
”嫌。”

”これを見てくれ!”
”ipod?韓国の誇りのサムソンのを買わなくて良いの?”
”デヘヘヘヘ。サムソンより日本製とアップルが良いなんて韓国人ならみんな分かってる!”
”昔そう言ってたね。あなたのカメラは日本のメーカのだもんね。で?”
”一緒にipodでゲームをしてくれ。頼む!”
”はぁ!何で?”
”俺の夢は彼女とipodのゲームで楽しく二人で遊ぶことだ!頼む!”
私は引きました。まさか私の人生で男性からあんなにも真顔で一緒にゲームをして欲しいと必死で頼まれることがあるとは思わなかったんです。
”あの・・・私はあなたの彼女ではないのですが、何度言ったら分かります?”
”とにかく一緒にスタバでゲームをしてくれ!”

皆様は今お笑いでしょう・・・でもその方のその時の顔が余りに真顔でそんなにも楽しいゲームがあるのかと思った私は思わず、
”そんなに楽しいゲームがあるの?”
”いや、弓矢で敵を殺しストレス解消をするゲームだ!”
”やりたくない・・嫌だ・・”
”でもお前とやりたいのはこの二人で対戦するのだ!”
”このボールの?”
”そうだ!”
”嫌だ・・・気持ち悪いよ。スタバであなたと二人でipodでゲームって・・・嫌だ。同胞の世界第2位の美人の産地である韓国の韓国人女性(韓国発のソースによる。)としてよ。”
”スタバに行く位良いじゃないか!”
”嫌!だってあなたとそこでゲームするなんて気持ち悪い!”

日本人女性は韓国人男性には即OKで性交渉をするとのプロパガンダ(フジテレビ)ですが、私(しかも不細工な顔の私)からゲームをすることさえ断られている韓国人男性がその様にいますが・・・

私は歩き出しましたが、あのトンローの通りは全くタクシーが捕まらない時間帯があるんです。その時間帯でした。空車のタクシーが来るのを捜しながら歩いていると、近いというのもありますがとうとうそのスタバ前まで来てしまいました。もちろん韓国人男性が後ろから追って来ます。そして・・・
”ここはスタバだ!”
”そんなの見れば分かるわよ!”
するとちょうど店員の方が、ストリート沿いの外の座席のお掃除をされていて、
”いらっしゃいませ!”
入るしかなくなりました。
そちらのスタバはお客さんが0人の時もあります。タイでもスタバは人気がありますがそこの支店だけは本当に静かで一軒家風でそれで好きな支店なのですが・・・案の定お客さんは誰もいませんでした。

”自分で払います。あなたには一切払ってもらいたくありません。私達は他人同士なので。払ってもらうのは迷惑です。”
”払わせてくれ。”
”嫌です。”
”何でだ!俺が払わなければ恋人同士とは言えない!”
”だから、私はあなたの彼女ではありません。”
”韓国では男性が全部払う!”
”だから?別に男性が全部払う必要は無いと思いますが。今回は男性。次回は女性。もしくは割り勘。もしくはその時お金を持っている方が払う等々。様々な形があって良いと思いますが。韓国の価値観が世界の価値観ではありません。”
”うるさい!”
”はい。私はうるさいです。私を無視してください。”
”お前は女性のくせにいつも男性の言うことを一切聞かない!お前は本当に日本人女性か?日本人女性はアダルトビデオから従順なはずだ!”
”申し訳ないんですけど、ここは女性ほぼ全員が売春婦の国韓国ではないので公共の場でアダルトビデオと発言するのは止めていただけますでしょうか?”
”お前は女性らしく大人しくしとけ!”
”だから私を無視してくださいと言っているではないですか!”
”もう良い!とにかくお前の好きなその○○○○○を飲め!”
”私が払ったものに命令しないでください。言われなくても飲みます。指図は要りません。”

そして・・・
”じゃあ、このゲームを一緒にしてくれ!”
”まだそのことを言ってるの?”
”お願いだ!頼む!”
”一緒にゲームをするなんて嫌です。”

すると・・・
”じゃあ、これを見てくれ。お前の趣味はピアノだろう?ピアノのアプリだ。弾いてくれ。”
”嫌です。”
”お前はピアノを弾くなんてなんて素敵なことなんだ!”
”日本人女性はピアノを習うことが多く何も特別なことではありません。韓国は違うの?習うことは売春婦になることだけなの?韓国人女性は売春婦養成学校に行くの?”
”うるさい!とにかく弾いて欲しい曲がある。”
”弾かない。”

”日本の国歌を弾きながら僕の為に日本の国歌を歌ってください。聞きたいです。お願いします。”

その瞬間私は固まりました。もう何を言われても固まることは無かった私です。どれだけアダルトビデオのことばかり話されて日本人男性と日本人女性を繰り返し侮辱されようと固まらなくなっていた私がです。(日本人女性の職業は皇室の方々も含めてアダルトビデオ女優になることが夢だと韓国では認識されていると言われる・日本人男性の夢が娘をアダルトビデオスターにすることだと韓国人は思っている等です。)どれだけその様なことを言われたり、もしくは韓国のことを自慢されてそれが大変バカらしいものであっても一切固まらなくなっていた私がです。でも本気で固まりました。その上恐らく史上初でしょうか丁寧な英語で頼んで来たのです。

私は本当に固まっていました・・・そして皆様も、大変失礼な申し上げ方ですが恐らく信じられないのではないかと思います。

”歌ってくれないんですか?”
”念の為に確認しますが・・・日本の国歌を歌って欲しいとしかも丁寧な英語で仰いました?”
”今誰もお客さんはいないし恥ずかしくないだろう?”

ipodを手渡されました。そして・・・

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、必死な韓国人男性です。
関連記事

タグ : 必死な韓国人男性

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。