スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス!

2012/05/18 (金)  カテゴリー/●韓国国家ブランド委員会提供の捏造韓国人気。

パリ・・・

私はオードリー・ヘップバーンのパリの恋人という映画が大好きです。とっても昔の映画ですが、彼女についてはあらゆる世代の女性が一度は夢中になったことがあるのではないでしょうか?未だにファッションアイコンでもありますよね?

韓国人に言わせると、日本人女性は韓国に夢中とのことですが私は夢中じゃないです。どうせ夢中にならないといけないならパリの方が良い・・・食事も美味しそうですよね。韓国に夢中と言われるのは日本人としての自分の名誉が汚されている様に感じる。

皆様ご存知でしょうがフランスも韓国に夢中ですよね。(韓国発のソースによる。)食事に関してもフランス人の皆様があの臭いキムチがあり韓食に夢中でどうのこうの。(韓国発のソースによる。)ソースはご紹介しなくても皆様の方がご存知だと思います。別に良いと思います。韓国人がフランス人の皆様が韓食(キムチ)に夢中と思いたいのなら。

最近父と電話でフランスの話をしていたのですが、その中で、
”パリの味・増井和子氏著/丸山洋平氏(写真)・文春文庫ビジュアル版・1988年8月発行
という、父が大昔に買った本を出して電話口で話していた様です。

ジョエル・ロビュション氏のお話が出てくるのですがそのお話がすごく素敵なんです。その当時三つ星レストランとなる少し前だったそうです。

P.26~P.27より引用。(もちろんその当時の昔のことです。)
”料理は、目・耳・口・鼻・触ー五感のすべてです。こんな職業がほかにあるでしょうか。”
”四十歳になったら、あなたは<三ツ星>をもらうでしょう。”
”そう思いますか?”
”賭けませんか、シャンパンを一本。”
私の申し出を彼は微笑みでうけた。

いつもご紹介する韓国人男性の会話(24時間アダルトビデオのことのみ)と違って素敵な会話・・・たまには私のブログも美しい言葉が必要でして。韓国が絡まなかったらこんなに美しいことを書けるなんて・・・

ジョエル・ロビュションは一年に四回メニューをかえる。自宅の書斎にこもり一時間くらい机に向って集中する。旬のもの、新しい材料、いままで作られたことのない料理。そしてまずは味、つぎに盛り方を決める。ここの素材のクラシックな知識が創作のベースになる。トマトの味とはなにか。りんごの味。鱈の味。シャンピニオンの味。鴨の肉汁の味。ケチャップの味。マヨネーズ・ソースの味。素材の味は、絵描きにおける色だ。絵描きが色を知っているのとおなじではないか、とジョエル・ロビュションはいう。

引用終わり。

ジョエル・ロビュション氏も韓食(キムチ)に夢中でいらっしゃるのでしょうか?

以前も書きましたが、留学先にいる韓国人やその周りにいる韓国人は、和食で”出汁をとる”というプロセスがあることにとても驚き感動していました。

なのにフランス人の方々も、韓国人が言う様に、やっぱり韓国に夢中なのかな・・・

「料理は、目・耳・口・鼻・触ー五感のすべてです」とのことですので、どのように韓国料理に当てはめましょうか?キムチ-目-赤/キムチ-耳-ペチャクチャ/キムチ-口-臭い味/キムチ-鼻-臭い/キムチ-触-韓国のお嫁さんの辛い作業。キムチを必死で作る。(留学先にいる韓国人男性の話による。)というところでしょうか?

韓国人乗客いっぱいの機内-ひたすらキムチ臭い(異臭)-タイでの経験による。(バンコク・チェンライ線)エールフランス-エコノミーでも、離陸前にすごく良い香りのスプレーをしてくれる。

パリ-フランスのレストランも訪れたくなりますよね。ニューヨークから自家用飛行機で飛んで来られる方々もたくさんいらっしゃいますし。韓国-現在も排泄物から作られたお酒。

どうやってフランス人の皆様が韓国に夢中になるんですか?韓国人は本当に調べてるの?フランスのこと・・・妄想・・・いつもの妄想・・・

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



韓流スター情報。
yuuyuu様より。”日本がとてつもなく高額で放映権を買ったチャングンソクのドラマが、韓国で視聴率5%だそうです。”とのことです。
関連記事

タグ : フランス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。