スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-お詫びと訂正-韓国人男性はやっぱりモテモテでした:P LOL

2012/06/29 (金)  カテゴリー/●私の留学先(タイ)にいた韓国人男性。

こちらのブログでタイが登場する時、いつもは本当に真面目な話題でタイのことを書いていますが今日はあえて少しふざけて書きたいと思います。

タイ・・・多くの方がご存知の様にいわゆる何と言ったら良いのか・・・同性愛の方々が多くいらっしゃいます。私はそのことに偏見は一切無いですし思うことは別に何もありません。デパートのお化粧品売り場でも普通に女性の様に見える男性の方々、要するに何と言ったら良いのか・・・日本語では表現が難しいのですがおかまの方々が普通に接客をされていますし。大変お勧め上手で私も予算以上のお化粧品をいつも買わされるというか・・・”何てきれいなんだろう・・・”と見とれることも多々あります。エンポリアムというデパートのお化粧品売り場のあるお化粧品のブランドの売り場で、”この口紅の色かわいい!”と思って見ていたら、その時その売り場にはおかまの店員さんお一人で他の方に接客をされていました。”お客様、ちょっとお待ちになってね!逃げないでね^_-”とウインクをされたこともあります。日本ではありえない会話でしょうが・・・何と言ったら良いのか・・・本当にきれいなんです。

タイ人の方々が、”整形サイボーグの韓国人女性芸能人よりもタイのおかまの方が何倍も美しい。”とよく仰いますが本当にその通りなんだと思います。

アパートを引っ越す前のお話なんですがよく行く薬局がありました。その薬局が好きだった理由は、かわいい犬がいることとその薬局の男性オーナーがとってもフレンドリーで大好きだったからです。ただ・・・そのオーナーの方はいわゆるおかまの方で、”あら?ちょっと太ったのかしらぁ?”・”あら?痩せたわねぇ。どうやって痩せたのぉ?”・”あら?そのお洋服かわいいじゃないのー。”等といつもお世辞でもフレンドリーに話しかけてくださいました。私も、”今日は一段とおきれいで・・・”・”前回来た時よりも本当におきれいになった・・・”等挨拶としてしていました。そしてとにかく犬がかわいくて、たまにおもちゃを買って遊びに行くほど好きでした。

あれはもう大分前。放課後にぼーっと帰宅していました。薬局でサプリを買おうと思ってその薬局に行く途中だったのですが、いつも登場する留学先にいる韓国人男性が突然現れました。
”何よ?何か用?”
”デヘヘヘヘヘ。これからどこに行くんだよ?”
”あなたには関係無い。急いで帰宅して宿題。”
”デヘヘヘヘヘ。俺が荷物を持ってあげるよ。”
”気持ち悪い。どっかに行ってよ。私今から薬局に行かないといけないし。”
”デヘヘヘヘヘ。俺も。”
”離れて歩いてよ。”
”デヘヘヘヘヘ。俺はまるでストーカーの様だな。デヘヘヘヘヘ。ストーカーか。デヘッデヘッデヘヘヘヘヘ。フフフフフフ。デヘヘヘヘヘヘ。”
↑大袈裟に書いているのではなく本当にこの様に話すんです。気持ち悪いんです。

-ここからはタイ語で会話が行われています。-
薬局は直ぐそこだったので直ぐに着いて、そこでもその韓国人男性を見た途端に犬がうるさく執拗に吠える。普通は吠えないで擦り寄って来るかわいい犬なのに・・・
”こんにちはー。”
”こんにちはー。ご機嫌いかがぁ?”
”元気です。相変わらずお美しい・・・”
”やーねー。今日は何が要るの?お世辞が美しかったから少し割引してあげるわ!”
”ありがとう。マルチビタミンください。”
”マルチビタミンね。あら・・・?その方だあれ?”
”知らない人です。”
”知らない人って・・・あなたの方をあなたの真後ろで見てるわよ。”
”変な韓国人男性なんです。気持ち悪いでしょ?”
”うーん・・・私にはけっこうタイプよ。”
”えええ!何でー?!”
”・・・かっこよくは全然ないけど若くてかわいいじゃない。”
”じゃあ、彼全然もてないから恋人になってあげたらどうですか?ここタイで友達も一人もいないし。気持ち悪いからみんなが嫌うんです。”
”良いのかしら?ちょっと聞いてみなさいよ。若くてかわいじゃない。”

-ここから会話が英語となります。-
”あのさ。”
”デヘヘヘヘ。何だ?今俺の方を二人で見ていただろう?”
”うん。見てた。彼、いや・・・彼女があなたに興味があるって。”
”何?でも彼はどう見てもおかまじゃないか!”
”うん。そうだよ。彼って言ったら駄目だよ。彼女って言いなよ。彼にいや違う彼女に失礼だよ。”
”俺は男性には興味が無い!”
”性の違いなんてそんなこと重大なことじゃない。良いじゃない。彼女があなたに興味あると言ってるのだから。韓国人男性には滅多に無い恋人を作るチャンスだよ。”
”断る!”
”断って良いの?これを逃したら恋人ができないよ。”
”うるさい!”

-ここから会話がタイ語となります。-
”あの・・・もう少しくどいてみたらいかがでしょうか?”
”あら・・・ってことは私を断ったってこと?”
”うーん・・・”
”若くてかわいいわ。私がデートしてあげるのに!”
犬がおとなしくなって吠えなくなったのでふとドアの方を見ると韓国人男性が逃げていました。

韓国人男性は逃げるほどもてる。これは本当でした。お詫びと訂正を致します。韓国人男性は、おかまの方お一人と新興宗教を勧誘しようとしていたランドリーショップのオーナーの女性の友人(騙し易いと思ったらしくその韓国人男性だけを執拗に勧誘していたそうです。アダルトビデオの演出を全て真実と信じることができる韓国人男性と私から聞いて、それだったら愚かだから騙せると確信したと。)、計お二人からはモテモテでした。

こちらのエントリーはタイ留学日記で書こうと思っていたのですが韓国人男性が登場する為こちらに書きました。たまには真面目でない話題も書きたいので・・・

こちらをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。



今回の韓流情報は、タイでの韓流モテモテ情報でした!
関連記事

タグ : タイでの韓流

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。