スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんの1回だけ真面目にその方のお話をお聞きした時。

2012/10/18 (木)  カテゴリー/●私の留学先(タイ)にいた韓国人男性。

あれはかなり昔のことでした。たとえ本能的に気持ち悪い韓国人であっても親切にしなければと思っていたあの頃・・・(ちなみに現在では、誰に何と言われても韓国人にだけは一生親切にしないと決めています。日本国にも韓国には一切関わっていただきたくないです。)

ある時授業が終わって教室の外に出ると、私の留学先(タイ)にいらっしゃった韓国人男性がまた来ていました。多くの場合は、仲の良いクラスメイトやその他のクラスメイトの友人達と一緒に教室の外に出ますが、それぞれ用事がある時もありますしたまには一人で教室を出る時もあります。その時は教授に用事があって一番最後に教室を出たのですが、その教室の外にいらっしゃった韓国人男性の佇まいが尋常ではなかったんです。下を向いてくらーい感じで、”話しかけて!”というオーラだったんです。あの時は私はまだ優しかったので、話しかけて欲しいんだろうなぁ・・・と思って、

”一応聞くけど、どうしたの?”
”俺には女(性)がいない。”

そんなことを言うだけの為にわざわざ待っていたのだろうか?・・・と思いながらも慰めようと思って、
”いつの日かあなたを愛してくれる女性が出てくるよ。もしかしたら、あなたのことを好きな女性が恥ずかしくてあなたへの想いを隠しているだけかも。もしかしたらの話だけどね・・・”

後で考えると笑える会話なんですが、あの時は私は真面目に慰めていたんです。皆様笑われるとは思いますが、私は上記の台詞を他の場面でも何度も言ったんです。どうにか元気を出してもらおうと思って・・・今思えば、上記の台詞が慰めになると思っていたなんて、私は一体何を考えていたのだろうか?と思います。しかも私は大真面目に言ってたんです。今考えると本当にお笑いですよね。

”そんなことはない。”
”・・・多分いつの日かあなたを愛してくれる女性が韓国で現れるよ。”

こちらの会話を10回程度繰り返して・・・

”誰も俺のことを愛してくれない。”
”韓国人男性はモテモテだと言ったり俺のことを誰も愛してくれないと言ったり、一体どっちが本当なの?”
”俺はモテるが俺が相手にしない。”
”へぇ・・・”

”今日はお前に話があるんだ。”
”何ですか?”
”韓国料理屋さんに連れて行ってやる。”
”嫌。タイでも韓国料理屋さんは汚いもん。なんちゃって日本語の看板もいっぱい出してるし。”
”じゃあ、お前の好きなカフェに連れて行ってやる。”
”嫌。カフェで楽しくおしゃべりするなんて高度なこと韓国人はできない。しかもあなたとカフェに行くなんて楽しくない。”
”・・・イタリアンに連れて行ってやる。”
”嫌。韓国人はきれいに食べることができない。”
”スタバで良い。”
”スタバがどうのじゃなくて、あなたとが嫌だ。”

私は本当に正直に全部上記のように言いました。それでもその韓国人男性が珍しく火病を起こさなかったのは、後で分かったのですが、「韓国では、愚かでしかない存在であると定義される女性」の私が言っている発言なので仕方ないと思っていたそうです。様々な思考回路を使って、日本人女性が韓国を嫌いだと思っているとは絶対に認めません。

”大切な話があるんだ。”
”大切な話って何?”

廊下で話していたら、たまたま通り掛った生徒等に、私がその韓国人男性を好きだとか思われたら嫌だなぁ・・・と思って、
”あの・・・教室で話してくれる?”
と言いました。

今だから思えることですが、あの時だけは本当にありえないほど思いつめた顔をしていたんです。

”どうしたの?”
”俺は大親友も含めて全員に秘密にしていることがある。最大の秘密で誰にも言っていない。俺はそのことで本当に苦しんで、何で俺がそこまで苦しまないといけないのだろうかと思った。”
”・・・”
”お前にその最大の秘密を言おうと思う。”
”本当に最大の秘密なのかは知らないけど、どうして私に言うの?”
”お前と結婚するからだ。”
”え・・・?いつそうなりました?”
”お嫁さんになる女性にはそれを言わなければならない。どちらにしても分かるからだ。”
”よく分からないけど、そのような大切な秘密をお聞きしようとは思いません。失礼ですが興味がありません。”

韓国人の特徴で、ご自身が○○だと思われる幻想は○○だと事実となりますので、その方が話したいことは私も聞きたいと思っているはずだ。=私も聞きたいとなります。どの分野でも、韓国人が、”○○だったらなー・・・”と思うこと:幻想=事実となります。それは皆様ご存知の通りです。

誰もいない教室は本当に静かで、たまに廊下を警備員の方が歩いていらっしゃいます。みんなが一生懸命プレゼンする為のスクリーンも単なる大きな物質となり、ただただ静寂があるだけです。

”俺にはお母さんがいない。”
と、突然その方は本気で声を震わせて涙を流しました。私は大変驚きましたが韓国人の演技には慣れているので特に何も思いませんでした。どうせ虚偽の演技だと思ったからです。でも、

”両親が離婚したことは誰にも話せない。”
そこで分かったのですが、お母様がいらっしゃらないとはご両親が離婚されていることでした。でもその方は離婚という言葉よりも、”お母さんがいない。”との言い方を強調されました。

”もしその話が本当なら、ご両親はいつ離婚されたんですか?”
”小学生の頃。”
”小学生位の子供の頃にご両親が離婚されたのなら、本当にお辛い思いをなさっただろうと同情します。”

その表情が苦痛に満ちていてその時は演技だろうと思っていたのですが、その方のことについて過去の様々なことを今考えると、その時だけは演技ではなかったと思います。

”大親友にさえ誰にでも、お母さんがいないと打ち明けることができない。大親友は気付いているとは思う。”
”失礼ですが、どうして大親友にさえ言えないんですか?”
”・・・”
黙って下を向いていました。

後で分かったのですが、韓国の場合は離婚後の多くの女性の職業は売春婦だからです。もしくは売春宿での呼び込み等です。日本人女性のことを全員がアダルトビデオ女優だと罵倒する割りには、ご自身のお母様が売春婦であるとは言えなかったようです。

”大切な大親友にきちんと話して、その辛さをお話されてはどうですか?私にも、両親は知らなくても大親友は知っている秘密があるし、大親友の秘密をその方のご両親は知らなくても私は知っていることがあります。大親友ならきっとあなたの力になってくれると思います。”
”言えない。”
”どうして?”
”・・・”

もしかしたら、日本に好き好んで売春に来ている韓国人女性売春婦のお一人がその方のお母様かもしれません。離婚した女性も売春婦としてよく来日されます。

”結婚相手には、お母さんがいないことを先に言っておく必要がある。どうせばれるから。”
”・・・”
結婚相手とは一体何のことだろう?と思いながらも聞いていると、

”俺の2歳までの写真は1枚も無い。”
”・・・”
”多分、どうにかしてお母さんが全部持って行ったんだと思う。”
”・・・”
”離婚したら、子供には会えなくなる。”
”離婚しても、お母様はお母様なのに会えないの?”
”離婚した女(性)なんかにそんな権利があるか!”

私は本当に驚きました。

”だから、お姉様が事故で入院されたと話していた時にお母様だけは登場しなかったの?”
”・・・そうだ。”
”事故に遭ったら、悲しい話だけど大変なことになることもあるのに、あなたのお母様はあなたのお姉様に会えないの?”
”うん。親戚みんな来ているのに、あんな離婚した女(性)なんかが入る余地は無い。”
”親戚と言っても、韓国じゃ父方の親戚のみが来るんでしょう?”
”女(性)なんか出て行った人間は一切こっちの家には関係ない。だから俺のお姉さんも要らない子供だ。女(性)だからだ。どうせ結婚して出て行けばこっちには一切関係無いし、韓国ではきちんと、男児と女児を区別して男児を大切にするようにしてお金もかけて育てている。だからお前の両親が、お前の家に長男がいるにもかかわらず女の子のお前なんかを大切にする様子を見てとても驚いた!女児なんかを大切にするお前のお父さんは腐った男(性)だ!”

私は大変驚いて声が出ませんでした。日本では、韓国は女性に優しい夢の国だと日韓によるプロパガンダが行われているのに、離婚後の職業はほぼ売春婦か売春宿に携わるお仕事で、その為にご両親が離婚されていることを大親友にも話せず、その上それを恥じて、”俺にはお母さんはいない(元々存在しないと同じ。)”として扱う必要があるなんて・・・私は本当に混乱しながらも、その短い時間の中で改めて日本に生まれて良かったと心から感謝しました。女児を大切にしたら腐った男性って・・・

”だから俺のお姉さんも、長男の俺とあまりに差があるといつも不満を言っている。韓国の女(性)の人生なんてそんなものだ。”
”!!”

”最近ではお母さんなんて必要ないと本気で思っている。たまにお母さんが電話をしてくるが、「何の用だ?」と思っている。”
”じゃあ、これからお母様とは会わないの?”
”必要ない。あんな女(性)。”

”でも俺はとても苦しんだ。どうして俺がこんな目に遭わないといけないんだと。両親が離婚しているなんて恥ずかしくて言えない。”
”失礼かもしれないけど、あなたの人生最大の困難を話すことができない大親友なんて、本当に大親友なの?私があなたの立場であれば、私の日本人・タイ人・アメリカ人の大親友に私はそのことを話すよ。何故ならそれが人生最大の困難なことだから。日本人もタイ人もアメリカ人の大親友もよく、「シェア」をすると言うよ。辛いことだからこそ気持ちをシェアして大親友を慰めたり元気付けたりするんだよ。みんなが理解してくれなくても大親友にだけは言えることもあるんだよ。韓国人はそれをできないの?”
”そうだ。”

あまりに正直に、”そうだ。”と言われたので驚きました。そんなところでも韓国独特の虚栄心(韓国が好きな言葉の自尊心)があるのかと思って、何てお可哀想なんだろうと、本当に嫌味ではなく純粋にお可哀想だと思いました。その方がそこで火病を起こさなかった理由は、その方が仰った韓国の真実の一つ、”大変生き難い社会である(今回の場合は大親友さえ信用できず見栄を張る必要がある。)”の一つであったからであろうと思われます。

韓国の離婚率は大変高く、どのエントリーで書いたかは忘れましたが、その時点では確かOECDで離婚率1位だったと思います。純粋な疑問として、離婚後の生活がそこまで厳しいのであれば(はっきりと言えば離婚した女性として「本物の」差別をされる。その差別はイスラム教も顔負けと聞いたこともありますが・・・)、離婚はしないのではないか?その上韓国では職を探すことが大学卒業後でも難しいのに?と思われるかと思います。私も最初はそのように思いました。でも今では理解しましたがそれでも離婚する理由は、

1.多くの韓国人女性の趣味が売春であること。(専門的に調べて行くと、本当に趣味なんだなと分かります。)
2.離婚してでも夫の暴力から逃げたい。(恐らくその方のお母様も大変な暴力を振るわれた可能性があります。)

ではないでしょうか?最初はいくらなんでも単純過ぎる思想では?と自身に対して思いましたが、本当の韓国を知ると、単純過ぎる思想どころか、韓国でのことであれば標準的な思想であると理解できます。

日韓のプロパガンダで、どうしてそこまでして日本人女性は韓国人男性に夢中とし、最終的には日本人女性と韓国人男性を結婚させたいのかはソースと共に以前書いてはおりますが、あまりに韓国のことを美化し過ぎではないでしょうか?韓国人女性でさえ国外等に逃げ出したい韓国社会(憎い日本で売春婦になってでも。)は、日本人女性にとっては更なる地獄だと思います。日本人女性であればそこに+して、強制的に親族中で謝罪をさせられる・日本人というだけで「本当の」差別を韓国社会でされる・日本人というだけで「性暴行」の対象となる・夫に殴られても女性親族からでさえ、”日本人女性であれば殴られて当然。”と言われる・・・等々なのですから。

日本人女性であれば簡単に騙せると思う日韓のプロパンガンダのその思想の根本には、上記韓国でのありえない思想と事実は日本には無い為、日本人女性はその韓国の真実を真実だと気付くことが無いはずであり、もし真実だと何等かの情報等で知ることがあっても、あまりに日本とは違う価値観の為その真実を信用しないだろうとの、ある意味先を読む戦略もあると思います。韓国の真実など日本とは違い過ぎて信用しないであろうとの楽観視です。その為に韓国の真実を書くブログ等は攻撃を受けます。

韓国人男性が女性に優しい紳士なんて、プロパガンダは事実の正反対とはよく言ったもので、事実ではないからプロパガンダをする必要があるんです。ただその韓国のプロパガンダの中に事実が一つだけあるのですが、”韓国人男性は「結婚するまでは」大変甘く優しい。”です。プロパガンダ内では、「結婚するまでは」との文言が除かれています。私ははっきりとその韓国人男性の口から聞きました。またそれが、一般的な韓国人男性の認識であり韓国では一般的な考えであるとのことです。その方は私がインターネットを通して韓国人男性の事実を知っている為、驚いてはいたものの隠せないと白状なさったのですが、

”確かに韓国人男性は結婚するまでは優しい。なぜなら結婚後はお嫁さんが言うことを聞かなければ殴って躾ければ良いだけだしそれが韓国社会だ。だから結婚までは恋人にたくさんわがままを言わせてやるしこちらも甘いことを言ってやる。結婚後は好きなだけ殴ることができるからだ。結婚後の韓国人女性の生活は夫の親族に仕えることであり、年中何回も親戚で集まる度に、未成年の男性親族からおじいさんまで、「親戚の集まりで俺達が寝て食べて酔っ払って眠って楽しく話して過ごしている時に、お嫁さん達(その方にとってはおば様等です)は一切休まずに一生懸命働いている。バカが1日中休まずにどんどん料理を作ってテーブルに持って来る。俺達は太るだけ。お嫁さん達は俺達が酔っ払って寝ている時も一生懸命一切休まずに雑巾がけ。ご飯も俺達男性親族が残したのを食べる。」と男性親族で笑ったりする。女(性)になんかなりたくない。”これが大学生の発言です。私は一応、”ほんの少しでもお嫁さん達を座らせてあげたりしないの?”と聞きましたが、”韓国人女性の人生とはそんなもので、それが韓国社会だ。”と言われました。

それを知っている韓国人女性は、韓国人男性と結婚する運命から逃れられないのなら、せめて優しくしてもらえる結婚前はお姫様のようにわがままを言ったりするわけです。結婚すれば人生は終わりだから。日本のマスコミは韓国を捏造のことで褒めたいなら、真実もきちんと報道すべきです。日本のマスコミは肝心の部分を省略なさる。”韓国人男性は、「結婚するまでは」確かに優しく甘いですよ。でも、「結婚後は」奴隷扱いで殴られますよ。”と。

結婚にまで至っていない場合は、韓国人男性から優しくされていると勘違いされる日本人女性もいらっしゃると思います。その過程にいらっしゃれば、その日本人女性の方々が韓国の真実を信じられることは難しいでしょう。

時として韓国の真実を信じていただくのが日本で難しい理由は、日韓でのプロパンガンダが、韓国を徹底して美しく捏造して発信するひどいものであるだけではなく、その韓国の思想・文化等が日本とはあまりに違うものであることから、その韓国のひどさ・恐ろしさを現実世界のこととして簡単には信じていただけず、韓国の真実を知っている私のような者の方が頭がおかしいのではないか?と疑われることです。

韓国人男性とは本当にその思考も恐ろしいですね。それでも韓国は夢の国とのプロパガンダをお続けになるのでしょうか?

ちなみに、その方の周りの韓国人女性で、今までの会話の中で登場した女性も売春婦ばかりなのですが・・・韓国らしいなと思います。やはり韓国人女性と売春は切り離せません。
お母様・・・恐らく現在売春婦か売春宿で従事。/日本の音大で学んでいると嘘をつくその方の韓国人女性の友人・・・恐らく韓国デリヘル勤務(以前エントリーしました。)/その方の韓国にいらっしゃる韓国人女性の友人・・・みんな売春のバイトをしているとのこと(何度か書いた通りです。)/その方のシドニーとロンドンに留学していたという韓国人女性の友人・・・これは今後書きます。

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、韓国人男性は甘い?です。


離婚は子供達による選択ではなく、ご病気等でも子供達は大変辛い思いをすると思います。どちらのことも経験しなければその痛みは分からないことであり、経験していてもその状況によりその痛みもそれぞれ違います。従ってそのことについて(今回であれば幼少期のご両親の離婚)の今回のエントリーに関しては、あくまでその韓国人男性からお聞きしたことをそのまま書かせていただいているだけであり、離婚に関する思想については私の他意や主観は一切述べてはおりません。
関連記事

タグ : 韓国人男性は甘い?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。