スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親が息子を性暴行。

2012/10/19 (金)  カテゴリー/●韓国の日常=性暴行。

タイトルを読まれて、”あれ?いくらなんでも今回の日本語は間違い過ぎ。”と思われましたでしょうか?間違ってません・・・

かなりの要約です。2012/10/14付け。dongA.comより。性暴行ではなくわいせつとして刑が宣告された。

男児への性暴行は未だセクハラとして扱われている。

ソウル在住のリ(43才)は暴君だった。二人の息子は酔っぱらった父親を避けて家の周りを歩き回り、父親が眠ってから帰宅したりした。

今年3月から、父親に対して恐怖で泣いている息子(11才)に対して、強制的に肛門での性交渉を行った。耐えかねた妻の通報で性暴行は終わったが、その息子は体と心に大きな傷を負った。

裁判では3回の性暴行があったとされたが、警察は20回程度に達するとしている。

現在の法律では、口や肛門等に性器を入れる行為はセクハラとし処罰されるようになっており、男児が性暴行被害者として認定される方法が事実上無い。

とのことです。

日本では、このような国に修学旅行に行かせ、このような国の一般家庭に大切な日本の高校生の皆様を訪問させるんだなぁ・・・

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、男児への性暴行です。


もう一つ韓流情報です。韓国が、「野蛮な日本はイングランドの動物園で韓国人の性の経験が無い少女を性暴行し展示して鑑賞した。」との捏造動画をyoutubeにアップしています。こちらです。動画自体は特にご覧いただく価値は無いと思います。
関連記事

タグ : 男児への性暴行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。