スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわやか多国籍軍VSたった一つの国で構成される気持ち悪い韓国軍。

2012/10/29 (月)  カテゴリー/●私の留学先(タイ)にいた韓国人男性。

最近は真面目なエントリーが続きましたので、今回のエントリーは軽い気持ちでお読みいただけるものにしました。日韓のプロパガンダでは、”韓国人男性には兵役があるから日本人男性よりたくましくてー・・・”がお決まりの捏造の台詞ですので、タイトル内で例えを軍としました。

私のブログでこのような話題は何ですが、皆様は恋愛をなさっている時か異性の親友等の友人に対して、”相手が何を考えているのか全く分からない。”と思われたことはありませんか?心理学の観点から考えればそこには、”どうして?”は既に無く、”なぜなら○○である。”との結論がどの行動に対しても明確にありますので、心理学を応用すれば一切悩む必要は無いことではあります。でも実際には、”心理学では○○だから悩む必要なんて無いんだ。”と思う余裕なんて通常はありませんよね。私にはありません。頭で理解しても行動が伴わないんです。

心理学の観点から韓国人を冷静に拝見すると、その尋常ではない韓国人の本質に迫ることができ、確かに研究対象としては面白い民族であるのだろうなと予想します。韓国の理想の姿として日本に「投影」をされているのでしょうが、憧れと認めることはできずに単なる妬みとなっているようです。研究対象としてのみ韓国人を拝見して良いのであれば、火病を起こす様子や世界中が韓国に憧れていると何等かの信者のようにお話になるそのお姿。そちらは大変興味深いものであるとお感じになられるのではないでしょうか?火病を起こす様子を冷静に分析される哀れさに、韓国人や在日韓国人は気付いてはいらっしゃらないのでしょう。彼等が異常なまでの自画自賛をされる時の目を思い出してみられてください。それとこちらも共通している、視線(目)を少し斜め上にしてわざとらしく、例えば、”茶道は韓国にもあるんですよ!韓国が日本に伝えたんです!”等とお話しになる時の共通した彼等のあの独特のお顔。捏造を話す時の共通したあの視線の持って行き方。長く日本を離れていますとたまに日本に帰国した時に、流暢に日本語をお話になるなんちゃって日本人=在日韓国人に対して、その特徴的な視線で、”こちらの方は日本人ではないな。”と思う時があります。上手には言えませんがその視線が日本人とは違うと感じます。

少し話がずれました。

”何か悩んでいるの?何か私にできることはないの?助けてあげたい。”
こちらの台詞は、女性は女性の友人に対しては言う必要があるのですが、男性の友人に対しては言う必要は無いことが多いですよね。何故なら男性にとってはそのように言われると、多くの場合は、鬱陶しいか一人にして欲しいと思われるだけの場合が多いからです。でもそれは男女共にお互い悪気は無く言っていることです。単なる捉え方の違いである性差です。男性は悩んでいらっしゃる場面を簡単に女性に見せてはくださいません。それどころか女性の助けは拒絶されます。男性にとっては女性のアドバイスは単なる余計なお世話です。でもそれは韓国がよく言いそうな「(何でも)差別」ではなく、心理学から考えてもそのようなものです。どうしてこのようなことを書いたかは下記の段落の通りです。

女性差別がある悪い国日本等と題して日本人女性を巻き込みながら、だから在日韓国人差別(捏造)と呼ばれる物があると、なぜか作り上げた日本での女性差別と作り上げた在日韓国人差別を結び付けてお話をされるあちらの方々のブログを最近拝読しましたが、何でも直ぐに、”女性差別!”と仰い過ぎに感じます。もちろんそちらの方の支持政党は社民党でした。心理学から見れば差別ではなく仕方が無いことなんです。男性と女性では心理学上でも当然全く別の考えを持ち行動します。そちらの方のご意見等を拝読して、そちらの方と同じ女性とは思われたくないと恥ずかしくなります。なぜなら直ぐに、”それは女性差別だ!”と仰るからです。同じ女性として恥ずかしくなります。

また話が少しずれましたが、男性と女性では心理学上の行動が違いますので、男性が女性に何か物事を頼まれるのは、女性がいくら希望しても通常はあまり無いということになります。

男性と言っても、恋人だった方から単なるクラスメイトまで様々な方がいらっしゃると思います。下記は実際に親友か仲の良い男性の友人達に言われた答えです。今回は私のブログでは珍しく女性の友人は登場しません。あえて男性の友人みです。

では、下記の国籍は私が仲良くしていただいている男性の友人達の国籍ですが(中国人男性のみは知人レベルです。)、彼等が真剣に悩んでいるなと明確に感じた時に、私が、”何か悩んでるの?何か私にできることはないの?助けてあげたい。”と言った時の答えです。

日本人:”ありがとう。大丈夫。お前の助けは要らない。でもお前が困った時には何でも助けてやる。”
タイ人:”○○(私の名前です)の助けは無くても大丈夫。でもありがとう。○○に何かあったらいつでも言って。”
ネパール人:”女(性)の助けなんか要らない。俺は男(性)だ。”
カンボジア人:”大丈夫だよ。ありがとう。”
シンガポール人:”そうなんだ。悩みはするけど大丈夫だよ。”
ミャンマー人:”悩んではいるけど大丈夫だよ。”
アメリカ人:”ははははは。気にしないでくれ。ありがとう。君は大丈夫なのか?”
イングランド人:”あー・・・別に。”(思いっきり笑顔)
スウェーデン人:”・・・大丈夫。ありがとう。”
カナダ人:”気にしてもらうようなことじゃないよ。大丈夫。”
フィンランド人:”困ってはいるけど大丈夫だよ。ありがとう。”
(過去に登場した、韓流ブログなのに私のブログ内で一番の人気を集めた、韓流とは一切関係が無いフィンランド人のあのクラスメイトの方です。大丈夫とは言ってましたがショボーンとしてました。彼は頻繁にショボーンとしています。特に、”フィンランドは日本が大好きなのに、日本はフィンランドのことなんて嫌いなんだよ・・・”とショボーンと仰る時です。未だ仰ってます。皆様に教えていただいたtwitterのことやムーミンのマグカップを季節毎に変えてお使いになっていらっしゃる方のお話等もさせていただいたのですが、それでもショボーンとしています・・・どなたか日本人男性に、”違うんだよ!誤解なんだよ!”とその方を日本風の居酒屋さんででも慰めていただければな・・・と思う程です。そちらの方の落ち込みようが尋常ではありません。本物の親日家なので日本のニュースを常にチェックされています。となりますと、日本の大手マスコミが報道する、”日本は韓国に夢中です!”が余りに頻繁に登場する為にそれを信じているんです・・・)

中国人:”えええ?!女性が心配してくれるのか?なぜだ?女性は男性を利用しようとするだけではないのか?中国ではそうだ!”

等々ですが、これはあくまで私の個人的経験なので国民性を表しているものでは一切ありません。本当に一切国民性を表してはいません。ポイントは何かと言いますと、国籍を超えて全員に共通していることは、こちらが心配して助けたいと申し出てもやんわりと断られていることです。断ると言っても優しく断ってくれていることです。多くの女性の皆様がご自身のご経験から、”確かにそうだ・・・”と思われているのではないでしょうか?

ここまで、さわやか多国籍軍の登場でした。(中国のみはグレーゾーンで完全にさわやか軍ではありません。他の友人と違って中国人男性のみはあくまで知人レベルの知り合いでしかないクラスメイトであることと、中国人男性に対しても、日本のアダルトビデオに世界第2位の異常執着をしているので気持ち悪いとしか思っていないからです。論理的に何故気持ち悪いかまで説明しますと大変長くなりますので、そちらはまた今度に・・・ただ「今回の」エントリー内では韓国人よりはまだましな為グレーゾーンとしさわやか軍としました。)
--------------------
ではこちらからが、気持ち悪い国韓国軍です。気持ち悪いに分類されたのはたった一国で韓国のみです。

先ず第一に、私は韓国人男性に、”何かをお助けしましょうか?”と申し出たことがありません。何故ならば関わり合いたくないからです。でも頼まれれば親切にしたことは過去に書きました通りです。それ等の経験上から今後は一生韓国人には関わらないと決めています。

韓国人男性だけがいつも万年属国の男性らしい気持ち悪い態度でした。結論から先に申し上げますが、さわやか多国籍軍が、女性である私の申し出の、”私に助けさせてください!”と言ってもお断りになるところを、韓国人だけがこちらに自ら頼まれることを平気でなさいました。一体どこがたくましいのでしょうか?だから万年属国だったわけです。このように書きますと、”このネトウヨ女(性)が接した韓国人男性だけがそのような男性だ!”と言われますが、私は経験上韓国人とはそのほとんどが、極めて特質的なたった一つの韓国人独特の性格に分類される世界でも極めて稀な人種であると実感しておりますので、全員そのようなものだと思っております。恐らく心理学の観点からも証明できると思います。でも証明するつもりもありません。なぜならば証明する手間も必要無く一目瞭然だからです。通常は国籍の特徴はありますが、それはあくまで人によって違いますよね。でも韓国人だけは特質的なたった一つの性格がほぼ全員に当てはまると考えても問題無いと思います。

ある時、いつものように私の教室にあの韓国人男性がやって来ました。
”おい。”
”何でしょうか?”
”俺はバイトがしたいんだ。”
”バイト?ビザの関係もあるし、バンコクにある韓国企業を訪ねてみるか韓国の情報誌があるのならそれでも見たら?バンコクに何かビルがあるよね。そのビルが通称バンコクのkorean townだっけ?”
”そんなビルがkorean town(ちなみにこちらです。)なんて嘘だ!捏造の写真だ!そんなことは韓国でも知られていない!”
”本当だけど・・・”
”嘘だ!嘘だ!嘘だ!”

信じ難いかとは思いますが本当にこのようなことを仰います。どうして韓国人はいつもあんなにも見栄を張られるのでしょうか?私なんかいつものように、”ドブスでスタイルが悪い外国語ができない低学歴の貧しいニートのもてない韓国人に嫉妬している女(性)ネトウヨ。”と今回も言われても何も思わないのですが・・・むしろもっとそのように仰っていただきたいほどです。ちなみに下品ですが、私の○○は○○が○○である汚い○○だとも言われています(○○の中はあちらの用語を想像されてください。)私が下品なのではなくあちらの方々が仰っていることです。そのようなことを言われても別に何も思いません。

”そうですか。じゃあ、会話は終わりですね。”
”そんなこと言わずにアドバイスをくれ。”
”韓国語を使用するアルバイトのことは私には分かりません。”
”探すのを一緒に手伝ってくれ。”
”グーグルで検索したら?韓国語で検索すれば良いんじゃないの?バンコクでのバイトだったら、いくらあなたが韓国人と言っても、nateやnaverでは情報が無いんじゃない?グーグルじゃないの?よく分からないけど・・・”
”分かった。”

今回は意外と簡単に引き下がったな・・・と思って驚きはしました。でも翌日また私の教室に来て・・・
”おい。”
”何か用でしょうか?”
”お前のせいだ。”
”何が?”
”お前がグーグルで検索をすればバイトが絶対に見つかると言ったが見つからなかった。”
”え?「グーグルで検索すれば絶対にバイトが見つかる。」と言った?「絶対に」と?”
”言った。”
”言ってないと思うけどな・・・”
”だからバイトが見つからないのはお前のせいだ。”

この時は火病ではなく、もう一つの韓国人の特徴で、視線を下に向けて韓国語の気持ち悪い特徴の一つの口を尖らせてぶつぶつと文句を言うことを始めました。どうしてあの言語はいつも口を尖らすのでしょうか?通常世界の男性はあのように不平不満は仰いません。不平不満を仰る尖らせた韓国人男性の口は大変特徴的です。気持ち悪いな・・・と思いながらも無視をしていると、

”お前のせいでバイトが見つからなかった。お前がグーグルで検索しろと言ったのに。”
本当に何回も何回も下を向いて口を尖らせてブツブツ仰るんです。何と申し上げたら良いのか・・・さわやか多国籍軍が、”私に助けさせてください!”と申し出ても、”必要ありません。”と拒絶される中、韓国軍のみが勝手に女性に対して助けを請い、その上今回のように、”お前が言った!”と捏造も入り不平不満を仰る。万年属国の習慣なんでしょう。国を挙げて属国だった為、男性でありながらご自身のみで問題解決をする能力に欠けているのでしょう。韓国人男性とお話になってみられてください。彼等は男性でありながら論理的に議論することが一切できません。なぜならばいつも幻想の世界にいらっしゃるからです。

ビジネスをなさっている私のタイ人の先輩の友人も言っていましたが、韓国人男性が取引先としてプレゼンに来られると何故か、”韓国の経済発展は奇跡でありそのことに大変な自信を持っている。僕はすごい韓国人です。”と、会議内容とは全く関係無いその、”韓国人である僕はすごいです!”の極めて私的なお話を韓国の偉大さを登場させながら、会議内容を全て韓国の偉大さと呼ばれる物に全て結び付けて会議終了までお話をなさるそうです。タイ人女性の彼女の視点から見ても、韓国人男性は他国には無い価値観を持ち込み大変気持ち悪い為、韓国人とは今後は絶対に一緒に仕事をしたくないと仰っていました。タイ人の方相手にもしかもビジネスの場でもリアルで韓国自慢をなさるんです。彼女が会議中に嫌味で、”韓国人男性はすごいですねー。(棒読み)”と言ったところ、周りのタイ人スタッフの方がくすくすと韓国人男性をバカにして笑われたそうです。でもその韓国人男性だけが、お花畑にいるような笑顔で褒められたと真剣に捉え大変満足されていたそうです。ちなみに本当に、”韓国人である僕はすごいです!”とダイレクトに様々な場面で仰います。例えで書いているのではなく、本当に自ら、”韓国人である僕はすごいです!”と仰るんです。

話は戻りますが私が冗談で、
”ここタイでもタイ人女性が韓国人男性に夢中だから、タイ人女性から韓国語を習いたいという需要があって大変かもね。探してみたら?”
と言うと、
”そうだな。デヘヘヘヘヘ。”
”冗談だよ。韓国人男性はモテモテだと言うわりには、サイアム等の繁華街で若い女性に声をかけて、「韓国人男性はモテモテだからこれから一緒にどこかに行きませんか?」と私の前で声をかけてみてよと言うとなぜか拒絶するんだよね。何で?はやく街中でやってみてよ。”
”・・・嫌だ。”
”何でよ?モテモテでしょう。日本では少し年上の方が韓国芸能人に夢中だと言われているよ。だから少しターゲットを変えてみたら?”
”それは俺も考えた。”

冗談で言ったのに・・・と私は大変驚きました。何故なら母と同じ世代の日本人女性の方々から、”私達の世代が韓国人男性に夢中と言われるなんて大変迷惑。最悪。”と言われたことが多々あるからです。

”男性を相手にしたら?”
どうにか会話を終わらせようと思って、こちらは本当に冗談で適当に滅茶苦茶にそのように言うと、何と!
”実は、俺はソウル駅でおじさん(当然韓国人男性です。)達から何度もナンパされた。特に一人はしつこくて愛人契約で料金まで提示して来た。ソウル駅内での出来事だ。俺はただ友達を待っていただけだった。あそこはそのような場所としても有名だ。前に話したが、徴兵された時も先輩の○○を見つめるか○○するように毎日毎日言われていたが(○○はこちらでは書けないです。)、本当にお金がもらえるならもう何でもありかもしれない。韓国人の大学生は貧しいから。”
”!!”
”タイではおじさんとのキスは1回何バーツもらえるんだ?”
”!!”
”俺は韓国人のおじさんには特にソウル駅にいると結構もてる。”
”!!”
”聞いてるか?”
”・・・うん。もてて良かったね。それって韓国の日常的な光景なの?”
”・・・おう。”
”!!”

私は、違った意味でそちらの韓国人男性は期待を裏切らないと思いました。そんなことで悩んでいたなんて知らなかったんです。私は同性愛の方に何等偏見はありませんのでそのようなことに言及しているのではなく、何と申し上げたら良いのか・・・日本人男性にはお気をつけいただきたいです。韓国人男性に気をつけるべきなのは、日本人女性だけではなく日本人男性もである気がするんです。

私のタイ人女優の友人が韓国の「当時」5人組の男性グループ(紅白にもお出になりましたよね。)にインタビューした時に、実際にインタビューに入るまで、彼女もそちらのグループの方々も含めて一緒に同じ場所でスタンバイしていないといけない時があったそうです。すると単なるスタンバイ中にずーっと、5人でずーっと手を繋ぎ合っていたそうです。彼女は、”異様な光景だ・・・ネタとしてインタビュー中にそのようにするなら分かるけど、演技をせずに素を見せて良いスタンバイ中にずーっと・・・”と思いながら見ていたと怯えながら話していました。ちなみに実物を見ても何の興味も沸かない外見だったそうです。彼女はいつも言っています。”韓国芸能人は整形サイボーグ。フォトショ加工なんて同じ業界にいるから直ぐに分かる。”と・・・

”とにかくバイトが見つからないのはお前のせいだ!”
”まだそのお話をしていたの?!”

最終的に私の「せい」となりました。実に韓国人らしいですね。「韓国軍」は兵役があるからたくましいなと思いますよ(棒読み。)

最後にまとめとして、韓国人男性がいつの日か万年属国根性から抜け出せると良いですね。応援してます^_-/


ところで、「親日国」との結び付きと言えば・・・最近イランが反韓デモをしましよね。韓国のページでもそのことは当然書かれているのですが、何故かトルコのことが一緒に書かれていて、”原発のことで韓国を選んで日本を嫌いなトルコは韓国の兄弟国。”と書かれているのを多く拝見したのですが(ニュースの記事ではなく、そのニュースの記事に対する書き込みの為特にご紹介はしませんが)、トルコは韓国の兄弟国なんですか?そもそも兄弟国とは何でしょうか?

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、韓国人女性です。皆様ご存知のように、またまたNYで日本人女性を名乗った韓国人女性売春婦組織が逮捕されました。そのことについては大真面目にエントリーを書いていますので、今回ではなく次回に・・・
関連記事

タグ : 韓国人男性

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。