スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告と同時にお詫びです。

2012/12/17 (月)  カテゴリー/●ブログについてのきっかけ・趣旨・私の考え・皆様へのお知らせ等です。

今回の衆議院選挙の「公示後」に、”全ての立候補者の方々にメールをお送り致します。”と私はこちらのブログ内でご報告を致しました。そちらのことについてのご報告と同時にお詫びです。

先ずお詫びからさせていただきます。本当に申し訳ございません。どうかお許しいただきたいのですが、結論から申し上げますと自民党の全員の立候補者の方々にメールをお送りさせていただくことはできませんでした。自分の予定の中では学校がお休みの日を使えば送信できる時間が十分にあるはずだったのですが、これは言い訳にしかなりませんが断りきれない個人的な用事も入ってしまいして、理由と致しましては時間が足りませんでした。でもどのような理由があろうと単なる言い訳となります。またお送りした履歴をPC上にメモしていた物(メアド宛てにお送りするのではなく、各候補者の方々のページのメールフォームでお送りする方法を利用しないといけないことが多かった為です。)を間違って削除してしまったことも予想外の出来事でした。削除してしまったことで、本当にお送りしたのか再確認しないといけなかったからです。

選挙前の立候補者の方々にどうしてもお読みいただきたかったので、私は皆様に「選挙期間中」はランキングのクリックにご協力をいただけませんでしょうか?とお願い致しました。そのようにお願い致しましたのに、全員の立候補者の方々にメールをお送りできなかったことは単なる約束破りです。本当にお詫びするしかありません。本当に申し訳ございません。どうかお許しください・・・

結論と致しましては、民主党・日本未来の党・公明党・日本維新の会・共産党・みんなの党・社民党・新党大地・国民新党・新党改革・新党日本・幸福実現党・諸派・無所属(党名等はNHKの記載順で書いております。)の方々にはお送りできました。要するに自民党の方々以外には全員にお送りできたのですが、肝心の自民党の方々全員にはお送りできませんでした。

お送りした件については下記の通りです。

1.先ずは私がお送りしたメールの内容です。立候補者の方々のメールフォームで文字数の制限があった場合はかなり削除しておりますし推敲した場合もありますが、「迷惑な韓国」とのブログを書かせていただいていることは明記致しております。以下は文字制限があった場合の送信した内容です。
---
突然のメールを失礼致します。

私は「迷惑な韓国」とのブログを書かせていただいている者でございます。メールをお読みくださる皆様に対して、私が本名も連絡先も明らかに致しておりません失礼をどうかお許しください。現在の日本では、韓国のことを少しでも批判致しますと大変な危険な目に遭うこともあるからです。

韓国のことを知る内に、ある日偶然に、”日本人女性強制収容所建設にご協力を!”と訴えられる在日韓国人の方によるブログを見つけました。そちらではそのタイトル通りの主張と、”日本人女性を北に追放せよ!”との犯罪予告も書いてあります。こちらがそのブログです。URLは、http://handicap.scenecritique.com/minikuik49.htmlです。1から少なくとも49まではあるわけです。そして少なくとも100万ビューを達成しているブログのようです。こちらは私のブログからで、そちらのブログを翻訳致しております。→http://realjapanese.blog.fc2.com/blog-entry-312.html 読者の方から1万1千以上の応援拍手を頂いております。

また、そちらのブログは韓国グーグルで「日本人女性」と検索致しますと上位を独占致しております。そちらについては私のブログ(2012年6月12日付け)からで、URLは、http://realjapanese.blog.fc2.com/blog-entry-473.htmlです。

どうして日本ではそのような、”日本人女性強制収容所設立にご協力を!”の在日韓国人の方によるページの存在が許されるのでしょうか?私には理解し難いことです。

そこで私が恐れながらお聞き致したいことは、
1.上記でご紹介致しました、「日本人女性強制収容所建設にご協力を!」の在日韓国人の方によるブログをご覧になって、またそれが韓国で大変支持されていることについて、どのようにお感じになりますでしょうか?
2.そちらのブログに消去等の規制をされたいと思われますか?してくださるのであれば、具体的にどのようなことをなさってくださいますか?
3.言論の自由からそちらのブログに対して何の対処もご希望でないのであれば、せめて、韓国人・在日韓国人の危険性だけでも、何らかの公の機関で、日本人特に日本人女性に明確に訴えてくださいますか?

もし奇跡的にお返事をくださる場合ですが、大変恐縮ではございますが、そちらのお返事をそのまま私のブログに転機させていただくことは可能でしょうか?また、こちらも大変申し訳ないのですが、もし宜しければ日本語だけではなく英語でもお返事をいただけませんでしょうか?私はある理由から英語での方が理解し易いからです。

お忙しい中、私のメールをお読みくださり心よりお礼を申し上げます。皆様の幸運をお祈り申し上げます。

もちろん私は自民党支持者です。

失礼致します。
---
上記のメールを問い合わせとして書きました。

2.ソース元には一切こだわりはなかったのですが、その当時に検索して一番に出ていた、NHKオンラインニュースを衆院選 立候補は最多の1504人 NHKニュース(現在はエラーとなっていますがキャッシュはあるようです。)参照として、そちらに記載されている政党等にメールをお送り致しました。

●あくまで公式にこだわりましたので、各党の公式ページを確認。
●その公式ページから立候補者紹介のページを確認。
●その立候補者紹介ページから、それぞれの立候補者の方々のホームページ等を確認。そちらの立候補者紹介のページで、それぞれの方々の立候補者の方々のページ等の一切の紹介が無ければ事実上メールをお送りすることはできない為、その場合はお送り致してはおりません。
●そのそれぞれの立候補者の方々のページから、メールフォームでの問い合わせ欄・もしくはメールアドレスの記載があればそちらにお送りしました。
●本名・住所・電話番号必須の場合はお送り致してはおりません。(こちらは以前、それらが必須であればお送りできないと書かせていただいたと思います。なぜならば、日本人はどうでも良いと思われている政党にもメールをお送りするからです。)
●最初から、”メールを送信されてもお返事は致しかねます。”と記載がある場合はお送り致してはおりません。
●お送りしましたが自動的に送信不可能かその他の理由で戻って来るパターンも多々ありました。

上記を踏まえた結果として、自民党の方お一人から、”今後返事をします。”・もうお一人の方から、”今から読みます。”・もうお二人の方は自動返信で、”近日中に連絡が無ければまたメールをしてください。”とのお返事はありましたが、それ以外はどちらの政党の方からも一切のお返事はありませんでした。私からの問い合わせ内容の中で、お返事の内容をブログで公表しても良いかと書かせていただいてはおりますが、その点に言及がありませんでしたので、そちらの方々のお名前をお出しして良いのかは分かりません。

選挙前に立候補者の方々全員にお送りするお約束でしたので、「選挙前の立候補者の方々」・「選挙後で当選された方々」と、こちらの条件は変わってしまいますが、今後は自民党の方々で当選された方々でメールをお送り致してない方々に引き続きメールをさせていただきます。「選挙前」と「選挙後」とのお約束が変わりますし、また選挙前に全てメールをお送りできなかったことは本当に約束破りなのですが、これから(本日も含めて)自民党のお送りしてない方々にお送りしますのでどうかお許しください・・・

本当に申し訳ありませんでした。

また、私からのお願いにより選挙前だからとのことで、いつも以上に特別に私のブログを応援してくださった皆様には、本当に心よりお礼を申し上げます。ご協力ありがとうございました。本当にありがとうございました。

結果としては上記のお返事のみとなりましたが、これからは真剣に考えていただけるようにどうにか他の方法を考えたいと思います。どのような案件でも最初は完全に無視されます。かなりの年月が必要だと思いますし時が経てば相手にされるのでもありません。政治家の方々の中では両親に頼めば知り合いの方もいらっしゃいますが、私はどうしても自分の力のみでその件に関しては活動をしたいですし、そうでなければ誇りを持って皆様にお伝えすることも絶対にできません。親族のコネを使う・社会的にかなりの成功をされている友人の先輩に頼る・自分は何もしないで他人の力のみに頼る等、そのような卑しいことは絶対にしたくないからです。私には社会的にも何の力も無いので何十年もの時間も必要でしょうし、何十年もの時間を使えば相手にされるものでもありませんが、これからも頑張ります。

正直なところ、民主党等にメールを送信させていただいている瞬間は大変バカらしかったです。相手にされないのは必然だからです。でも、「迷惑な韓国」とのブログを書いているときちんと名乗っています。

これからメールをお送りできなかった残りの自民党の方々にメールを送らせていただき、お返事をいただけようといただけないのであろうと、全ての方に送信が終わりましたらまた必ずご報告させていただきます。

今回は本当にお許しください。本当に申し訳ございませんでした。そして、ブログの応援のご協力を本当にありがとうございました。皆様の応援のおかげで、お一人であれば政治家の方がもしかしたらお読みくださるかもしれないと思い頑張ることができました。本当にありがとうございました。

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は特にはありません。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。