スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人の元々の素質-色彩と泥棒-

2013/02/12 (火)  カテゴリー/●私の留学先(タイ)にいた韓国人男性。

”おはよう^^”
”おはよう^^”
何でも無い普通の朝の会話。大好きなクラスメイトである私のタイ人女子生徒の親友との朝の挨拶。校舎の入り口で会った。親友は校舎近くのファミマで甘い生茶を買って飲みながら歩いていた。私はいつものように屋台でタイ風の甘い紅茶を買って歩いていた。大変な甘さで、あれを毎日飲むと完全に太り糖尿病になると言われている。でも、あの独特の茶葉が大好きだ。

”プレゼンの準備できた?昨日寝られた?”
”どうにかできたけど寝られなかった・・・”
”私も・・・”
二人共疲れきった表情。

一緒に教室に入ろうとドアを開けると、
”気をつけろー!滑るぞー!”
と、先に来ていたこれまたタイ人の仲の良い男子生徒が叫んだ。

親友と私が恐る恐るドアを開けて教室内に入ると、確かによく滑る。注意されなかったら多分転んでいた。
”お掃除の方がとてもきれいにしてくださったんだね。”

大学生になっても、男子生徒達が、”スケート!”等言いながらわざと滑っていた。国は違っても基本的にみんなこのような感じで、することは一緒と言うか^^;・・・”大学生になっても子供と言うか・・・”なんて言いながら、実は私も滑りたかった。ヒールを履いていた為に滑れなかった。

何とも無いある一日の朝の風景。要するに平和。

でも、いつものように、わざわざ全く違うコースにいらっしゃった例の韓国人男性が、お昼休みに私を訪ねて来られた。その日のお昼はみんなで教室にいた。

ズドーン!と人が転んだ音がした。

私はその音でドアの方を見た。見事にその韓国人男性が転んでいた。しかも、転び具合を拝見すると、何と言ったら良いのか・・・ベタなコントのように見事に全身で滑っていた。

このように思うのは偽善かもしれない。偽善だろうか?あんな大嫌いで気持ち悪い韓国人男性相手でも、”大丈夫だろうか・・・”と心の中で思った。するとクラスメイトの一人が、”私、彼がドアを開けようとするのが見えたけど、どうでも良い人だから、「滑るよー!」って注意しなかったの。”すると、その他数人も、”私も!”・”俺も!”・・・大変な嫌われようである。その他のクラスメイト達は一切彼の侵入には気づいていなかった。空気以下の存在なのであろう。

そうすると、”デヘヘヘヘ。”と大変気持ち悪く不快な照れ笑いをしながらこちらに向かって来た。誰も彼に、”大丈夫?”とも言わない。完全無視であった。私は、完全スルーとはこのようなことかと改めて学んだ。その韓国人完全スルーとは、タイでその他の場所でも多く拝見して来た。それは過去に書かせていただいた通りである。この韓国人完全スルー/韓国人完全無視のタイ人の方々のスキルを、私達日本人は謙虚に学ばなければならない^^; :P

一応、”大丈夫ですか?”とお聞きした。すると、
”デヘヘヘヘ。大丈夫。デヘヘヘヘヘ。”
韓国人男性とは、照れ笑いさえも気持ち悪いと判明した。何であんなにも全てが気持ち悪いのか・・・照れ笑いは通常はかわいいものなのに・・・気持ち悪くてたまらない。

彼が私に話しかける寸前に、みんなは一斉にその他の場所へ逃げた。いつものことだ。その時のその方の用事は何だったかと言うと、珍しくアダルトビデオ関係のお話ではなく、なぜか、私がいつも飲んでいるそのタイ風紅茶の茶葉への難癖だった。私はお昼休みにもそれを買って飲んでいた。その時は徹夜で学校に来ていたので、どうにか眠気を覚ます必要があった。

”お前がいつも飲んでいるその紅茶。どうしてオレンジ色なんだ?説明しろ。”
私はそれを聞かれた瞬間、”バカなんじゃないかな?”と心の中で思った。本当に成人男性の質問だろうか。様々な韓国人男性と接して、彼らを人間の成人男性だと認識したことは一度も無い。韓国人男性のことは、気持ち悪い人間の知能は無い性欲だけが世界一異常な物体程度だと認識している。
”・・・茶葉がオレンジ色だから紅茶の色がオレンジ色なの。”
”納得できないし理解できない。”
”何を納得できないの?緑茶は緑色になるし、烏龍茶はちょっと茶色っぽくなるでしょ?コーヒーは黒くなる。それに・・・”
”お前は嘘をついている。”
”え?!”
”茶葉でそんなにも豊富に色が出るわけがない。”
”オレンジ色の茶葉に熱湯をかけてこの色になって、ミルクが入っているから更に明るい色になってるの!”

私はイライラして来た。そして一瞬にして眠気が吹っ飛ぶ程驚いたことを言われた。
”韓国ではお茶を楽しむような習慣は無いし、そんな色が出るとは人工の色だ。タイの屋台のおじさん達が何らか怪しい物質を入れている!”

私は驚き過ぎて何も言えなかった。本当に驚いたのですが、要するに、何と、韓国人は色彩を認識することができないんだと気付いたんです。人工ではなく自然の色の美しさを愛でたり、その色彩豊かな食文化(飲料も含む)を認識できないわけです。その時に思い出しました。韓国人は出汁をとるとの工程を理解できなかったな・・・と。和食の説明を口頭でした時に、”そんな複雑な出汁をとることをして料理をする日本人女性はすごい!韓国では誰もしない!”と以前褒められたことを。出汁を取るとは基本かとは思いますが、要するに韓国人とはほんの少しでも「単純」でなくなると何も理解できない。動物以下である(かわいい動物達、韓国人なんかと比べてごめんねT_T)

そんな国に日本は憧れていると、捏造で世界中に発信されているのである。紅茶の茶葉の色も理解できない。いわゆる固形の食べ物以外の飲料を楽しむことも無い文化。その国が茶道の起源を主張しているのだ。

その日はみんなで放課後はデパートに行くことになっていた。寮に住んでいたクラスメイトの一人が一人暮らしを始めるので、彼女がかわいい食器セットを買いに行きたいと言ったからだ。そのついでにみんなで和食を食べることになったので、みんなで楽しく行くことになったが、私の授業が終わるのを待っていたその韓国人男性が勝手に付いて来た・・・みんなは、付いて来られても完全無視で嫌だとの意思表示さえもしないレベルである。要するに空気以下だ。

デパートで当然友人は食器を選んでいたが、私もその売り場でフォークやスプーンを買おうとしていた。タイ料理の場合はフォークとスプーンがメインだからだ。ちょっと前に行ったタイ料理のレストランでのフォークとスプーンがとてもかわいくておしゃれだったから、それ似たシンプルな波の模様になっている装飾のあるわざと重くて大きくて、そのようなのが欲しかった。

するとその韓国人男性が私に纏わり付いて、
”どうしてそんなに装飾のある重いフォークとスプーンを買いたいのか?”
”おしゃれだったしかわいかったから。色々なタイプのも欲しいし・・・”
”この世界には装飾の無い軽いフォークとスプーンしかない。食器にこだわるなんてお前はバカだ!”
と言われた。

何と、韓国人は一般的にはあのみすぼらしい韓国の食器とフォークとスプーンしかご存知なく、それが世界標準であり、食器にこだわって食べるとの文明的な・・・いや、大袈裟に文明ではない、単なる普通のことが一切理解できなかった。しかも私がバカだと言われた。

するとタイ人の男子生徒の親友の一人がヒソヒソと言って来た。
”だから言ったじゃん。韓国ってさ、下品な銀メッキのボールみたいなので食べてる。食事を食器等も通して楽しむなんて、貧富の差関係なく韓国人にはできないって。よくあんなものでご飯食べるよな・・・韓国料理になんか食欲なんてわかないよ。韓国人には理解できないって。食器も食事の一部として楽しむなんて韓国人には無理だよ。”

そして何と、私が重めの装飾のある大きなフォークとスプーンを買ったことを、その方の韓国人の友人達にまで話したそうだ。すると韓国人の感想は、私がその食器で犯罪でも起こすつもりじゃないの?との感想だったらしい。驚いた・・・どうして、フォークやスプーンの色々な装飾・形・重さを楽しんではいけないの?どうして犯罪を犯すつもりとなるの?

私が韓国人からいつも感じることは、あの国は大変気取っていらっしゃるが、どうやって韓国に憧れれば良いのかといつも自分の実体験からも思う。

食事のことで韓国人の心の中にあることは、ピチャクチャ音を立ててひたすら混ぜて真っ赤な臭いキムチを早食いをすることだけだ。要するに、彼らには文明も文化も無いのである。韓国人とは人もどきとはよく言ったもので、どうにか人間の形をしたエラが以上に発達した人もどきが、必死で上品ぶってカンナムスタイルにより世界から憧れられている等仰り、一瞬無理矢理YOUTUBEで見させられたが、あんな下品なダンスが国の誇りとなるのである。そのダンスが国の誇りとなることは「違った意味で」大変理解できる。

そして次の日、もっと驚くことが起こった。徹夜だったのにみんなと外出したのでとても疲れてしまい朝は寝坊して、バッグの中も確認しないでその購入したフォークとスプーンをバッグに入れたままで慌てて登校した。別に意味は無く私が、
”フォークとスプーンを入れっぱなしで来ちゃった・・・”
”ははは^^”
”でね、昨日の夜あの韓国人男性がわざわざ執拗に連絡して来て(当時は、私のクラスメイトが悪気は無く教えた私のメッセのアドレスをご存知だった為)、私がこんな重めで少し大きめの装飾のあるフォークとスプーンを買った理由は、犯罪を起こす為だと多くの韓国人から言われたんだよ。とにかく本当にしつこくて何度も何度も言われたんだ。”
”へぇ!”
みんなが驚いた。

その教室内のお話だが、教室のプレゼン用のパソコンの机の引き出しは鍵がかかるようになっている。でも誰もそんな引き出しは使用しない。当然教授も使用なさらない。その日のお昼休みもみんなで教室にいて教授もいらっしゃった。教授はたまにみんなとおしゃべりをしながらお菓子を召し上がる。そしていつものように例の韓国人男性が私の教室に来た。するとタイ人男子生徒がちょっとふざけた。彼が初めて韓国人に話しかけた。

”あのさ、あのパソコンの下の引き出しがあるの分かる?あそこの鍵が無くて開かないんだ。もしかして開けることできる?”
私はどうして彼が突然そんなことを聞いたのか分からなかった。すると、その韓国人男性が、
”俺は何でもできる。”
と得意気に言った。
”ヘアピンはあるか?”
と韓国人男性が聞いて、女子生徒の一人が驚きながらも、髪の毛に付けていた黒のヘアピンを渡した。するとそれで鍵を開け始めた。本当にプロの泥棒に見えた。教室のみんなが静かになって、教授もびっくりした顔でご覧になった。
”開かないな。”
と韓国人男性が言った。するとタイ人の男子生徒がふざけて言った。
”○○のフォークを使ったら?犯罪用なんだろ?”
”それは良い考えだ。重いフォークは犯罪に使えるからだ。”
私の親友が私のバッグからフォークを出した。彼とはとても仲が良くて(女性同士のような単なる親友)、私のバッグの中身は私の了解無しで彼はいつも見ているし触っている。彼がフォークを渡した。すると・・・

何とそのフォークの3つに別れている先端の一つの部分を使って、カチャカチャカチャと即効で簡単に鍵を開けた。みんな本当に驚いて教室が静寂に包まれた。
”開いたぞ。”
返してもらったフォークを見ると、全く傷はついていなかったが、3つの先端の内の一つがほんの少しだけ曲がっていた。でも本当にほんのちょっと・・・要するに、ほとんど無傷で何の問題も無く鍵を開けたことになる。
”俺はすごいだろう?”
韓国人男性は自信満々だった。お昼休みも終わろうとしていて、教授が授業をそろそろ始めますと仰って彼は彼のコースの教室に戻って行った。

私の友人が、
”ごめん。フォークは俺が買って返す。まさか本当にするとは思わなかった。”
”いや、買って返すとか本当に気にしないで。勉強になったから。”
と・・・でも正直そんなことはどうでも良くて、そのプロ並みの鍵を開ける動作の速さに驚いた。韓国人は少しでも道具になるものは直ぐに犯罪に使っているから、だから私が少し重めのフォークを買うことにあそこまでこだわっていたんだ・・・本当に執拗にこだわって私がそれを買った理由を聞いていた。

その日(当時住んでいた)アパートのオーナーに電話した。
”あの・・・今日こういうことがあって、オーナーが以前仰ったように、韓国人はプロの泥棒でした。”
”だから言っただろう?韓国人はプロの泥棒として有名なんだよ。だから僕のアパートには近づけたくないんだ。何をするか分からないからね。韓国人にだけは近づかないで。”
彼も大変な嫌韓のタイ人男性である。

教室でもみんな驚いていた。私の親友がまた言った。
”やっぱり韓国人って泥棒なんだね。日本人はたくさん韓国にコピーされて、日本のものは起源主張をされるだけでなく、盗まれてそれを韓国のだと言っているとタイ人もちゃんと知ってるよ。私達は韓国人を泥棒だと認識しているの。”

そうやって韓国人は日本でも泥棒をしているのだろう。皆様、日本での空き巣被害等にどうぞお気をつけください。私は本当に驚きました。

本当に、汚らわしく下品で文明も無い南朝鮮人。一度で良いから、日本人女性が本当に、”きゃー。かわいいー。”とでも言えるような物を韓国人にはお見せいただきたい。なぜならば、日韓のプロパガンダでは、”日本人女性の憧れの国韓国!”だからだ。大嘘はいい加減にしていただきたい。

茶葉の色さえも理解できないその素質。
フォークも鍵を開ける道具に直ぐにするその素質。
それが韓国人の素質。

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、泥棒と色彩感覚です。
関連記事

タグ : 茶葉の色 泥棒 韓国人の素質

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。