スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国がごり押しできない私の心の中。2

2013/02/23 (土)  カテゴリー/●韓国は無視の主に楽しいお話です^^

前回が気持ち悪いエントリーでしたので、今回は私も含めて日本人で、南朝鮮人と在日南朝鮮人は完全無視で楽しみましょう^^

少し前にタイの写真をご紹介しましたが、今回も皆様がうんざりなさらない程度の枚数でのご紹介です。その以前のエントリーでもご説明しましたが、私は気取らないタイが大好きです。バンコク内の、とてもロマンティックで夜空の星に手が届きそうなレストランも良いのですが、最終的にはいつも気取らない町並みの日常に惹かれます。以前書いたのですが、タイ人の女優の親友も言っていたように、”日本人はみんなに憧れられているから気取って良い国籍なのに、一切気取られない。来タイされる日本人の芸能人へのインタビューのお仕事等でも、一切の嫌な思いをしたこともない。それどころか、日本人はタイのことも見下さずにフレンドリーだから、もっともっと好きになるしもっともっと尊敬したくなる。でも韓国人芸能人へのインタビューのお仕事は嫌なことばかりだったし、韓国人は気取って、「俺達/私達に憧れろ!」と言うから大嫌い。韓国に行けば分かるけど、韓国人は必死で気取って貧しさを隠しているのよね。”よく分かっているなぁ・・・と思います。

では今回も、皆様で気取らないバンコク「も」楽しみましょう^^

タイの日常1.jpg
私はこのような風景が大好きなのですが、皆様はいかがでしょうか?こちらはチャオプラヤー川沿いの船着場の近くで、路地の向こうにお寺が見えている景色です。このような写真からは、”あぁ、タイだなぁ*_*”といつも感じます。この辺りを散策するのは楽しいです。観光で来られますと、バスで素通りされるような場所だと思います。もしツアーで来られたら、ちょっと散策されてみてくださいね。

タイの日常2.jpg
こちらは王宮の近くなのですが、これは早朝に撮影しました。トゥクトゥク(タイのタクシーの一つ)が数台走っていますね。何とも穏やかで安らぐ朝でした。早朝と言えば?朝食の為の朝専用の屋台も多く出ます。日本風に言いますと「豆乳(温かいもの)」なのですが、それを甘くして、ゼリー・コーン・豆等をリクエストで中に入れることができるものがあり、それと一緒に売られている揚げたてのパンを食べるのが好きです。合わせて20バーツ程度でしょうか?私のアパート近くのその屋台ではいつも行列です。

タイの日常3.jpg
こちらも王宮近くで撮影したものです。何てことない景色なのですが、実際の風景では、白地の壁に橙色の袈裟をお召しの僧侶の方が歩かれるお姿がコントラストになり、とても美しくて目を奪われて撮影しました。写真からはあまり分からないのですが、本当に目を奪われました。

タイの日常4.jpg
友人達の車やタクシーも良いのですが(前面に写っているのがタクシーです。その他、ピンク^^や緑色のタクシーもあります。)、ローカルなバスも大好きです。ただ、バスには乗るのも降りるのも命懸けだったりします。速度計もよく壊れています。きちんと停車してくださったら、”今日はラッキーだったなぁ・・・ブレーキをかけてきちんと止まってくださったから。”なんて思ったりもします。きちんとブレーキをかけてゆっくりと止まってくださる気配りだらけの日本のバスには、尊敬の念さえ感じます。運転手の方も、よくお菓子を召し上がりになりながら、または携帯電話でお話等をされながら運転をされています。エアコン付きバス・エアコン無しバス等の等級がありまして、写真に写っているのはエアコン無しバスです。ちなみに時刻表はありません^^ローカルなバス。是非乗ってみてくださいね!

タイの日常5.jpg
タイの日常6.jpg
こちらはサイアムの伊勢丹もあるデパート街からも近い船着場です。バンコクの渋滞は本当にひどいので、やはり船が一番安定した速さだったりもします。これであれば、観光に来られてもちょこっとお乗りになれるのではないか?と思うのですがいかがでしょうか?乗られている最中には大変な水しぶきがかかりますので、ビニールシートのようなもので窓にしているのはご覧いただけますでしょうか?濡れても良い服装でお乗りになってくださいね^^

タイの日常7.jpg
突然チェンマイで申し訳ないのですが、チェンマイの食料品のマーケットです。何気に国王陛下のお写真が飾られていますね。食料品のマーケットは魅力的ですが、最初はちょっとご注意くださいね^^;チェンマイでは自然が美しいので、観光というよりも山の中等の写真を多く持っています。
----------

タイ人の親友達も含め友人達が、日本に旅行した際に撮影している写真は、日本の何気ない美しい町並みやその他現地-日本-で生活をされている日本人の皆様の写真が多いです。親日過ぎる大の親日のタイ人女優の親友が、前回の日本旅行では、横断歩道内を手を上げて引率して渡られる保育士の方々と、一緒に手を上げて並んで渡る園児達の写真を、”本当に美しい日本の風景!”と興奮していたことを書いたことがあると思います。彼女は日本の公園で日本人の皆様とよく写真を撮っています。彼女が次回日本に来た時に一緒に写真撮影をおねだりされるのは、今お読みの皆様かもしれません。彼女は日本人が大好きなのでいつもそのような写真を多く撮影しています。もし彼女に頼まれたら一緒に写ってあげてくださいね^^今回は写真にフォーカスしておりますのでこのようなことを書いております。

また、東北での大震災の時もそして現在も、留学生として東京にいらっしゃる私のタイ人の友人の友人の方なのですが、彼は大震災の直後からご自身のメッセのアイコンを東京の夜明けの写真に設定されているそうです。それは彼が撮影したもので早朝の風景なのですが、東京の高層ビルとその背景の朝焼けを美しく撮影されていました。私の友人もその写真をメッセのアイコンに設定しており、”その写真きれいだね。”と私が友人に聞いたことからそのことが分かりました。彼が言うには、”俺のその友達はいつも日本の美しい写真を撮影していて、それが美しいとみんなに大好評だよ。大震災の後、俺達のグループ内では、その友人が撮ったその東京の美しい同じ写真をみんなみんなでメッセのアイコンに設定してる。朝焼けの中、日本が復興していく姿のようだろ?だからみんなでそれに設定した。”それを聞いた時には私はいつものように泣きました・・・私はそのようなタイ人の友人達の日本へ向けられる温かい心が理由で何回泣いたのか分かりません。

何を申し上げたいかといえば、気取らないそのような風景こそが、本当に心がこもっていなければ表現できるものではないのかな?と感じます。そこで私も気取らないタイの風景の写真が大好きです。どこの国とは言いませんが、南朝鮮のような虚偽・捏造は直ぐにばれます。そこには卑しい心しかないからです。人は心を見抜きます。

私がタイを愛している理由は、タイの観光地や食べ物等が理由では当然なく、ダイレクトに人の心です。皆様ご存知の通りで、私はきれいごとを書くのが嫌いですのでいつもそれは書いていないと思います。だからこそ今回もあえて申し上げますが、確かにこの世界には、容姿が優れていなければ就くことができない職業も多くありますし、男女問わずに美しい方に人の心は奪われても行きます。それはもちろん承知の上で書きますが、それでも私が強く惹かれるのはタイ人の皆様の心です。あくまで「心」なんです。「心」に惹かれることが無ければタイのことをいつもこのように書いたりはしないです。もちろん、タイのことでネガティブに思うことは2点あります。どの国に対しても全部が大好きは絶対に嘘だと思います。

過去に多くのタイでのエピソードを書きましたが、タイ人の教授方・親友達・友人達・クラスメイト達・その他周囲の方々等を通して、日本がどれだけ愛されているのかをご紹介したと思います。その中で彼ら彼女らの日本を思ってくれる強く優しく温かいお気持ちや、大震災の時にも、家族全員で日の丸のT-シャツを着て必死で日本を応援していた親友達や、韓国に滅茶苦茶に言われたりされている日本を見て涙ぐんでくれたりする様子を拝見して、そして何よりも、私個人や私の家族にまでもいつも愛情をくれるみんなに、私は何度涙したか分かりません。そこまで思ってくれた理由は、先ずは何よりも、私が日本人であるとのそれだけの事実でした(す)。それははっきりと言われました。どのような意味かといえば、”日本人だから特別。その他の国籍だったらどうでも良い。”とまで言われたんです。

悲しいことや辛いことがある時は、上記の写真のような気取らないバンコクで慰められます。そして私の心からは、タイ人のみんながくれた優しさと思いやりが溢れ出ています。私の心はその優しさと思いやりでとっくに溢れていて、もう心に留まらせることはできないです。なぜならば、溢れすぎていてもうどうすることもできないほどだからです。そしてタイのことを考えると本当に優しい気持ちになれます。それはタイ人のみんなの日本へ向けらられる「心」が全ての理由です。

韓流スターランキング内の為、韓国のことを書かなければ脅されますので今回も韓国のことも書きます。そのようなタイ人のみんなの「心」と比べた場合に、私の心は、韓国の「あること」である意味溢れています。その溢れ具合いは年々ひどくなり、タイに対してとは「違った意味で」止めることができません。その溢れている事実とは、いつもいつも過去も現在も、韓国人男性/在日韓国人男性は日本人女性を性暴行し日本人女性を侮辱し、日本人男性にも暴力を振るう。その事実は私の中では既に憎しみとなっています。”「ネトウヨ」は韓国と仲良くしろ!”等仰る国籍不明の方々が多くいらっしゃいますが、日本人女性は性暴行されても韓国人と仲良くしないといけないのでしょうか?彼ら彼女らはそのように仰っているのと同じです。韓国のことを考える時、日本人女性を性暴行ばかりする韓国人のことしか思い出されず徹底して嫌な気持ちにしかなりません。

同じ「溢れる気持ち」でも、タイに対してと韓国に対してとでは大違いです。

保守速報様より。”【警察庁発表】国別強姦犯罪ランキング!! もちろん1位は韓国人、朝鮮人 ””です。私達日本人が韓国人を好きにならければならない等といつも仰るコメンテーターの方々等は、日本人女性が韓国人男性からいつも性暴行されているのに韓国を好きにならなければならない理由を明確にお教えいただけますか。そのようなこともテレビの中ではっきり仰っていただきたいです。”韓国人男性/在日韓国人男性は日本人女性を過去も現在もいつも性暴行するけど、日本人女性は特に韓国と仲良くしなさい!”とそこまで仰っていただければ、”なるほど。事実を仰った上でそらがあなたのご意見であれば一応意見にはなってますね。”とは思ってあげても良いです。なぜかその話題だけには触れられませんよね。なぜならば、全ての日本人女性に真実がばれれば洗脳工作も上手く行かないからです。日本人女性は韓国からの徹底した洗脳対象だからです。

韓国人の皆さん/国家ブランド委員会も、日本でもタイでも、韓国大好きで憧れるにする「ごり押し」は失敗していますよ。なぜならば、人の「心」までを支配する能力は韓国人のあなた方にはおありでは無かったからです。人の心とは、そのように外国で税金等をばらまきごり押しすることで操るものではないんです。普通にしていても何もしなくても、日本人やタイ人のように好かれます。それは、「自発的」なもので、「自発的」に韓国を好きになる方なんていらっしゃいません。「自発的」に好かれるのは日本の特許です。それは、韓国人が悔しくて夜も眠れないほどのことです。

南朝鮮人ごときが日本人の「心」を惹きつけるなんて絶対に無理です。

今日も明日もこれからも、私の心は、タイ人の親友達を含む友人達等からの日本を思ってくれるその温かい気持ちで益々溢れて行くだろう。私も含めて女性が好む香水を入れるような美しいガラス細工のビン。もしその中に、タイ人のみんなからもらった私の心から既に溢れ出している気持ちを入れるのであれば、そのビンがいくつあっても間違いなく足りないだろう。

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、日本人女性を性暴行ばかりする韓国人男性と在日韓国人男性です。

後記:本編の最後の段落の「ガラス細工のビンがどうのこうの・・・」ですが、自分で今読み返しても、”何日後かに読み返したら、「気持ち悪いこと書いたなぁ・・・」って絶対に恥ずかしくなるな。”と思ってはいるのですが、皆様にあることにお気づきいただきたいです。日本を含め他国に対してはそのような表現が似合うことが多々ありますよね。でも韓国に対してはどうでしょうか?彼ら彼女らにお似合いなのは性暴行と売春のみで、美しい表現をしたくても毎回できません。所詮韓国なんて、そのような美しい表現は一切お似合いではない国なんです。前回のエントリーもそうですが、韓国にお似合いなのはあのようなエントリーのみです。
関連記事

タグ : タイでの韓流

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。