スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神崩壊した中国人男性-寮内での出来事-

2013/04/03 (水)  カテゴリー/●china

今回フォーカスするのは、久しぶりに中国です。
----------

”あの日本人女(性)のせいで、俺の人生は滅茶苦茶だ。”
”あの日本人女(性)のせいで、私の人生は終わった。”

お二人は中国人のご夫妻で、大変裕福なご家庭の出身だ。ご夫妻と言ってもまだ21歳同士で学生結婚だ。なぜ学生結婚なのか?男性のお父様の推薦だった。なぜご夫妻でタイの大学に留学か?彼らは大変裕福な中国人のご家庭出身で、中国共産党が背後に。”大学卒業まではタイに遊学して適当に大学を卒業して、タイでの長いハネムーンでも楽しめば良い。”それが彼のお父様のお考えだった。

そのご夫妻にはお金だけはいくらでもあった。電話一本で、裕福過ぎるお父様が送金をしてくださる。それは汚職で得た多額の金銭だ。

彼の自負は彼のお父様の金銭。彼が日本人男性に唯一勝てると思っていることは、共産党のお父様がバックにいてお金は湯水のように沸いて来ることだ。それで日本人に勝てると思い込んでいる。お可哀相だ。日本人男性とは、日本人男性は完全に中韓の男性を無視で相手にもされていないが、常に中韓の男性から勝手にライバルとされているのだ。

夫は確かに妻が好き「だった」。愛していたから結婚したのだった。でも、結婚した一番の理由は、”お父様が結婚しなさいと言ったから。”だった。

妻は夫が大好きだ。より夢中になっていたのは妻が夫にだった。まさにこの今の瞬間も。「日本人女性には決して勝てない容姿の中国人女性。」の妻。その台詞は、何と妻の夫が言ったことであった。それを知った時の驚きは大変なものだった。妻は夫がそのように言っていることを知ってしまった。いや、正確には、「知ってしまった。」のではない。夫が妻に知らせたのだった。なぜならば、夫は人生で初めての恋に落ち狂ってしまっていたからだった。彼が手に入れたいと願って初めて手に入れられない「物」は、目の前にいる「日本人女性」だった。そのありえないご夫妻の事情はたちまち大学寮内中に知れ渡りゴシップとなった。ゴシップではあるが、「真実」のゴシップだった。

その夫が妻を捨て恋に落ちた日本人女性は、いつも愛想良く誰にでも優しくしていた。彼女のかわいらしさは有名であった。同じ寮内にいるもう一人の日本人女性(私のことです)とは違い、中国人にもいつも表面上は優しかった。でも、その優しさはある意味中国人男性に日本人女性の幻想を抱かせた。”やっぱり、日本人女性は中国人男性を好きなんだ。”と。そしてもう一つ、”蒼井そら(さん)のように、その他のことでも大満足させてくれるのだろう。”と。その日本人女性は私とは違い、今にもグラビアアイドルになれそうなかわいさだった。中国人男性は、グラビアアイドル=アダルトビデオ女優と勘違いされている方々も多くいらっしゃる。

しかし彼女は、もう一人の日本人女性(私のことです)と違っていつも優しくても、徹底して中国人男性を見下している。それは私以上である。いつも笑顔で日本語でこのように言っている。
”中韓の男性は愚か。日本人女性が優しく笑顔で挨拶しただけで、日本人女性が中韓の男性を好きだと信じている。中韓の男性?日本人女性が相手にするわけがない。”

彼女は子供の頃はカナダで生活していた。彼女の場合はお父様のお仕事の都合で、現在タイで大学生だ。外国で育っていると、尚更、そしてより強く、中韓の男性を見下すことがほとんどだ。子供の頃から外国で育っている日本人女性にとって、中韓の男性を見下し日本を褒め称える会話は挨拶程度のことである。もう一人の日本人女性(私のことです)だって、中韓の男性が気持ち悪い為大嫌いだ。でも、その日本人女性のすごいところは、笑顔で挨拶の後、中韓の男性を徹底して完全無視するのである。

日本人女性に笑顔で挨拶をされて以来、その夫は日本人女性の虜になった。そしてその後、彼は妻を恨み始めた。恨む対象が全くの検討違いである。なぜ恨んだのか?”俺はこの女(性)と結婚しているせいで日本人女性に告白できない。”・・・その台詞を子供であると一言で片付けるのは簡単だが、彼の精神状態はそこまで行っていた。彼はそれを誰に仰っていたのか?何と、私に仰っていたのである。私は中韓の男性は気持ち悪い為大嫌いだが、相談をされると冷たくできないことがあり、彼はそれを見抜いていた。日本人女性を知る為には、アダルトビデオから学ぶのではなく、映像内ではない「本物の」日本人女性=例として私に接するのが一番だと気づいたのだ。それは当たり前のことに思えるかもしれないが、中韓の男性にとっては、日本人女性とは、全員が例外なくアダルトビデオ女優である為、そのことに気づくことができる中韓の男性はほぼ皆無である。しかし彼は気づいた。

彼が私に相談する理由はもう一つあった。大学寮内で、何と、その彼の相談ごとを広めて欲しかったのである。私は相手が誰であれどなたかの秘密をどなたかに言ったりはしない。彼が私に言った。
”俺がこのように言っていることをみんなに伝えてくれ。妻の耳に入れて早く離婚したい。”
私は正直に言った。
”あなたが離婚したって、(その)日本人女性はあなたなんて相手にしない。あなたは日本人男性ではない。日本人女性は中国人男性なんか見てもいない。”
と。彼は逆上することもなくこう言った。火病を起こさない点が韓国人男性とは違う部分である。
”「本物の」日本人女性を知って以来その思想は理解した。理解した以上怒ることもない。”
そしてこのように付け加えた。
”君も含め、日本人女性が言うことなら何でも許してやる。”
と。彼は自分のお父様の財力を示すことで、彼は特別な存在だと思わせることができると思っていた。なぜならば彼は中国人男性だからだ。日本人女性はそのようなものになびいたりはしない。むしろ軽蔑だ。

彼の物思いは日に日ににどくなり、”俺はどうして結婚なんてしてしまったのか。どうしてもっと早く日本人女性に出会えなかったのか。”と、かなりの鬱状態に陥って行き、寮内で大変な有名人となった。カナダで育った時から中国人が大嫌いだったその日本人女性は、それを見て見下し笑うこともなかった。なぜならば、彼女の心中には、そのような状態になっている中国人男性であっても、彼女の心の中に入る余地は一切無かったからだ。

妻は気づかない振りをしていた。彼女はただ、心の中で日本人女性への憎悪を膨らませていた。彼女は服装を変えた。いつも典型的な中国人女性の、かわいらしさとは程遠い格好だったが、突然ミニスカートを履き始めた。でも、肝心の夫は、いつもパンツスタイルのその日本人女性に完全に狂っていた。

ある時妻はとうとう夫に質問した。
”私のことをもう愛していないの?”
と。それは簡単にできる質問ではないはずだ。そして夫は即答した。時が来たと思った。
”うん。愛していない。離婚しよう。”
”お父様に言いつけるわよ!”
”言え。俺の父親だって理解するよ。日本人女性に夢中になったら抜け出せないとね。”

妻は泣いた。シンプルにただ泣いた。

”あなた知ってるの?あの日本人女性は、あなたのことなんか相手にもしてないわよ。いつも笑顔で挨拶するのが日本人女性の特徴なのよ!あなたが好きなのではないのよ!”
”何とでも言え。お前なんか、彼女に比べたら美しさのカケラも無い。”

妻はその日本人女性を責めることさえできなかった。その妻の愛憎の中では、日中の歴史なんてどうでも良かった。そもそも、彼女は裕福過ぎて、日本を羨むどころか、彼女が欲しいと思った日本の物は何でも手に入る生活だった。妻はなぜ、その日本人女性をビンタさえできなかったのか?妻はもう一つの事実を知ったからだった。夫は一方的に勝手にその日本人女性にのぼせあがり、肝心のその日本人女性は夫を完全無視だったからだ。妻の全ての中国人男性の夫は、脳内でその日本人女性との結婚を夢見ていただけだった。「本物の」妻を完全に捨て。ご両親も捨て。

それ以降、彼女は大学に来なくなった。彼女はその日本人女性に何か復讐をしたくてもできなかった。なぜならば、自分が単なるマヌケだと寮内でゴシップになることを十分に分かっていたからだ。”あの日本人女性は勝手に恋に落ちられただけなのに、それなのに、マヌケにも妻は仕返ししたらしい。”と言われるのが関の山だった。ここはタイである。彼女は知っていた。みんな日本人女性の味方で、中国人女性には何のブランドも感じていないと。ここは中国ではないと。現実を知れば人は変わるのである。

彼は、今もただその日本人女性を愛している。好きなのではなく「愛している」だ。二言以上の長い会話を一切していないのにである。彼が好きなのは、ただその彼女の優しい笑顔と外見だけだ。彼は今は離婚している。お父様のお怒りは激しくなかったとのことだ。
----------

今回は、上記に出て来る日本人女性の友人に許可を得て書きました。上記は本当に「実話」です。信じ難いことかとは思いますが「実話」です。彼が逐一私に報告していたことも何もかも全て実話の会話です。

多国籍の寮内では本当に信じ難い人間関係模様があり、全て実話なことから、私はそのことをいつも書きたいと思ってはいるのですが、韓国(現在では中国も)が関係無いお話のことがほとんどであることから書くのをためらっています。

今回のエピソードからは何を申し上げたいかと言いますと、決して、”日本人女性はモテモテでー。”等、まるで韓国人男性が、”俺達は日本人女性からモテモテでー。”と恥ずかしいことを仰っているようなことを申し上げたいのでは一切ありません。では何を申し上げたいのか?

1.一般的に、あくまで一般的にですが、外国で長く育った場合、中韓の男性とは自然と見下す対象です。それと同時に、日本を愛しそのことを堂々と発言することが一般的となります。愛国心を持ち自国に誇りを持つことは当然だと教わるからです。
2.今回のエピソードのようなことは、日本や中韓の反日マスコミは絶対に隠されますが、最近よくある、日本人女性による中韓の男性の争奪戦との捏造の文言は、真実は完全に真逆な為に、反日マスコミにはよほどの悔しさがあるのだろうと思われます。
3.日本人男性がモテモテであることを過去に何度かご紹介しましたので、その女性バージョンも書かせていただきました。しかし、私はきれいごとが嫌いですので、中国人男性が日本人女性を通して、蒼井そらさんを代表として先ずはアダルトビデオ女優との視点でご覧になっていることも正直に書きました。韓国人女性が売春婦だと思われていることは韓国人女性は徹底して隠されますが、私はその日本人女性バージョンは隠しません。きれいごとは好まないからです。
4.日本人がご存知ない日本として、どれだけ日本が愛されているのか過去にかなり書かせていただきましたが、今回のようなエピソードも、日本人があまりご存知ない日本の姿でもあります。

様々な外国籍が交わる寮内。そこには本物の愛憎があります。たまにはこのように違った視点で書かせていただこうと思いました。

その中国人男性ですが、現在も目が完全に行ってしまっており、このまま破滅なさるだけでしょう。中韓の男性は、圧倒的な世界1位と2位で(当然日本を抜いて)異常執着をなさる「日本の限定で」アダルトビデオ内の映像の日本人女性しかご存知なく、「本物の」日本人女性をご存知ない為、そのことについては、インター等で、「本物の」日本人女性をご存知の中韓以外の外国人男性が、中韓の男性を思いっきりバカにする事実の一つでもあります。正直なところ、男性からも笑い者です。

日本人男性のように、一方的に中韓の女性から憧れられられているにも関わらず、中韓の女性のことを相手になさらずに完全無視なさる日本人男性には、中韓の男性の、日本人女性に性的に異常執着をなさる悲哀を理解なさることは難しくていらっしゃると思います。←このような表現は、中韓の男性への完全な嫌味で、中韓の男性を完全に見下していることはお分かりでいらっしゃいますよね?なぜならば、中韓の女性は安価で世界中でどこでも買うことが可能で、彼女達とのそのような行為により、”中韓を征服した!中韓の男性から奪ってやったぞ!”等思われる必要は、「世界一の」日本人男性には当然一切無い思考だからです。その点にもお気づきいただければと思います。

中国共産党の大変豊かな彼のパパが買えない「物」。それは唯一、「プロでない」日本人女性のみ。彼のパパも買えない。突然このようなことを書かせていただきますが、日本人女性は誘拐にもお気をつけになった方が良いと思います。日本人は、英語だけではなく様々な国での現地語が分からないと思い込まれている(反日)外国人の方々は、日本人の前で様々なことを仰ってます。私はいつも聞いていますが・・・日本で毎年、どれだけの日本人女性が行方不明となられてますでしょうか?中韓の男性の日本人女性への性への異常執着は、本当に甘く見られない方が良いと思います。小さなお嬢様をお持ちの方は特にお気をつけになってください。このようなことは、日本人女性にとっては大変嫌な話題かとは存じますが、それが「現実」です。韓国からトラックも来るようになりましたしね・・・本当にお気をつけくださいね。韓国から来たトラックに日本人女性を連れ込んで性暴行なんて、彼らにとっては迷いもなく大変簡単なことでしょう。

中韓の男性とは、本当にマヌケですよ。世界の女性からの嫌われ者で笑い者です。

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、韓国のご主人様である中国についてです。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。