スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論理的思考を持つことが不可能な、成りすましあちら側の男性方。

2013/04/13 (土)  カテゴリー/●在日韓国人。

今回のタイトルの、「論理的思考を持つことが不可能な、成りすましあちら側の男性方。」ですが、そちらの男性方とは、当然、韓国人男性/在日韓国人男性/成りすまし日本人男性(本当は韓国籍)です。韓国人男性=論理的思考をお持ちになることが不可能な男性とは、私がこちらのブログでよくお話をさせていたくだことの一つです。

私のブログを以前からお読みの方々はご存知ですが、普通は、私は日本人男性のことをとても尊敬していることや、もしくは、男性が女性のことをバカにすることがあっても、(もちろん私は女性ですのでたまには悲しくなる時もありますが)心理学を考慮すれば当然の思想だと思っています。でも、それは、私が女性でありながら、自分も含めて女性をバカにしているのでは一切なく、全てのことを学問上で証明されている事実を通して見ることが多いからです。こちらのブログ内で、↑このようなことをたまに強調して書かせていただく理由は、そのほとんど(ある意味全て)は、韓国籍の男性に対しては、女性がバカにすることが当然だとの思考に結び付いていることを強調する為でもあります。要するに、日本人男性を尊敬する私であるからこそ、韓国人男性/在日韓国人男性が論理的思考不可能であることは、男性を尊敬する女性の私で「さえ」、韓国系の男性はバカにし見下してしまいます。韓国籍の男性とは、男性を尊敬し、自分も含めた女性の感情を多少無視してしまう私のような女性からで「さえ」、大変バカにされる存在だとの事実を、(日本人)男性(日本人)女性と問わずにご理解いただきたいのです。

以前、韓国の国家ブランド委員会のことについて、英文のソースだったと思いますが幾つかご紹介いたしました。その中でこのようなフレーズがあったと思います。”韓国がブランドとして何を強調して行くのか(要するに捏造情報でごり押しをすること)は、数人の多少お年を召された男性のみで考えられている。”と。それは日本人の発言ではなく、韓国人の英文によるソースを元にした発言だったと思います。多少お年を召された男性には何の罪も無く、要するにポイントは何かと言いますと・・・

”日本人女性は韓国人男性に夢中です!”系の記事が出る度に、掲示板でもまとめサイトでも何でも良いです。その中のコメント等で、”どうせ、下品で性的なことしか頭に無いオヤジ共が書いてるんだよ。”とコメントされる日本人男性が多くいらっしゃいます。日本で、”日本人女性は韓国人男性とそのようなこと(性的なこと)をしたい!”等の記事をお書きになる位ですから、在日韓国人の可能性が大変高いと思いますので、コメントされる日本人男性もあえてそのようにコメントされるのだと思います。要するに、多少お年を召した男性をバカにされているのではないわけです。あくまで、「韓国臭」が漂うからです。

ではポイントとは何だったのか?と言いますと、日本の韓国臭漂う気持ち悪い記事も、韓国系の男性による、韓国人お得意の妄想=日本人女性は韓国人男性に夢中でー・・・と何の疑いも無い思考をお持ちの方々が、韓国国家ブランド委員会と同じように、数人の多少お年を召された韓国系の男性で記事を書かれているのでしょう。しかしながら、そのように愚かで論理的思考をお持ちになることが不可能で、女性からも見下される韓国系の男性とは、”俺達は日本人女性からモテモテ”が口癖でいらっしゃいますが、実は日本人女性を全くご存知ありません。また、韓国人女性も同じで、”日本人女性は日本で韓国人男性争奪戦をしているアダルトビデオ女優でー。”
ですが(ソース等は過去に掲載しておりますので割愛いたします)、韓国人とは、女性であってもその頭の中は売春等の性的なことばかりで、日本に対しても、”日本人女性は韓国人男性に征服されている!”です。妄想と彼ら彼女らの思考の中心(性的な日本人女性への征服のみが生きがい-ソースは過去にありますので割愛いたします-)で妄想記事を書かれるので、彼ら彼女らの日本へ向けられる記事はいつも変なんです。日本人女性の頭の中には無い性のことを中心で物事を捉えられるからです。

韓国人男性/在日韓国人男性の大変大きな特徴の一つは、皆様ご存知の通り、俺達は日本人女性からモテモテとの妄想的思考ばかりで、実際はもてない為に、日本でもこのような記事が出ます。→2月の記事ですので多くの方はご存知だと思いますが、笑韓ブログ様より、”韓国で楽しむ新婚旅行のススメ”とのことです。

結婚式と言えば、男性は無理されてでも女性に合わされ、結婚式でも必死に女性の夢を叶えようとしてくださる、ある意味女性にのみ主役を譲ってくださる場でもあると思います。新婚旅行は確かに男性女性で楽しく話すことができることでしょうが、上記の記事からはあることが見えます。

1.女性側のみの視点から書かせていただきますと、韓国のような、国内旅行よりも安くみんなに楽しくお話できないような新婚旅行先なんて嫌です。影で笑われるのがオチです。チープな旅行先としてであれば、お花畑にいらっしゃる方々には人気だと思いますが、新婚旅行で韓国って・・・

2.女性からのみの視点から書かせていただきますと、韓国は臭いから嫌です。あんなに臭いキムチ臭の方々ばかりの中でロマンティックな旅行なんて、冗談もいい加減にしていただきたいです。

3.男性であるのに男性を騙せるとお思いの、論理的思考が不可能な韓国系の思想+これこそ、韓国が一番日本には隠されたい/韓国人の自尊心が一番崩壊するあることは、徹底無視されている思想が出ています。それは何か?男性の皆様であればご存知かとは思いますが、韓国なんて未だに安価な韓国人女性を買いに行くだけが関の山の国です。ホテルに泊まってもタクシーに乗っても、どこでも本当にどこでも、売春のお誘いを受けます。そのような国に新婚旅行で行かれた場合、新婚早々夫婦の危機です。男性だって嫌がられます。女性からのみの視点から書かせていただきますと、新婚旅行で、韓国の性のこと等を何もご存知ない日本人女性だった場合、新婚の夫がそのような売春の誘いを受けている=夫が自ら売春婦を買おうとしていると勘違いしてしまいます。新婚旅行でそのようなことが・・・かなりの離婚の危機でしょう。映画のようではありますが、新婚の女性が夫のお母様にお電話をして泣きつかれても、夫のお母様で「さえ」お嫁さんの100%味方になってしまう程の事実なるでしょう。男性にとっても女性にとっても「悪夢」です。

4.「韓国のスパにマッサージに」とは、女性だから騙せるとお思いなのでしょうが、韓国のマッサージと言えば、アメリカでもどこでも売春として有名ではないですか?徹底して韓国を美化される記事です。

5.楽しくて楽しくて・・・そのような気分で歩いていらっしゃる時に、皆様がご存知ないだけで「韓国語で」、”アダルトビデオ女優!”・”日本人女性ドブス!”等々、ヤジやクスクスと笑われながら言われる国です。その上、”謝れ!”等々・・・楽しいはずの新婚旅行が、女性であれば涙するだけの旅行となってしまいます。

6.新婚なのに、韓国である以上、性暴行・その他暴力事件等に遭う可能性がある。

今回の全てを通したポイントは何だったのかと言いますと、あちら側の方々の「妄想」のみで成り立っている記事との証明です。それだけです。実際は韓国系の方が書かれていなくても、記事内にはあちら側の思想しか出ていません。あまりにもてない韓国系の男性は、日本人女性の気持ちを完全無視した妄想でしか何事もお書きにはなれないのです。

今回はあえて、「女性のみの視点から・・・」とのフレーズを多用しました。なぜならば、韓国に新婚旅行で行きたい女性(新婦さん)なんていらっしゃらないからです。もし疑わしいようであれば、男性の皆様は、明日、”家庭でも学校でも職場でも居場所が無くなっても良いや^^”と思われる方のみ、周りの女性にこのように仰ってみてください。”君には韓国がすごくお似合いだね。好きな物はキムチかな?女性でキムチか・・・臭そうだね。顔もスタイルもまるで韓国人女性のようだよ。もしかしたら韓国とのハーフかな?”と。その瞬間から徹底無視されるでしょう。でももし、”君にはイングランドがすごくお似合いだね。好きな物は薔薇の花で溢れる英国スタイルのお庭かな?薔薇か・・・良い香りがしそうだね。顔もスタイルも、もしかしたらイングランドとのハーフかな?”と。その瞬間から高感度は相当の上昇でしょう。(イングランドを例に出したのには特に理由はありません。自分の育った国のアメリカかイングランドかにしようと思って書いただけで、別にどこの国でも良いです。)

これが、一般的な日本人女性の韓国へ向けられる思考です。要するに、韓国とは「憧れる」国では絶対にないですし、新婚旅行なんか絶対に嫌です。

最後に真面目に書かせていただきますが、いかなる理由であれ、平気で”日本人は死ね!”と日常的に仰る国韓国への渡航を勧められるなんて許されるべきことではないでしょう。韓国に渡航するのであれば、日本の世界遺産でも何でもあります。日本は、外国人が憧れて止まない訪れるべき地が多くあります。私のタイ人のクラスメイトの内の一人は、”日本1周をする!”と言って、時間ができれば日本に旅行に行っています。毎回毎回感動して帰国しています。彼はクラスメイトと言っても先輩で、彼は現在バンコクの国連事務所で働いていますが、彼の親日具合が少しは将来的に採用されていることがあるかもしれません。私達にとっては当然の日本ですが、彼にとっては日本旅行は彼の夢の内の一つです。ちなみに、彼の口からも韓国との言葉が出たことは一度たりともありません。

今回の記事を通しますと、結婚式・・・私の親族の男性の一人の結婚式で、彼は結婚式の演出のことで奥様のわがままを全て受け入れていました。一般的な男性はそのようにされるでしょう。その中には、ドラマのような、男性には耐え難いほどの演出もありましたが^^;、その演技をしなければならない前、彼は大変な緊張でこの世のものとは思えない程の緊張した顔をしていました。でもお式の後はとても幸せそうでした。男性は女性の知らないところでも一生懸命努力していらっしゃいますよ。今まさにこちらのブログをお読みくださっている方々の中にも、結婚や新婚旅行を控えられた方々がいらっしゃるかもしれません。面識もございませんが、皆様のお幸せをお祈りいたします^^V

今までは、韓国への旅行「のみ」は、日本の反日マスコミを通した徹底的なごり押しと韓国に都合良いだけの捏造情報が日本に蔓延していることから、韓国への渡航は自己責任とは言えないのではないか?との考えを持っていました(未だ持っています)が、もうそろそろ、韓国への渡航「も」自己責任と言われても仕方ない時期になっているのかもしれませんね。ここタイでは韓国からの避難勧告が出ていますが、日本はいかがでしょうか?文化的思想は知らなかったで済まされますが、政治動乱に関しては、知らなかったでは済まされない気もします。

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、韓国への新婚旅行です。韓国なんて、安価で何でもしてくださる韓国人女性を買いに行くだけの国です。新婚旅行なんてとんでもないことです。
関連記事

タグ : 新婚旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。