スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tell me a lie・・・

2013/05/14 (火)  カテゴリー/●韓国の日常=性暴行。

人生には、大人であろうと子供であろうと、当然人それぞれの歴史があり、”あなたのお気持ち、よく分かります。”なんて、それはほんの社交辞令の言葉の時があります。しかしながら、事実として、そのような社交辞令が精一杯の言葉の時もありますよね。

最近だったとは思いますが、私は過去に大きな病気をしたことをほんの少し書かせていただいたと思います。どれ位の大きな病気だったとかと言いますと、もし本当にその病気であれば確実に死亡となる病気でした。要するに生き残る道は無い状態でした。その宣告があった後、そのいつも見てくださっていた先生が、いつまでも私の後姿を見送っていらっしゃったことは知っていました。”彼女は死んでしまうんだ・・・”と思われたのです。大病とは、ありきたりの言葉かもしれませんが、やはり人生観を大きく変えます。私が、年齢のいわゆる「若さ」にこだわらない理由はそこにもあります。若さを持っていても、健康に生きることができなければ何の意味も無いと気づいたからです。その時、この世を去ることが怖くなかったと言えば嘘にはなりますが、この世を去ることで楽になられるのであればそれで良いと思っていたほどでした。入院は日本でしました。

私が入院した病院では、小児科でも、本当に回復の見込みが無いとまで思われている子供達は、私のようにどんなに若くても(当時)高校生にはなっている(た)、大人と判断される病棟と同じ階の個室に入院させられていました。「させられていた」とは適切な表現ではなく、それはお医者様方の思いやりで、その小児科の患者のご家族方も感謝なさっていました。表現は適切ではないとは思いますが、本来であれば、個室に入院なさるいわゆる経済的余裕が無いご家族のご子息やお嬢様方が、せめて、最後のその瞬間までご両親と一緒に安心して楽しく過ごせるようにとのお医者様方の優しさでした。私自身は入院費用の心配をしたことは無かったのですが、恥ずかしながら、その時初めて、安心して治療できない子供達がいらっしゃるのだと知りました。自分が入院してから気づくなんて、本当に恥ずべきことです。

その病院内の廊下の共有スペースに、お見舞いの方々もお使えになれるようにと、ちょっとしたきれいなオープンスペースの洗面所がありました。夜、たまに眠れなくて廊下に出ますと、その小児科の患者のご両親、特にお母様方がそこでお独りで静かに泣いていらっしゃる時がありました。花瓶をお持ちになり、お花の手入れをなさる振りをなさりながらいつも泣いていらっしゃったのです。ご子息かお嬢様の前ではお泣きにはなれないからです。拝見する度に慰めて差し上げたかったのですが、そのような慰めの言葉は単なるきれいごとにしかならないと分かっていましたので、見てみぬ振りをし、自分のことではないのですが、自分の部屋に戻った後に、そのお母様方のお姿を思い出し涙が出ました。

子供達が好き好んで病気になっているわけもないのに強く振るまい、ご家族はただ悲しくも強くおられ、そこに共通していることは、「一般的には」どなたも誰にも文句を仰らずに責められずに、ご自身のお心の中で解決されていました。強くいなければ乗り越えられないからです。そのようなことを思い出す度に本当に思いますが、在日韓国人は、あんなにも日本で優遇されていながら、大人であってもいつも口を尖らせて日本への侮辱の文句ばかりです。在日韓国人から、その在日韓国人への手厚すぎる生活保護費等を、少しでも日本の不幸な状況にいる子供達に使って欲しいとの要望なんて出たことも無いですよね。いつも我慢するのは日本人です。

大人になっても、病気は病気で、大人であれば悲しくないなんてことは絶対にありませんが、やはり、重病の子供達の姿を拝見することは、私自身も病気で入院していたわけですが、本当に辛かったです。一番辛かったのは、彼ら彼女らが学校に行けないことに苦しんでいる姿でした。

私自身は、お医者様も全く理解不能なほどあることが理由で突然回復し、お医者様方も現代医学では解明できないと仰いました。アメリカで育っていた私が大学はタイに留学し、そのタイでの留学を続けている理由は、実はそのことが大きく関係しています。これ以上は、ブログの趣旨とは関係の無い単なる個人的なことになりますので割愛致します。

このような大変長い前置きで私が何を申し上げたいかと言いますと、”私が本当に大学生か?”と思われるほど、この世の出来事全てに本当に冷めている理由や、女性でありながらも、私のブログにフォーカス致しますと、韓国人男性/在日韓国人男性による、日本人女性の性への尋常ではない世界一の異常執着に対しても躊躇せずに知ろうとする理由は、病気になった当時の記憶から、現在でも私が全ての物事に対して大変冷めているからです。私にとっては、事実は事実であり、いつもきれいごとはどのような分野でも必要ないことだからです(私のブログの趣旨にフォーカス致しますと、韓国人男性による日本人女性へ向けられる性への視線を隠さずにご紹介することです。隠すとは=要するにきれいごとになりますので、きれいごとはいらないとの思想です。)この世を去らなければならないのだとあの時覚悟した時、この世を去る時は本当に一人で、人は取り乱さずに毅然と強くあらねばならないと思いました。しかしながら、それは、結果として私が回復したからこそ、今このように言えることだとは思います。

この世の辛さは、何も病気だけではなく本当に多くの事がありますが、「今回は」病気のみにフォーカス致しますと、そのような状況の子供達やご家族は、正直なところ、日本の政治を考えるお時間なんておありではないと思います。ご自身の感情をコントロールなさることで心は使われていると思います。

私は未だ大学生で、結婚もしておらず当然子供も持っていませんが、それでも見ず知らずの、はっきりと申しますと全くの他人の日本にいらっしゃる子供達、特に女の子達のことを、韓国人男性/在日韓国人男性による、日本人女性の性への世界一の異常執着からお守りしたいと勝手に思っている理由は(それはこちらのブログを書かせていただいている理由の一つですが)、結婚もしておらず子供もいない学生だからと言って、子供達のことなんて知りませんではなく、心配する精神的余裕のある私が、変わりに心配させていただくのは当然のことだと思うからです。子供達から隠れてひっそりとお独りで泣いていらっしゃるお母様方に、”ご存知ですか?韓国人男性が、日本人女性に対してまたこんなことを仰ってるんですよ。気持ち悪いですね。”なんて、言えません。それならば、その子供達を守ってあげることができる他の日本人の大人=例えば私がお守り差し上げれば良いと思います。しかしながら一方で、お子様を持ちたいと思っていらっしゃってもお持ちになれない方々もいらっしゃり、そのような方々に対して、”お子さんはいらしゃらないですよね?他人の子供のことを心配してあげてね。”なんて、言えますでしょうか?当然申し上げようとさえ思いません。なぜならば、日本の為にできることは、何も子供達の将来を心配することだけではないからです。その他にも多くの大切なことがあります。

ただ私が日々感じますのは、日本政府はどうして未だに、敵国中韓の方々に無償の多額の手厚すぎる奨学金を差し上げるのに、病院で本当に不安な思いで入院している日本人の子供達を保護なさらないのだろうか?と不思議でなりません。

苦しい思いをして病気を乗り越え、奇跡的に回復して大人になった後、その子供達が希望を持って就職した職場に、このような韓国人男性/在日韓国人男性がいらっしゃいますとどうなるのでしょうか?皆様ご存知のことですのでタイトルのみをご確認いただければ十分なのですがNews U.S.様より、”韓国のセクハラ報道官、なんとノーパン(性器を見せ)で女子大生をお出迎え!!!!お尻を触った事実も認める!!!!!既に全米メディアは「SEX ASSULT=強姦」として報道!!!!!やっぱり挿入ありのレイプ事件だった!!!!! 韓国大好きNHKも一切報じず!!!!とのことですが、なぜそのような行動になったのかと申しますと、そのような韓国人男性の行動の理由については、詳細はくどいほどに過去にご説明致しておりますので、今回は本当に要約の要約ですが、

1.おそらく日本人女性は全くいなかった環境で、周りの女性はほぼアメリカ人女性だったと思われますが、そうでありますと、いくら韓国人男性でも、日頃異常執着なさっている日本人女性よりもアメリカ人女性にその先矛が向かっただけです。「日本人女性に太極旗を刺す」との韓国人男性の合言葉がありますが、その白人女性バージョン(主にアメリカ向け)は、「白馬に太極旗を刺す」と韓国では言われています。要するに、アメリカ人女性を「征服」との意味です。征服なさりたかったのでしょう。

2.確かに、韓国人男性が世界一の執着でご覧になるアダルトビデオは、その99%が「日本の限定」で異常執着なのですが、その矛先がアメリカにのみ向かう時、”アメリカといえばポルノだ!”と勝手に騒いでいるのも韓国人男性です。要するに、今回「も」、幻想(アメリカのポルノ内の演出)と現実の世界の区別がおできにならなかったわけです。皆様は、”え?!”と思われるかとは思いますが、韓国人男性は、アダルト関係の映像の演出は全て真実であると信じていらっしゃいます(とにかく過去のエントリーをご覧ください^^;)そこで、アメリカ人女性にはポルノ内の演出のようにそのようことをしても、むしろアメリカ人女性は喜ぶと思われたのです。

3.どのようなことでも韓国の文化が世界標準だと思っていらっしゃいますので、アメリカ人女性に韓国人女性に対することと同じことをなさっても問題無いと思われたのでしょう。なぜならば、韓国人の世界標準は全て韓国なんです。また、韓国人女性は売春がご趣味ですので(本格的に調べますと、本当に趣味なんだなと判明しますよ。)、世界の女性も喜ばれると思われているのでしょう。

4.自称:アメリカでも韓国人男性はモテモテを信じていらっしゃる為。過去のエントリーで、韓国人男性の記者が、バスだったと思いますが、バスの中で突然アメリカ人女性に話しかけられ、”再婚できるなら韓国人男性と!”と迫られたか何かの空想話が記事になっていたのをご紹介致しました。

5.”韓国人男性がたくましくて女性に優しくてー・・・”は単なる捏造のプロパガンダで、韓国人男性とは、実際は単なる万年属国の男性の為、女性を思いやろうとする余裕が一切無い。思いやるどころか嫌がらせがお好きである。そのような格上の国の女性に嫌がらせをなさることで、自国の女性が現在も安価で何でもありの売春婦として世界中の男性のそのような道具になっていることから、どうにかしてご自身のお心を知らない内にお慰めになる。

今回のことでアメリカ人にとって大切なことは、自国の女性が、「白馬に太極旗を刺す」との気持ち悪い表現の性の対象と韓国人男性からみなされていることを認識なさることです。そして、頻繁に私が訴えていることですが、韓国人男性には近づかない/近寄らせないを、個人レベルではなく国レベルでもなさることです。韓国人男性の性の思想には、必ず、”俺達韓国人男性が、日本人女性か、今回であればアメリカ人女性を「征服」!”との思想が入ります。大変危険です。その上、日本人女性/アメリカ人女性を彼らが勝手に征服とする行動は、事実上、日本人男性/アメリカ人男性を征服したことにもなります。世界中の国々が韓国人男性を入国禁止にすべきなんです。被害者はたった一人との考えではなく、一人「も」です。お一人でもこれ以上の被害者を出さない努力を、国レベルで努力する時にとっくに来ていると思います。

では、この日本人は関係ない出来事が、一体こちらのブログの趣旨と何が関係あるのでしょうか?こちらも頻繁に訴えさせていただいているのですが、単なる通行人同士の関係であれば韓国人男性を無視可能ですが、単純な例としまして、日本の売国企業が韓国人を積極採用なさってますが、彼らはそれで日本に合法的に入国し、近い将来、どなたかの日本人女性の上司・どなたかの日本人男性のお嬢様の上司と必ずなられます。その時にどうでしょうか?お勤め先ですと、特に上司の場合、無視するだけでお過ごしになれますか?それは不可能だと思います。

アメリカのことでは、韓国も見かけだけの謝罪をなさったりこのようにニュースにもなりますが、日本人女性が相手であればどうでしょうか?韓国がよく仰るのは、”日本人女性は韓国人男性に性暴行されて当たり前。”ですよね。それは皆様ご存知の通りです。そして、”私は韓国人男性に性暴行されて・・・”等、公の場で発言なさる日本人女性はいらっしゃらないと思います。要するに、実際は多くあっていることですが、表には出て来にくい話題です。

また、日本のマスコミは、なぜかそのような本当の韓流=性暴行と売春文化を大々的には報道なさいません。韓流なのにです。日本のメディアは本当に罪深いです。ここまでの罪深い存在に恐ろしくなるほどです。いつの日かマリア様のお裁きがあるでしょう。

また、性暴行国家の韓国が、アメリカでも、従軍慰安婦=事実は単なる売春婦の韓国人女性の銅像か何のかは存じ上げませんが、ご活動をなさるなんて本当にお笑いですよね。

今回の裏のテーマは病気の子供達にフォーカス致しておりますので、例としてはその他にも多くありますが、今回は病気の子供達にのみフォーカス致しますが、せっかく大病を乗り越えられ希望に満ちて社会に出られる時、そこに、韓国人男性/在日韓国人男性の上司なんぞがいらっしゃったら、本当にお可哀相です。

嘘でも良いので(tell me a lie)、いつの日か、韓国人男性の入国が禁止になる日が日本に来ると、日本の国会で議論される時が来るとどなたかに約束していただきたいほどです。でもそれは、どなたかに人任せではなく、肝心の日本人女性が声を挙げなければならないことだと感じます。私には、私にできるこでしか活動はできませんが、子供達の未来の為にも、徹底した日本人女性への性暴行欲しかおありでない韓国人男性への、無償の多額の奨学金を近い内に中止と、韓国人男性が日本へ入国の際は、必ず指紋や髪の毛(DNAサンプルの為)の採取/性暴行が起こった時には、韓国人男性/在日韓国人男性の指紋やDNAサンプルで直ちに照合できるシステム等の構築を日本政府にはなさっていただき、中韓の男性への無償の奨学金を、入院生活さえ経済的に困難な日本人の子供達の為に教育費用としてお使いいただきたいです。

韓国人男性からの性犯罪は、”自分だけは大丈夫。”だと思われることは、恐れ入りますがかなり甘い思考だと感じます。最終的にはご自身の身を守られのはご自身ですが、自分自身で守ることだけは不可能な為、韓国人男性に関しては、日本の行政にも協力していただかないと困るのです。一方で、女性であるから女性の身を守ると「のみ」考えるのではなく、日本人男性のことも同時にお守りするべきだと感じます。以前エントリーさせていただいた中で、戦時中中国で、性暴行からお嬢様を守る為に、頭を叩き割られてもお嬢様をお守りになり結果として死亡なさった日本人男性のお話でしたが、現在ですと、韓国人男性から女性を守ろうと、公のご身分でも一般の方でも、現在でも日本人男性にも被害が出ているのでしょう。日本人男性も同時に守られるべきです。

韓国人男性とは、本当に普通ではなく大変気持ち悪い存在です。なぜならば、韓国人とは、どのような時でも幻想と事実の区別がおできないならないからです。

正直なところ、今回はこんな私でも驚きましたが、皆様、日本人で一致団結して、韓国人男性の入国を拒否できる日本となるように頑張りましょう!

「日本人女性に太極旗を刺す(事実上性暴行でも可=日本人男性も同時に征服と勝手に判断なさる)」との思想を韓国人男性は「例外無く」お持ちです。本当に気持ち悪いですが、どうかお気をつけください。

次回こそは、楽しい話題を書かせていただきますね^^;

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、本当の韓流です。某韓国人男性グループが、日本のある香水のイメージキャラクターに選ばれているようですが、キムチ臭の香りしか想像できないのですが・・・どなたが買われるのでしょうか?
関連記事

タグ : 韓国人男性 本当の韓流

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。