スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人男性から身を守るとは、「リスク管理」の一つです。

2013/07/27 (土)  カテゴリー/●china&south korea

「迷惑な韓国」とは韓国の事を扱うブログですので、今回のカテゴリは「中韓」と言いましても、今回も主に韓国にフォーカスいたします。

くどいですけれども、日本人女性の皆様におかれましては、性的な事で中韓の男性を甘くご覧になる事だけは、どうぞお止めください・・・

私はいつも思いますが、日本人女性とは、世界一悲惨な運命にあると申しましても過言ではないと思っております。その意味とは、中韓の男性から「性的に」徹底した異常執着をされている点です。

また、毎日新聞による変質的な報道も代表ですが、自国の女性を貶す報道をなさるのは、正直なところ日本のみではないかと感じます。あのような報道は、現在私がおりますこちらタイを例にいたしますと、国を挙げて大変な事になります。

その上、韓国人女性・在日韓国人女性が日本人女性に成りすまされ日本人名を使用し、世界中で(日本でも)売春等の性風俗産業に従事なさる事で、日本人女性とはそのような女性であると勘違いされている外国人も、世界中で確かにいらっしゃいます。そのように報道される事もあります。

付け加えまして、実際に中韓の男性から性暴行をされた(ている)のは、過去も現在も日本人女性ですが、日本人女性はそれに対して声を挙げる事さえ抑えつけられています。

要するに、悲惨な状況です。

このように書かせていただきますと、「日本人女性は、”世界”中でビッチで有名でー・・・」と仰る方々(日本人成りすましの在日韓国人等)が沸かれます。好きなだけ仰ると良いのです。

なぜならば、あまりにそのように仰ると、「世界」を語られる資格はおありでは無いとばれるからです。

上記の台詞とは、「本当の世界は知りません。空想で言っています。」と、簡単に嘘だと分かる台詞を仰っているのと同じです。

と申しますのは、私は育った環境から、アメリカ・イングランド・そして、ここタイでと、本当に様々な国籍の方々と接し、ほとんど日本以外で生活をして参りましたが、若年層の女性がそのように乱れているとは、外国人こそがそのようでいらっしゃいます。親日国に対しては本当に申し訳ありませんが、事実のみを述べますと、ほとんどの国の女性が、かなり性的に乱れていると私は断言いたします。

寄宿舎での生活の時は違いますが、寮での生活なんて本当に滅茶苦茶です。特に、中韓の女性の乱れはすごいです。

日本人女性の事「のみ」を貶されるあちらの方々は、嘘がばれるとはお分かりにはなりませんか?

私はあまりに男性に興味を示さない為に、あまりふさわしい発言ではないかとは思いますが、同性愛者であるとのレッテルを貼られた事があり、その誤解を解くには相当の時間がかかったほどです(ふざけてはおりませんで真面目に申し上げております。)誤解を解く事は大変な事でしたが、男性に恋に落ちた所を実際に確認してもらって以降は、誤解されてはおりません。

その同性愛者認定の理由は、男性(友人か、その他「助ける」との理由がある場合は別ですが)に誘われてもデートや食事にさえ行かない・男性の地位や財産に一切の興味を示さない・男性には友情以外では興味を示さない・性的にeasyであるのは良くなく保守的になるべきだと、同年代であるにもかかわらず、教室内でクラスメイト達にお説教をしてしまった為・・・等です。

なぜ、そのような事をわざわざ書かせていただいたのかと申しますと、それを違った思想で考慮いたしますと、世界中で、性に保守的な女性を探すなんて(イスラム以外)、本当に至難の業だとご理解いただく為です。

それでありますのに、何故か日本のマスコミ等は、「日本人女性(のみ)は世界ではビッチで有名でー・・・韓国人女性は性に閉鎖的でー・・・」です。私は笑いしか出ません。一体、どこの「世界」でしょうか?中韓の女性が一番乱れているのではないかと実際に拝見している私は思いますが・・・

では、日本人女性の世界一悲惨な運命を多少ですがご理解いただいた上で、中韓、特に韓国への修学旅行について再度書かせていただきますが、本当に中止するべきです。そこには理論が明確にあるからです。差別ではありません。

過去に何度も訴えております通りです。

私の主張は、
「韓国で、性犯罪に遭わなかったから良かった。」
ではなく、
「性的な対象者としか日本人女性が見られていない国韓国に、わざわざ渡航する必要はない。」
です。

現在では、私のブログの内容の多くは信じていただいているのですが、それでも信じていただけない事は多々あります。

それは、韓国が、日本人女性にばれては困ると一番に思われている、日本人女性は韓国でどのように思われているのか?についてです。

私は育った環境から日本語も下手です。また、大学生の本当にド素人で、しかも女性が書かせていただいておりますので、「こいつの事は信じられない。」と、徹底した男尊女卑思想をお持ちの成りすまし日本人の在日韓国人も、私に対してであれば攻撃なさり易いのです。

その上、女性の皆様に対して、いかに抵抗感なくお読みいただくか?と考慮いたしますと、性的な事ではどうしても言葉を濁すしかありません。

そのような中で、さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」様より、”韓国へ修学旅行? 日本国内でも行くべきところがたくさんあります。 ”との事で、そちらの中での漫画ですが、私が申し上げたい事を、ここまで表現してくださっている漫画があるのだろうか?と感じて拝読いたしました。

そちらの漫画はたまたま中国ですが、韓国も同じだとお考えいただいて全く構わないと思います。

過去に何度か書かせていただいておりますが、中韓、特に韓国への修学旅行で、日本人女子高生の皆様に制服着用で渡航させていますが、リスク管理は一体どうなっているのかと、学校関係者にお聞きしたいものです。韓国では、日本人女子高生の皆様の制服姿とはアダルトビデオ女優だとしか認識されません。そちらについては過去に書かせていただいた通りで、韓国人男性数人からもはっきりと言われましたし、実際韓国ではそのように思われています。

また、韓国人男性が日本に来られて女子高生の皆様の制服姿をご覧になり、下のアングルから写真撮影をなさり、日本で性衝動を我慢する事が難しかったと、写真を見せられながらはっきりと言われた事も過去に書かせていただいております。本当に我慢なさったのでしょうか?今考えますと、性暴行したのかもしれません。

漫画の中での描写ですが、(誤解なさならないでください。漫画に対してケチをつけている等の失礼な意味では全くなく)甘いです。

私のブログは信じていただけなくても、さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」様で紹介されている事であれば信じていただけるかと思いますので、今回は良い機会ではっきりと書かせていただきます。

実際の中韓の男性から日本人女性への性暴行となりますと、最終的には殺害をされるのが当然ですが、性暴行中に徹底して殴られる・徹底して複数の男性から同時に性暴行される・単なる性暴行では済まない・日本人女性へ対して限定での、徹底した征服欲を行動で表される等です。

結果として、顔面複雑骨折・臓器破裂・女性としての機能を失う・全身からの出血等で、要するに拷問と同じですので、生き残ったとしましても相当の治療が必要です。精神的治療も必要となります。

また、漫画の中で、「痛い」・「やめて」等の台詞がありますが、韓国人男性から実際にお聞きいたしましたし、韓国人男性社会では大変有名な認識ですが、日本人女性が「日本語」で「やめて」と仰る事は、中韓の男性に相当の快感を与えます。

その理由としては、世界一の異常執着をなさっているアダルトビデオ内で聞こえる日本語と一緒だと確認ができる事と、「やめて」とは韓国人男性にとっては、「こんにちは」よりも有名な日本語ですので、日本人女性が本当に嫌がっている事を認識できるからとの事です。

日本人女性が「日本語で」stopとの意味の何かを訴えられる事は、彼らにとってはかえって相当の快感を与えます。日本語は話されない方が良いと思います。英語が良いかと思います。

中韓の男性から身を守りたいと私が思うのであれば、どのようにして身を守るのか?から考えます。そうなりますと、先ずは彼らの思想を知る事から始めます。

例えば、従軍慰安婦=実際は単なる売春婦とは、確かに政治ゲームにしかすぎませんが、それへ対する彼らの性への思想等を理解いたしますと、過去にご説明いたしたかとは思いますが、最終的にはやはり日本人女性の性へ繋がっているイシューとなります。在日韓国人による日本人女性強制収容所を訴えられるページもそうです。なぜか、最終的には日本人女性の性へと思考は繋がります。

ありとあらゆる事が、なぜか日本人女性の性へと繋がる国が韓国です。

日本に渡航される中韓の女性が、日本人男性からの性暴行等に怯えられる必要が無い状況の中、日本という比較的安全である社会に慣れていらっしゃいますと、中韓の男性からの性暴行なんて無いと思われる方々もいらっしゃるのかもしれませんが、実際の中韓の男性からの性暴行とは、ご紹介いたしました漫画レベルでは済みません。断言いたします。中韓の男性からの日本人女性への性暴行欲とは、そこに日本人女性「限定」へ対しての徹底した征服欲があるからです。

中韓の男性から身を守られるとの思想は、「リスク管理」であると、どうぞ認識なさってください。

日本にいらっしゃっても、中韓の男性にだけは近寄られるべきではありません。本来であれば、日本で身を守るべきなのは日本人の責任と義務ではありません。中韓の男性にご帰国いただけば良いのです。

中韓に修学旅行に行かせるなんて、日本政府にはどうにかご対応いただきたいです。むしろ、政府が対応すべき事ではないかと思うのですが、皆様はどのように思われますか?

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、リスク管理です。

さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」様を勝手に引用させていただいておりますので、今回は、私の記事へのブログランキングクリックではなく、さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」様へのクリックをお願い申し上げます。
関連記事

タグ : リスク管理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。