スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人女性から学ぶもの?

2013/08/03 (土)  カテゴリー/●世界中で自発的売春をする韓国人女性。

今回は、韓国人独特の思想の背景を、いつものようにご説明する事が時間の問題で難しいのですが、今回登場するその思想の背景は過去にご説明いたしております。

そこで今回は、なぜそのような思想になるのか?との背景については、過去のエントリーで詳細をご説明いたしておりますので、今回は全て過去のエントリーをご参照ください。

今回ご紹介いたしますのは、「アシアナ航空に日本人女性が学びに来た。」との記事なのですが、韓国人とはそれを、「清楚な韓国人女性に憧れる性的に乱れた日本人女性が、アシアナ航空に学びに来た!」と捉えます。国民一同で満足できるニュースとなります。なぜでしょうか?

その理由(根拠・詳しいご説明等は過去のエントリーをご覧ください。)

1. 日韓のマスコミでもこのようなプロパガンダが行われていると思いますが、韓国人が人生をかけて一番執着していると申し上げても過言ではない台詞は、「日本人女性は性的に乱れているが、韓国人女性は清楚。」です。その台詞は、韓国人のアイデンティティを形成している韓国人一丸となった認識の一つです。

毎日新聞での変態的な報道や、「韓国人女性は、水着にもならないんですよー!」等の、日本のマスコミのプロパガンダでの台詞等も思い出されてみてください。(更なる、その思想の詳細とご説明は過去のエントリーをご覧ください。)

2. 皆様ご存知のことですが、韓国人が日常生活でよく仰る台詞がありまして、「韓国では女性が美しいが、日本では女性が醜い。」です。

このようなご説明は信じ難くいらっしゃるでしょうが、上記の台詞も、韓国人のアイデンティティを形成している、韓国人にとっては大変重要な韓国人一丸となっての大切な認識の一つです。

その為、上記のようなニュースは韓国では、「醜い日本人女性が美しい韓国人女性に憧れて学びに来た!」となります。

今回のニュースにフォーカスいたしますと、フライトアテンダントの方々とは、世界中で認識が全く違うご職業かとは思いますが、韓国では特に美の象徴の職業であり、あくまで女性の世界のものです。

韓国人とは、韓国人の価値観=世界共通の価値観であると思い込まれています。その為、「美の象徴韓国人女性に、醜い日本人女性が学びに来た!」となります。(更なる、その思想の詳細とご説明は過去のエントリーをご覧ください。)

3. こちらは皆様ご存知の、「日本が韓国に憧れてー・・・」云々の台詞です。その台詞通りで、「日本人が韓国に憧れて学びに来た!」となります。

簡単にご説明いたしますと以上です。

では、そのニュースの要約です。segye.comより、”アシアナ航空の機内サービスを学びに日本から来ました。”(今年1月のニュースなのですが、前回に引き続き完全に見落としておりまして、今頃のご紹介で申し訳ありません。)

先ずは、そちらのページの画像をご覧いただきたいのですが、日本人女性に韓国の国旗を持たせる。韓国人は大変満足なさいます。なぜならば、それは=征服!となるからです。韓国人女性が日本の国旗をお持ちになるなんて、絶対にありません。

アシアナ航空が誇る世界最高水準の機内サービスが、世界各国から注目を浴びている。

ロシア・トルコ・モンゴル・中国に続き、日本人も、アシアナ航空の教育訓練所にアジアでの先進的な機内サービスを学ぶ為に訪れた。

日本の大手旅行会社JTBが、韓国文化に関心が高い日本人女性(何気に捏造の台詞)を対象に、2012年10月から教育訓練の参加者を募集し、大阪の20代・30代の女性11人が、(今年)1月7日に韓国で、Cabin Crew Challenging Course(フライトアテンダントとしての、マナー・ウォーキング・お化粧・機内サービスの実習等)に参加した。

2013年には計12回、コース開設の予定で、2013年3月から日本全国を対象に、Cabin Crew Challenging Course参加を募集しており、約200人の日本人女性がそのコースに参加する予定だ(JTBは、日本人女性の安全をどのようにお考えなのでしょうか?)

今回の教育コースに参加した20歳の女性は、「最近日本では、K-POPや韓国ドラマ等の韓流文化が大人気だが、韓国でアジア最高のサービスを学ぶ事はもちろん、韓国文化も体験できて大変有意義だった。」と述べた。

アシアナ航空のCabin Crew Challenging Courseは2002年に初めて国内で開催され、現在まで、12,000人余りがそのコースを修了した。

その人気は高く、 2005年には海外にも募集を拡大し、日本や中国等の1,500人の学生が、アシアナ航空のCabin Crew Challenging Courseの為に訪韓した。

との事です。

「最近日本では、K-POPや韓国ドラマの韓流が大人気」・・・韓国の旗を持たせて「日本人女性」に発言させる。韓国人にとっては相当の征服感を感じさせます。また、背景は先にご説明いたしました通りで、本当に彼らに喜びを与えるのは、「醜い(と認識されている)日本人女性が韓国人女性から学ぶ。」と、日本人は知らない、韓国人独特の喜びを韓国人にもたらします。実際に韓国人が喜ぶのはそちらです。日本では隠されている事ですね。

過去にご説明いたしました事の一つなのですが、韓国人の認識は、「日本に美人がいるとすれば、それは、韓国人女性留学生・在日韓国人女性・古代韓国から移住した人々・外国人とのハーフであり、日本人女性は大変醜い。」です。

私達日本人の知らないところで、韓国人とは、日本人女性に徹底した異常執着をされており、その執着度1位は日本人女性の性についてですが、その次の異常執着は日本人女性の美です。

今回の記事は、「(アシアナ航空の)韓国人女性から学ばせていただく」との事ですが、実際には、私達日本人女性は韓国人女性から一体何を学べば良いのでしょうか?・・・

では、韓国人女性から学ばせていただく事とは?それは、売春についてのみです(ふざけてはおりませんで、真面目に書かせていただいております。)売春云々の前に、それ以外の学んだ事を先にご説明いたします。

私が韓国人女性から学んだ事とは、

1.入浴(お風呂に入るとの事実のみではなく、シャワーも含む)を毎日行う事は愚か。
毎日清潔にする必要はない。どうしても入浴したいのであれば、不潔でかまわないので、バスルームで1分程度で終わらせれば良いとの事です。

私は、長時間の入浴・入浴中にスクラブでお手入れ・入力中にリラックスをする等、要するに、一般的な日本人女性なのですが、その事について、「清潔にするなんてバカみたい!」と、過去にご紹介いたしておりますが、韓国人女性から上記のように間接的に責められました。「入浴は愚かな事である。」それが韓国人女性の文化であると、そのように学ばせていただきました。

2.カチューシャはフケ隠しである。
詳細は過去にご紹介いたしました通りです。カチューシャとは、フケを隠す為の道具であったのだと学ばせていただきました。ショックでした。

3.整形。
こちらはご説明は必要ないですよね。

4. 5等身・顔が大きい・下半身ドーン・腰の位置が低い・キムチ口臭が美女との認識。
実際の韓国人女性とは↑なのですから、私でも美女になる事ができるのだと学ばせていただきました。東京でもそのような韓国人女性が多くいらっしゃいますよね。

5.常に日本人女性に嫉妬。
日本人女性は韓国人女性の事など眼中にもございませんが、韓国人女性は、常に一方的に日本人女性をライバル視なさり、こちらもそうであると思っていらっしゃいます。韓国人男性が日本人女性に恋に落ちられただけで嫉妬なさいます。嫉妬の恐ろしさを学びました。

6.女性らしさは必要ない。
女性らしさとは大変重要な事だと思います。韓国人女性の大口を開けられた下品な召し上がり方等は、女性としては見習う事はありません。とにかく下品です。しかしながら、下品で良い国があるのだと学びました。

7.何よりもこちらです。売春です。
韓国人女性は、直ぐに日本人女性を性の事で貶されますが、肝心の韓国人女性は?とにかく売春がお好きでいらっしゃいます。

7-1. 留学費用とは、現地での売春により捻出するものであると学ばせていただきました。もちろん、私ども日本人女性は、現地での売春で留学費用捻出なんていたしません。

7-2. 私はあくまで女性です。性風俗の事はあまりよく分かりません。こちらも詳細は過去のエントリーをご覧いただきたいのですが、韓国人にとっては、韓国人女性とは高級コールガールである為に、世界中で売春をさせられる被害に遭われているそうです。

高級コールガールと言えば、何十万円の方々・・・女性の私でさえも存じています。てっきりそのように思っておりましたら、こちら・・・http://blog.livedoor.jp/kanderisyosinsya/archives/15336463.html(性的なページですので、ご覧になるかどうかはご自身のご判断でお願いいたします。ちなみに、そちらのページの方の批判では決してありません。むしろ、韓国人がそのようなレポートをご覧になると火病を起こされるだろうなと・・・)そちらのページによりますと、韓国デリヘルで、3人の韓国人女性が一緒にそのような行為をして下さる=5万円でした。高級コールガールでいらっしゃるはずですが、なぜでしょうか?

高級コールガールとは、そのような安価なのだと学ばせていただきました(このような話題ですが、決してふざけてはおりませんで真面目に書かせていただいております。)

7-3. 韓国デリヘル。
様々なwebページ(全国に分散する、「韓国デリヘル少女時代」・「韓国デリヘルKARA」等)を拝見し、韓国人女性は、韓国人にとっては敵国との認識の日本で一体何をなさっているのか?と、韓国人女性のせいで性風俗の事を多少は知りました。

その他にもございますが、このあたりで・・・

どうか、真面目にお受けとめいただきたいのですが、上記のような韓国人女性から学んだ事とは決してふざけて書いているのではありません。私は韓国人女性を学ぶ事で、売春というものを知りました。もちろん、この世界に売春がある事位は存じ上げていました。存じ上げない方がおかしいです。

ただ、結論といたしましては、私が韓国人女性から学んだ一番の事とは、自分の性を大切にできる事が、女性にとってどれだけ幸せな事なのか・・・です。それは反面教師なのかもしれません。

私達日本人女性には、自分の性を大切にする事ができるとの選択肢があります。それが、そこまでの特権だったのかと、韓国人女性から本当に学びました。

過去のエントリーでご紹介いたしましたソース通りですが、韓国人女性の、20代の女性10人に3人は売春婦です(海外での売春・非公式・インターネットを使用した個人売春は除く。)実際には、10人に3人では済みません。また、韓国では、フライトアテンダントの方々も身分証明書を見せて売春をなさっているとのページもご紹介いたしました。

韓国人女性には売春しかありません。彼女達のお仕事は、他国籍よりも、借金で全身整形をして美しくなられ/安価でも何でもしなければならない・・・との売春婦です。

人生において売春と整形しかなければ、確かにその他の女性(なぜか、日本人女性限定)に嫉妬なさるかもしれないと理解できます。

その一方的な意味不明な、韓国人男女とも常に異常執着をなさる日本人女性への嫉妬も入り混じり、日本人女性は徹底した韓国人によるターゲットとなっていらっしゃるのです。

そのように、韓国人の思想や発言の背景を論理的に考慮いたしますと、彼ら彼女らの悲哀が分かります。そういたしますと同情さえ覚えます。

売春しかない・自国の女性は(ご家族等も)売春婦ばかり・・・でも日本人は違う・・・南朝鮮人独特の嫉妬・・・

日本人が知らないところで、そのような分野でさえ嫉妬され、「日本人女性は性的に乱れているが韓国人女性は清楚だ。」等のプロパガンダが必死で行われているのです。

南朝鮮人の日本人女性への異常執着と嫉妬・・・それは、止まる事を知らないのです。

このように書かせていただきますと、南朝鮮人は大変悔しがられます。その為、このような話題こそ、日本人こそが、性的なふざけた話題ではなく真面目なイシューとして認識すべきなのです。こちらが真面目に捉えれば捉えるほど、あちらは火病を起こされます。

売春婦ばかりの韓国人女性から、一体何を学ぶ事ができるのか?

韓国人女性から学ぶもの・・・上記のように、学ぶ事は意外とあります。

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、アシアナ航空です。

このようなエントリーは、韓国人・在日韓国人は大変悔しがられます。だからこそ、在日韓国人の皆様等は、下品だなんだと私を罵られ必死になられます。そのように私を罵れば、私はこのようなエントリーを書かないと思われていらっしゃるかもしれませんが、だからこそ書いております。
関連記事

タグ : アシアナ航空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。