スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人のいつもの嫉妬の対象である富士山。

2013/09/01 (日)  カテゴリー/●韓国の文化(韓国の文化は下品な物ですのでご注意を!)

笑韓ブログ様より、”背景に高い山へのコンプレックス?反日韓国人による富士山での野グソが流行、ネチズン絶賛で英雄視”との事で、皆様ご存知の通りですが、最悪ですよね。そのような行為は、いわゆる日本を汚す=征服となりますので、いつもの満足を国民一同でなさるとの感覚です。日本人女性を性暴行する=日本を征服し韓国では英雄と同じ感覚です。

「背景に高い山へのコンプレックス?」とありますが、かなり昔の事です。いつご紹介したのかさえ忘れたのですが、私の留学先(タイ)にいらっしゃった韓国人男性が、私が書いた似顔絵をご覧になり、「俺が一番大きく書かれている。俺が一番大きい。満足!」と仰ったお話ですが、覚えていらっしゃいますか?

何故彼が一番大きく書かれていたのかと申しますと、韓国人の特徴で顔が大きい為+頬骨等でゴツゴツしている為更に大きく見える為+こちらも韓国人の特徴で、いつでもどこでもキャップを被っていらっしゃった分、面積が大きくなった為・・・です。その分みんなより大きくなります。

こちらとしては、別にそのような大きさの事は何も意識していなかったのですが、韓国人の尋常ではない、当然ですが単なる無名の私が書いた絵にさえも、「俺が一番大きい!」との大きさへの執着。大変なものですよね。正直なところ異常です。

大きければ良い=韓国人がよく持たれる意識です。何と申し上げれば良いのか、単純と申しますか、愚かと申しますか、要するに品が無いと申しますか・・・

過去にどのエントリーでご紹介したのかは忘れましたが、タイ人のクラスメイト達が富士山を訪れて興奮していた様子と、ミャンマー人のクラスメイトの一人が、富士山近くの道路標識(「この先迂回」か何かそのような日本語です)を、とてもクールな日本語が書いてあるに違いないと勘違いして撮影し、それを、グーグルメッセンジャーの表示写真として使用していた事等を、確かご紹介したかと思います。

私のクラスメイト達は、ほとんどが日本に旅行に行っていますし(過去にご紹介した通りです)、その中でも富士山への興奮度は凄かったです。

女の子のクラスメイト(親友ではないがかなり仲が良いタイ人)ですが、日本人の私に、富士山に目等が書いてありにっこりと微笑んでいる様子の、富士山近くのお土産さんで購入したとのかわいいストラップをプレゼントしてくれました。

理由は、「日本人にとっては普通のものだとは分かっているけど、富士山は本当に素敵だったので、興奮を伝えたい。」と。要するに、日本人であればそれはいつでも手に入れられるはずだが、それでも絶対に喜んでくれるはずだとの確信があったわけです。

この前もタイ人女優の友人は、富士山を現代風のアートにしたものをわざわざ彼女のページで紹介し、コメント欄も、タイ人の方々から、「素敵!」とのコメントで溢れていました。

富士山といえば、やはり外国人にとってもある意味特別な感情がある場所ですよね。

とにかく、クラスメイト達も、「富士山!富士山!日本に旅行に行ったら、絶対に富士山!」と興奮していました。

アメリカ人の親友達も、富士山が好きですね。

ここで皆様に是非お考えいただきたいのですが、是非、韓国人の気持ちになってみられてください。大変難しいかとは思いますが、韓国人になりきってみられてください。

そのようになさいますと、日本に対して「韓国人独特の」嫉妬の炎に包まれませんか?

世界遺産になった富士山ですが、いわゆる山を見る事で感動する外国人達。常に日本の事しか頭に無い韓国人にとっては相当の侮辱となります。意味不明かとは思いますが、それが韓国人です。

そこで私は、静岡県に聞き取り調査に参りました。

私のように地位も金銭も何も無い人間の場合の調査とは、道を歩いていらっしゃる単なる通行人の方々に、地道にお聞きするしか方法はありません。

富士山が見えるのは静岡県からのみではありませんが、その他の用事も兼ねて静岡に参りました。

私がお聞きいたしたかったのは、皆様が実際に富士山にどのような感情をお持ちなのか?です。なぜならば、その点を理解する事で、韓国人が潰したいものは何かが分かるからです。

声をお掛けするのはいつも相当の勇気が要りますし、相手の方も、「何?この人?何等かの勧誘?」としか最初は思っていただけませんので大変ですが、それはどうにかいつも乗り越えます(静岡の皆様、ご協力ありがとうございました^^)

その中で、多くの方々が仰ったのが、
「世界遺産となったし、とても嬉しいです。普通に富士山が生活の中にあります。」
と、素直に一言笑顔で仰いました。

また、こちらは単なる補足ですが、50代の男性の方々何人かに言われたのですが、
「あなたのお住まいの地域には、中国人韓国人は多くいらっしゃいますか?このような調査をなさっているという事は何かを感じますが、女性でいらっしゃるので、中韓の男性の犯罪には注意しなさい。」
と言われもしました。もちろん素直に、「ありがとうございます。」と返事をしています。

大体の方々が上記のように(最初の方の回答です)答えられたのですが、ここでのポイントは何かと申しますと、日本が偉大であると認識されている何等かの事(今回であれば、富士山の世界遺産登録)を、未だ自虐史が通用する日本で、ありとあらゆる世代・男女関係なく、そのようにはっきりと、「日本の何かが世界に認められて嬉しい。誇りです。」と仰る事ができる話題は、自虐史に侵されている日本では、意外と少ないのではないかと思います。

となりますと、日本の何かが世界遺産に選ばれた。日本人が、素直にそれを喜んでみんなで分かち合っている。それは、韓国人としては絶対に潰したい日本人の感情です。

また、冒頭でのご説明のように、外国人が愛している富士山。そして、その形をアートにする事もよくされている富士山。韓国人は耐えられないでしょう。

最近のニュースで拝見いたしまして、ソースは皆様ご存知の通りですが、「韓国人は富士山の形を良くは思わない。」とのニュースがありましたよね。外国人が認める富士山の形の美しさ=アートであるとは、韓国人としては認められない感情だからです。

韓国人とは、実は意外と冷静に、日本が世界で評価されている事実をご存知です。その意外と冷静との事実がなければ、国家ブランド委員会の活動はありません。

そもそも、国家ブランド委員会が、日本以外では、先ずはタイで洗脳活動を深く行った理由は、東南アジア、中でもタイで、日本人が憧れの存在としてアイドル等が有名だった事です(今でも有名で人気です。)日本は何の活動も行っておりませんでしたが、日本のアイドルや芸能人の旋風は本当に凄かったとの事でした。韓国人の悔しさ、それに我慢する限界が達し、国家ブランド委員会の活動へと繋がったのです。

その韓国人の嫉妬に包まれた気持ち悪い感情をご理解いただいた上で、「今後富士山をどのようにして守って行くのか?」が課題だと思います。

また、皆様ご存知の事ですが、このようなニュース、笑韓ブログ様より、”登山客相手にコーヒー売りながら売春、「コーヒーおばさん」―韓国紙”もあります。

”「あちらに行って1杯やりましょう。部屋に着いたら“体の接触”もOKよ」と言いながら、露骨に誘う。”との事ですが、韓国人とは男女とも一体何を考えていらっしゃるのでしょうか? こんな登山なんて嫌だ・・・正確に申しますと、何故彼女達がそのような売春をなさる必要があるのかご説明できますが、かなり長くなりますので、またの機会に・・・

とにかく、日本人女性には性犯罪ばかりの韓国人男性ですが、日本人女性登山客に対しても性犯罪を犯す可能性もかなり高いです。注意が必要です。それにプラスして上記のニュースです。お国の習慣から、「日本人女性が勝手に売春をしたいと言って来た。」等、性暴行した事に対して、捏造で発言する可能性もあります。

留学先(タイ)にいらっしゃった韓国人男性も、なぜか登山にはこだわりをお持ちでした。外国に行って、自然があれば登山したいと執着されてましたが、まさか・・・

ありとあらゆる所で、韓国人に注意が必要です。

韓国人が潰したい・認めたくない世界の日本。是非、その背景を今回のようにお考えいただけいれば、守るべき物は何なのか?と、ご理解いただけるのではないかと存じます。

今の時点では、野外で排泄行為で済んでいるのかもしれませんが、それは冒頭でのご説明通り、日本を汚す=日本を征服との意思が含まれている為韓国人に絶賛されます。

その為、その感情がエスカレートすれば、そのまま日本人女性も汚して征服したいとの感情となります。心理学上の観点です。感情のエスカレートです。

特に、韓国人男性とは、常日頃から、親戚内でも、日本人女性に太極旗を刺す=性暴行でも良いので日本人女性と性交渉をし日本を征服したいとの感情が、彼らの日常の行動の基礎となっています。それが何故基礎とまで申し上げて良いのかは、過去にくどい程ご説明いたしておりますのでこちらでは割愛いたします。

富士山周辺でも、韓国人男性に対する警戒を怠る事をなさいませんように、どうぞご注意ください。

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、富士山です。
関連記事

タグ : 富士山 コーヒーおばさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。