スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語の発音はかわいい。

2013/11/21 (木)  カテゴリー/●韓国は無視の主に楽しいお話です^^

皆様ご無沙汰いたしております。

ご挨拶無しで全く更新させていただかなかったにもかかわらず、ブログランキングボタンをクリックして下さったり、拍手ボタンを押して下さったり、Twitterで拡散して下さったりと、皆様に心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

実は現在、ありえない程の忙しさでして、私も大学卒業後の進路を決定する必要にも迫られており、ここタイを離れる日が来るのかと思いますと、もはやどうして良いのか分からなくなってしまいました。大学院進学も勧められてはおりますが、どうすれば良いのでしょうか?(「そんな事を言われても、自分で考えなさいよ!」と思われましたでしょうか?申し訳ありません。色々と毎日悩む事ばかりで、その他にも本当に色々と悩みばかりで・・・進路だけではなく、その他の事でも悩み過ぎる生活で、ブログ更新さえストップせざるをえない状態でした。)



ある時、親友でクラスメイトのタイ人の女の子が、ニコニコしながら私の席に来た。教室の中。今はブレイク中。

「ねぇ、“マクドナルド”って日本語で言って。」
「何で?」
「いいから言ってよー。」
「仕方ないなぁ。日本語発音で言うの?」
「そう。日本語発音で。」
「”マクドナルド”。」

親友がニコニコしながら、キャッキャキャッキャと笑った。

「もしかして・・・日本語発音で言うと何か卑猥なタイ語になるのだろうか・・・」
と、私は汚らわしい事を思ってしまった。外国語なんて、そんな事が話題になる事も多いから。私の心は汚いなぁ・・・

「もう1回言って。」
「嫌だ。」

何だかよく分からないけど、卑猥な事になるに違いないと思い込んでいた私は、はっきりと断った。

すると、仲が良い他のクラスメイト達も集まって来た。

「聞こえちゃった。“マクドナルド”ってもう1回言って。」
他のみんなも言い出した。
「とにかく嫌。」
私はまた断った。
「何でー?」
「だって、絶対に卑猥な事でしょ?!すっごく笑ってるもん。」
「何言ってるの?違うよー!」
みんなが笑った。

「ねぇ、もう1回“マクドナルド”って日本語発音で言ってよー。」
仕方ないか。大学生だし。別に卑猥な事を言わせられているのでも良いかと思って、
「マクドナルド。」
と日本語発音でもう1回言った。
すると、みんながまたニコニコとしてキャッキャキャッキャと笑った。

私は少し怒り気味で、
「何で笑うのー?」
と聞くと、
「だってねー・・・」
みんなが含み笑いのような笑いでニコニコと笑う。
「だってねー、日本語ってかわいいんだー!“マクドナルド”って日本語で発音されているのを聞くとね、かわいいかわいい日本語って思っちゃう。すっごくかわいい!」
「そうだったの・・・?」
卑猥な事を言わされているに違いないと思い込んだ私の心は、何と汚かったのだろう・・・

男子クラスメイト達もやって来た。
「うん。かわいい。日本語の発音はかわいい。別に”マクドナルド”だけじゃなくて、全部の発音がかわいい。」

また言われた。
「ねぇ、もう1回“マクドナルド”って言って。」
「“マクドナルド”」
「かわいい!」
みんなが微笑んだ。

「日本語ってすっごくかわいい響きだよね。」
教室が和んだ。とてもうれしかった。

台湾人のクラスメイト達が来て、
「日本語は聞いてるだけでも幸せになるでしょ?音楽みたいで。私は日本人が日本語で話しているだけの会話を聞く事が好き。日本語はかわいいんだ。日本語で何か話して!」

すると、ブレイク終了を告げた大の親日のタイ人の教授が、
「日本語の話?」
「はい。」
「僕にも日本語を教えて。日本語で自己紹介の仕方をもう1回。昔も教えてもらったけど・・・」
「日本語だと、“初めまして。私は○○と申します。どうぞ、宜しくお願いいたします。”が標準かと思います。」
「難しいな・・・ボードに書いて。」
「教授、書きました。」
「うーん・・・やっぱり日本語は難しいな。」

すると教授とクラスメイト達が、私がボードに書いた日本語とその解説を読みながら、ブツブツと日本語の練習を始めた。お経みたい^^

「これで良い?“初めまして。私は○○と申します。どうぞ、宜しくお願いいたします。”」
そのクラスメイトの発音はとてもきれいだった。

「すごいね!すごくきれいな日本語の発音だったよ!」
「本当?私は多分日本人なのかも!」
と彼女が興奮した。

「じゃあ、○○(クラスメイトの名前です)は、日本に留学するかね?」
と教授が仰った。
「はい!」
「日本では多くの事が学べるだろう。本当に頑張ってみなさい。」
「どうしよう!今日お父さんに相談しなくちゃ。」

「あのね、100バーツあったら日本では何が買えるの?」
「あのねー、100バーツだとねー・・・」
色々と説明していると、
「・・・やっぱり、日本の物は全部高いなー・・・」
とみんなが言った。みんな日本に旅行に行った事があるけれど、生活するとなると物価を真面目に考えるようだ。

教授が、
「日本は世界一の国だからね。ちなみに航空会社も日本が世界一。僕はよく日本に行くから。日本の物価だってよく知ってるよ。」
ニヤっと笑って仰った。”わざと”嫌味に自慢されたのだ。
「教授ばっかり何で日本に行けるのー?」
教授が、フフフとわざと意地悪にまた笑われた。

「さぁ、授業の続きを・・・」
「嫌です。日本語の授業の方が良い!」
クラスメイトのみんなが言ったので、
「ダメダメ!授業をしなきゃ。」
「嫌だ。日本語の授業の方が良い!」
みんな駄々をこねる子供であった。
「気持ちは分かるけどダメ!授業を進めないと・・・」
いつも鬼のような形相の怖さの教授だが、日本の事になると甘くデレデレになって下さる。
「教授―!せっかく日本語の事を話しているのだから、○○(私の名前です)に日本語の授業をさせて下さいよー!」
「・・・仕方ない。20分だけ!○○、日本語の授業しなさい。」

私は楽しく日本語の話をした。

最後に教授が仰った。
「実は、僕も日本語の授業を受けたかった。今日は特別。あと10分だけ。」
教授も真剣にメモを取られていた。

とても穏やかな教室。
みんな笑顔で優しくて大好き。

でも、中国や韓国では、日本語を話しているだけで殴られたり汚い言葉を言われたりする事もある。韓国なんて更に顕著だ。

日本語に対してそんな事を言うのは主に韓国人だけ。

最近、韓国の大統領かどなたかが、いつもの事だが、「日本の戦争責任を東南アジア諸国と一緒に求めて・・・」どうのこうの・・・と仰ったとのニュースを拝見した。本当にいつもの事だ。

ここタイでは、そのようなグチグチとして暗くて前向きでなく日本を陥れるような思想は全く好まれません。笑われるだけです。先ずは、その気持ち悪いネガティブな日本に対する姿勢を韓国は変えられませんと、気持ち悪がられます。

あんなにも日本語や日本文化のお話でも盛り上がる、タイの大学内の教室内を韓国人がご覧になれば良い。

女優の友人はよく、母国語タイ語と英語+日本語1セットで、3つの言語で同じ意味を持つ格言が書かれているかわいい画像付きの写真をアップしている。日本語がかわいくて大好きだからとの事だ。

日タイの強い友好に、韓国人が入り込む隙間は無い。
韓国人が大嫌いなはずの日本語。その日本語の発音や文字のかわいささえもが、愛されているのだから。

こちらの画像かテキストをクリックしていただければ少しでも多くの日本人の方に真実を知っていただけます。
↓お読みいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


今回の韓流情報は、何でしょう?
関連記事

タグ : タイでの韓流

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。